Archive for the ‘徒然草’ Category

天国と地獄

土曜日, 8月 1st, 2020

一瞬の判断ミスで

東京の友人と

私は高齢者の山梨市の特権で、150円で入湯できる温泉に行った。

いざ、入湯しようとすると、

高齢者用150円入湯カードが2019年で、古くて使えなった。

2020年の入湯カードを間違えてしまったのだ。

山梨市民は入湯が300円であり、たった150円の差であるから、そのまま入湯しようとした。

すると、

一つ上の友人が、カードを取りに帰ろうという。

「このまま高く入湯しても気分がよくないだろう!」

「帰っても、2020年のカードはすでに間違って燃やしてしまった記憶があるので

探しても、無駄だし、たった150円のために、車で往復1時間は無駄な時間tと手間になるので、そのまま入湯しよう」

この一瞬の判断が天国と地獄の差を生み出すことに気が付いた。

コロナ騒動で、温泉は入浴者制限をしており、予約制だった。

夕方6時であり、予約していない私たち二人ともう一人の三人のみ入浴できることを知った。

もし、たった150円のために、帰宅し、

その高齢者カードが見つからず、再度温泉に向かっても、

7時になり、予約制の入湯にはできない可能性が高かった。

そこで、1時間待たされるか、入湯できずに帰宅するかだったことを知った。

つまり、

150円を安くするかの判断ミスで、天国と地獄の状況が生まれることに気が付いた。

この天国と地獄の状況の差が生まれる原因は

目的が入湯することか、お金目的かという優先順位にあった。

人類や他生物がこの地球で生き抜くためには、環境に適応する判断が常に必要になる。

それがその生物種にとっての判断ミスのよる地獄か、判断正解による天国かが生まれると気が付いた。

今回のコロナ騒動の対策は

PCR検査による新型コロナ判定ミスから、地獄演出がどんどん続いており、

それは判断ミスがさらなる判断ミスにつながり、経済社会崩壊までも引き起こしそうな地獄を見せつけている。

それは、

かたき討ちのような復讐という判断ミスが悪循環を生み出すというのに似ている。

戦争と平和、地獄と天国 この流れを切り返すためには、当初の判断ミスを繰り返さないことである。

コロナ崩壊社会を食い止めるためには、PCR検査による新型コロナ感染という判断ミスを一刻も早く辞めることである。

デジタル通貨とユニバーサル・インカム

木曜日, 6月 4th, 2020
現金が金から紙幣そして電子に
実質的に変わってきた。
それを整備すると
企業が発行する仮想通貨は基本的に株券なので、
株券そのものも仮想通貨になるだろう。
そして、
中央銀行が発行する紙幣通貨は
プラスマイナスの金利がつく債権と同じ構造であり
株券は社債が変異で、その構造も同じ。
つまり
現金も株式も債権も、外国通貨も
同じ構造をもつデジタル通貨に標準化されるだろう。
そこからやっと
各国のベイシックインカムと連携するユニバーサル インカムが
命あっての貨幣経済(食わざれば働けず)という意識変革される。
その財源は博打の所場代(ギャンブルの遊び場代)として、株式Fや為替の取引手数料としての徴収税を国民で分配から確保できる
デジタル通貨とユニバーサル・インカムは
いわば
競争と分配
戦争と平和
のような相対的に支えあう夫婦のような関係になるだろう。
 
 

のんびり楽しくつとめて

金曜日, 4月 10th, 2020

毎朝、尺八で吹く歌のドレミを覚えながら散歩して気付いた。

先や結果ばかり夢見ていると

できない今の自分が苦しく辛くなるが、

先も結果も関係なく

演奏したい曲を覚えていくことの楽しさ、

しかも、ゆっくりであればあるほど 楽しさが増してきて

まさに極楽三昧の気分になることのびっくりした。

帰宅して、カントリーロードの替え歌を早速作ってみた。

 

のんびり楽しくつとめて

(イントロと最後は さびを繰り返した)

 替え歌 ありがたや 権兵衛

のんびり  生きれば 楽しさ 増して

覚える ことがとても 好きになってく

 

あせらず のんびりと 生きれば

たのしく なってくる

 

結果を 求めれば 苦しさ つもり

辛くなってく

 

のんびり  生きれば 楽しさ 増して

覚える ことがとても 好きになってく

 

若いと 結果ばかり 求めて

いそいで 生きたがる

歳とると 先はみな 

同じと 過ごす 日々を楽しむ

 

のんびり  生きれば 楽しさ 増して

覚える ことがとても 好きになってく

 

あせれば 嫌になり

成しても すぐに飽きてくる

のんびり つとめれば

極楽 浄土 三昧に

 

のんびり  生きれば 楽しさ 増して

覚える ことがとても 好きになってく

 

どんなに つらいことが あっても 

あきらめず 頑張って いつか

必ず 解決できる日を 夢見て

楽しく 生きよう

 

のんびり  生きれば 楽しさ 増して

覚える ことがとても 好きになってく

 

のんびり 楽しく つとめ 生きよう

そしたら 自分がとても好きになってく

 

のんびりいこう 気楽にいこう

 

 

 

ジブリの耳を澄ませばの歌詞

 

カントリー・ロード  この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる 気がする カントリー・ロード

 

ひとりぼっち おそれずに  生きようと 夢見てた さみしさ 押し込めて  強い自分を 守っていこ 

 

カントリー・ロード  この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる 気がする カントリー・ロード

 

歩き疲れ たたずむと 浮かんで来る 故郷の街 丘をまく 坂の道  そんな僕を 叱っている

 

カントリー・ロード  この道 ずっとゆけば あの街に つづいてる 気がする カントリー・ロード

 

どんな挫けそうな時だって  決して 涙は見せないで 心なしか 歩調が速くなっていく 思い出 消すため

 

カントリー・ロード  この道 故郷へつづいても 僕は 行かないさ 行けない カントリー・ロード

 

カントリー・ロード 明日は いつもの僕さ 帰りたい 帰れない さよなら カントリー・ロード

Lonely Shepherd on Pan flute

月曜日, 3月 2nd, 2020

The Lonely Shepherd – André Rieu & Gheorghe Zamfir
1977年、ジェームス・ラスト作曲の The Lonely Shepherd(邦題:ロマーナの祈り)をパンフルートでゲオルゲ ザンフィルが吹き、バイオリンをアンドレ リューが弾いたコンサートは感動的である。

 

フルートとの合奏は

参照:ロマーナの祈り

Donna Donna

日曜日, 3月 1st, 2020

この詩曲はユダヤ人をアウシュヴィッツへ連れて行く歌にも使われるほど哀しい現実を表す

またこの難問を解決する方法もある

ザイルを結んだ2人が遭難したとき

切れそうなザイルだった時に

二人の間のザイルを切らざるを得ない時の葛藤にも共通する問題がある

まず二人とも助かる道を

次に

二人死ぬより一人でも助かる道を

ここに解決策として

科学とコミュニケーションがある

替え歌を作った

ドナドナドーナ

ザイル結び 仲良く

急な山を登る

足滑り 二人宙吊りに

切れそうなザイル 荷をみな捨てても

まだ切れそうで 目が合う二人

ドナドナドナドーナ

私が切る

ドナドナドナドーナ

イヤ僕が切る