愛送り

愛送り

恩返しより恩送り

愛返しより愛送り

苦の因を取り楽の元を植える

 

仏教の四諦の苦集滅道を「愛の苦しみ」にしてみた

愛の苦しみの姿をみつめ

見返りの愛が苦と知り

見返りの愛を求めず

愛送り巡る楽を得よ

なぜ愛は時に残酷になるのか

片思いやストーカーのように愛の見返りを求めた時

エゴが増大に残酷な現実になってくる

返しから愛送り

時の流れはけして過去にもどれず、前に未来に進むしかできない

過去に受けた恩も恩返しはできない。

「親孝行したい時に親はなし」のように・・

今の愛は未来への愛送りしかできない

未来がどうなるかなんてことは誰も想像すらできない。

今に生き、今できることをするのが

「愛送り」である。

 

愛送りの輪

時の輪廻転生のように、

今できる愛送りはいつしか巡り巡って帰ってくる

それが自然の愛送り循環である。

 

愛送りをすると

見返りを求めないので、片思いもストーカーも無くなり、相手の愛を応援するようになる。

また自分への見返りよりも、相手の愛や求めが何かを知ろうとするので、相手の意図を見抜き、いろいろな詐欺(結婚・金銭など)にもひっかからなくなる。

 

愛送りは今を生きる命のバトン

相思相愛は愛し愛される現実を期待するため、二人だけの狭いエゴ世界に陥りやすい

互いに縛り合い、相手を所有物のように振る舞い、嫉妬と不自由に苦しみやすい

自分の愛を相手に送り、相手の愛を自他に送らせることで

互いに楽しく自由な大きな生活になっていく・・・

 

恩返しから恩送りへ

愛と助けの見返り求めず

 他に大きく愛と助けが巡るように贈ろう

愛の炎は心から心へと点火させ世界中に

大きく伝わっていく

 

Leave a Reply