自由と健康

3月 29th, 2021

真実と幻想

心身が真実であり、感覚と理想は幻想である

自由とは無意識化の自分の体の健康と心の平和であり、意識化の誇張する感覚と心身を制約する理性は不自由な自分を創り出す

自由な意識とは無意識化の心身の自由(健康と平和)を補助して、心身の病状を健康と平和へ導く先導役である

この世で確かなるもの

身体・心・意識 であり、健康・平和・自由へと向かう

 この世で不確かなるもの

神・仏・魂 であり、主に著名人の言葉によって想像され、信じられた幻想である。

それ故に、神・仏・魂は人の解釈によってみな違う姿を演出する。

人々の心を支配し、統治するために利用されてきている。

個人と社会

個人の集まりが社会であり、その実体は個人であり、社会という実体はない。

それ故に、社会はリーダー・代表・象徴という個人を祭り上げる。

個人の心身意識が真実であり、その能力を過剰化し、欲望・理想の幻想であり、その幻想究極が全能の神仏である。

自由に生きるには

自他の健康と平和を求め、互いの自由と平等を認めあうことから始まる

社会においても、個々人の心身意識が

真実実体である。

それ故、人の自他においても

平等であり、

健康と平和を求める自由権がある。

この個々人の自由と健康と平和を認めることから、社会のルールや方針が

決められていくと健全な社会が

形成されてくる。

個々人の病気や苦悩を

自分の意識だけで治癒できない場合だけ

他が補助し、健康と平和へと

導ける社会も健全といえる。

幻想に惑わされず真実に生きるには

 喝を入れ、幻魔を追い払う

 九字護身法を改良してみた

 病魔退散

 活法 養灯 波風 躍節 運

 (喝のように、一文字で気合が入る9文字)

 忍術の刀で横縦横縦で切り、

 運で刀を納め、祈る

 真実康平(真実健康平和の略)

 迷いを払って心身の健康平和の道を選ぶ)

 何のために生きるのか?

生きるために食べるべきで、食べるために生きてはならぬ
                       ーソクラテスー

人はパンだけで生きるものではない。
神の口から出る一つ一つの言葉で生きる。(マタイによる福音書4・4

 イエスは神であり、ソクラテスは命である。

 命は確かめられる真実だが、神は確かめられない幻想である。

 生きる目的はどんな命あるものも生きることそのことが目的である。

 食べること、着ること、住むこと、快楽、理想は二の次であって、心身が健康で平和であることが第一に優先することである

 人は病気をしたときに健康を 戦争したときに平和が最も大事であることを認知することができる。

 心身の健康と平和に終わりはない。

 その維持と病気や戦争の予防努力が常に必要である。

 だが、すでの健康で平和だと思い込み、二の次の理想や快楽や仕事や金儲けを第一の健康平和を犠牲にしてしまうと本末転倒となり、病気と戦争が巣くってしまう。

 自由は健康と平和があってこそ得られ、健康と平和を求めるのが自由であるともいえる。

 

 

 

 

 

鳥の歌/El Cant dels Ocells

2月 24th, 2021

この動画から

「連歌・鳥の歌」は名チェリストであり人道主義者でもあったパブロ・カザルスが世界に歌いかけたカタルーニャ民謡を、様々表現方法を持つ音楽家たちが俳諧連歌のように歌い交わし合うプロジェクトを知った。

一体、この民謡はどんな歌なのか?

連歌 鳥の歌に尺八バージョンもあった

今生きているということ

この谷川俊太郎の詩が連詩のようにたくさんの人が続けた

私も入って、出版の一ページに掲載された。

まさか、

鳥の歌が連歌となって、いろいろな楽器や国で歌い繋がり、

平和を希う運動になるとは、その力に感動した。

歌はシンプルである。

そこで、

鳥の歌の連歌 と「今生きているということ」の連詩 を合わせて

替え歌を作ってみた

今生きているということ
鳥が舞い歌う
今生きているということ
草木から芽が出る
今生きているということ
人は愛し平和を望む
今生きているということ
それはけして死なないということ
人は夢を見、叶える

Being alive now
Birds dance and sing
Being alive now
Buds sprout from vegetation
Being alive now
People love and desire peace
Being alive now
That it never dies
People dream and come true

 

 

 

 

 

 

 

 

意識/Consciousness

2月 22nd, 2021

無意識の反対だが・・

The opposite of the unconscious

意識とは

What is consciousness?

  • 国語辞典では知覚・自覚。仏語では、対象を五感総括して判断し分別する心の働き(いわば、自分の関心対象を知覚し、そして鏡を見るごとく自覚する)
  • 無意識とは知覚自覚なしに勝手に心身の生命維持活動である
  • 氷山を自分の心身脳の生命に譬えれば、同じ水からなる自然から自分の命は生まれ、自然に帰っていく自分の姿に観えてくる
  • 社会は氷山のような自我をもった人の群れと言えそうだ

• Perception / awareness in some dictionary. In Buddhism, the work of the mind to judge and discriminate objects by summarizing the five senses (so to speak, perceive the object of interest and realize it as if looking in the mirror)
• Unconsciousness is a life-supporting activity of mind and body without perceptual awareness.
• If you think of an iceberg as the life of your mind, body, and brain, you can see your life coming from nature, which is made up of the same water, and returning to nature.
• Society seems to be a group of people with an ego like an iceberg

主観と客観

Subjective and objective

  • 意識対象を観るときの自分自身が主観
  • 意識対象から自分を観る想像が客観
  • 無意識とは対象と自分が同一で分化していない状態
  • 意識対象とのコミュニケーション・観察で自覚形成される

• Being subjective when looking at the conscious object
• The imagination of seeing yourself from the conscious object is objective
• Unconscious is a state in which the subject and oneself are the same and not differentiated.
• Awareness is formed by communication and observation with the conscious object

世界と自分

The world and myself

  • 意識対象が世界・社会になると変わっていく自覚
  • 自分の経験・学習・知識で世界・社会が変わって観えてくる
  • 無意識下では世界と自分は同一で分化していなく、命の生死の世界の流れだけがある
  • Awareness that changes when the object of consciousness becomes the world or society
  • You can see the world and society change with your own experience, learning, and knowledge.
  • Under the unconscious, the world and myself are the same and not differentiated, only the flow of the world of life and death

意識と量子

Consciousness and quantum

  • 命より意識・無意識が生まれる
  • 命は自然(宇宙・地球・原子)から生まれる
  • ならば、自然の最小単位量子が命の最小単位意識だとしたら
  • 意識を光の波として生と死と生死の情報で世界を無限に描くことができる
  • Consciousness and unconsciousness are born from life
  • Life is born from nature (universe, earth, atoms)
  • Then, if the smallest unit quantum of nature is the smallest unit consciousness of life
  • With consciousness as a wave of light, the world can be drawn infinitely with information on life, death, and life and death.

我々の意識の有り様で世界と自分をどんな姿にも創造できる

We can create the world and ourselves in any way with our consciousness

出来ることをやる

2月 19th, 2021

一一つとせ 広き視野もちゃあ 自分が見え 自分が見え

     狭き視野もちゃあ 迷える子羊 迷えるにゃあ

二つとせ 不確か世をば 確かは自分 確かは自分

     不悟なる 自分を 求めたり 求めたり

三つとせ 耳を澄まして 静かさ聴けば 静かさ聴けば

     自分の心音 響きたり 響きたり

四つのせ 世の姿みな 自分の意識 自分の意識

     真実姿じゃ なかりし なかりし

五つとせ 一魂一生 一日自分 一日自分

     一日一生 一魂 一魂

六つとせ 難し無理さけ 優しき自分 優しき自分

     シンプルベストの 生き方よ 生き方

七つとせ 無いモノ探しに 自分なし 自分なし

    足るを知るときに 自分在り 自分在り

八つとせ やってこそ解る 自分の力 自分の力

     できることを やり続け ありがたや

九つとせ 転んでは起きる 達磨な自分 くじけぬ自分

     生死の波を くぐりぬけ くぐりぬけ

十 とせ 蕩蕩と生きるぜ 自分の道を 自分の道を

     人それぞれの 道生きる 道生きる

 

 

Natural money/自然なお金

1月 19th, 2021

十数年前のことです、毎日お金を稼ぐことに苦労しているとき、

ふと、「お金って何だろう?」と思ったのです。

連日、テレビでは株価と外国為替の変動を報道しています。

「そんな変動の数字って必要なことなのか? 

私たちはお金に操られ、お金依存症に陥っているのではないか?」

それから、私はお金について探求するようになりました。

A dozen years ago, when I was having a hard time making money every day

Suddenly, I wondered, “What is money?”

Every day, TV reports on fluctuations in stock prices and foreign exchange.

“Is that number of fluctuations necessary?

Are we being manipulated by money and falling into money addiction? “

Then I started to explore money.

お金とは国から与えられた あらゆるモノと交換できる権利券です。

それが今は大きく別な目的のために変貌し、複雑化して、様々な問題を引き起こしています。

そこでまず お金というものをシンプルに捉えることから考えてみましょう。

Money is a right ticket that can be exchanged for anything given by the country.

It is now transformed and complicated for a very different purpose, causing various problems.

So let’s start with a simple idea of money.

旧約聖書の創世記に、

神はアダムとイブの二人だけを、食べ物にけして困らないエデンの園に生活させましたと書かれています。

お金が必要でなかった時代にさかのぼり、

人類も男女二人だけ生きていたと想定して お金の成り立ちを考えてみます。

In the Old Testament Book of Genesis,

It is written that God made only Adam and Eve live in the Garden of Eden, where food is not a problem.

Back in a time when money wasn’t needed,

Assuming that only two men and women lived in humankind, he considers the origin of money.

神は「善悪の判断を与えるリンゴ」だけは食べてはならないと二人に命じます。

でも二人は「その善悪を象徴するリンゴ」を食べてしまい、恥ずかしさ、生死の恐怖、労役の苦しさを味わうようになりました。

そのため、神は、二人を天国のエデンの園から地獄の労役の園へ追放しました。

そして、ふたりは別々のモノの所有権をもつ他人同士になり、お互いに余分なもの同士を物々交換するようになりました。

でも、お互いに欲しいものが一致しない時の方が多くなり、物々交換が成立しにくくなりました。

そこで、二人はいつでもお互いに欲しいモノと交換できる「権利券のお金」を作り、物々交換の問題を解決させました。

God tells them not to eat only “apples that give good and evil judgments”.

However, they ate “the apple that symbolizes good and bad” and began to experience embarrassment, fear of life and death, and the pain of labor.

As a result, God expelled them from the Garden of Eden in heaven to the Garden of Labor in Hell.

Then, the two became strangers with different ownership of things, and bartered extra things with each other.

However, there were more times when the things we wanted did not match each other, and it became difficult to establish barter.

So, they made “rights ticket money” that they could exchange for what they wanted at any time, and solved the problem of bartering.

交換権利がなくならないように、
お金は、腐らない石や金属になりました。
そして、希少価値が高い金本位制になりました。

しかし、腐り消えてしまう自然な食べ物と腐らないで永遠に残る不自然なお金と交換することで、もっと多くの問題が起きてきています。

本当に必要な自然な食べ物よりも、不自然な永遠不滅の神仏のようなお金をより求め、信奉するようになってきたのです。

So that the exchange right is not lost
Money has become non-perishable stones and metals.
And it became a gold standard with high rarity value.

However, more problems are being created by exchanging natural food that perishes for unnatural money that does not rot and remains forever.

They have come to seek and believe in money like the unnatural, eternal and immortal gods and Buddha, rather than the natural food they really need.

「人間とモノとお金」の三つのバランスはこの地球上にいきていく上で必要になりました。

我々は食べ過ぎれば病気になり、食べられないと飢餓になります。

そのため、

我々が生きていく上で、必要な食欲と、

それを満たせる食べ物と、

それを調達するお金

それらのバランスが大事になります。


必要な食欲が需要であり、

その需要を満たせる食べ物が供給であり、

その供給を円滑にするのがお金です。

この三つのバランスを我々が調整できるのは

健康で文化的な生活への欲求である人の需要です。

The three balances of “human beings, goods, and money” have become necessary for going on this earth.

If we eat too much, we get sick, and if we don’t, we get hungry.

for that reason,

The appetite we need to live,

Food that can satisfy it,

Money to raise it

The balance between them is important.


The necessary appetite is demand,

Food that can meet that demand is supply,

Money facilitates that supply.

We can adjust the balance of these three

It is the demand of those who have a desire for a healthy and cultural life.

もしアダムが病気で死に需要が減ったら、

イブはリンゴの供給を減らし、お金も半分燃やします。

If Adam died of illness and demand diminished

Eve cuts the supply of apples and burns half the money.

もし二人に子カインが産まれ、需要が増えたら、

二人はリンゴの供給とお金を増やします。

If they have a baby Cain and the demand increases,

The two increase the supply of apples and money.

資本主義の今はお金儲けが中心になり、お金のために働き、お金がないと生きられない依存症にかかっています。

マネーゲームが生活の中心になり、健康で文化的生活は脇においやれています

アダムとイブがギャンブルに夢中になってリンゴ作りをせず、子カイン育てをしない家庭です。

Nowadays, capitalism is centered around making money, working for money and suffering from an addiction that cannot live without money.

Money games have become the center of life, and a healthy and cultural life has been set aside.

It’s a family where Adam and Eve are crazy about gambling, don’t make apples, and don’t raise children Cain.

 

「需要と供給とお金」のバランス調整は「自由市場の売買、競りやオークション」でのモノの価格決定と同じです。

価格はお金の流量により、
需要は人間生活の流量により、
供給は自然環境の流量により
この三つ調整は自然に決まります。

人間生活の需要のみが、「供給とお金の流量」を調整目的化できます。

Balancing “supply, demand and money” is the same as pricing things in “free market buying and selling, bidding and auctions”.

The price depends on the flow of money
Demand depends on the flow rate of human life
Supply depends on the flow rate of the natural environment
These three adjustments are decided naturally.

Only the demand of human life can be the adjustment purpose of “supply and flow of money”.

また、

地球を駒にして私たちが回してみると需要に合わせた供給と、供給に合わせたお金を造ることが自然な経済バランスであることが解ります。

Also,

When we turn the earth into pieces, we can see that it is a natural economic balance to supply according to demand and to make money according to supply.

 

 

どうして、お金が「人間とモノ「を支配してしまうのでしょうか?

それはお金が腐らず、永遠に存在し続けるからです。

100年前の1円と現在の1円は、その時代とともに使用価値は変わっても

1円は1円のお金であることに変わりません。

「腐らないお金」を「腐るモノ」のように自然なバランスサイクルにするには二つの方法があります。

Why does Money dominate “humans and product”?

That’s because Money doesn’t rot and it will continue to exist forever.

One yen 100 years ago and one yen now

Even if the value in use changes with the times

One yen is still one yen of money.

There are two ways to make “Money not to rot” into a natural balance cycle like “product to rot”.

 

一つは減価するお金(使用期限付きお金)を発行することです。
食べ物には賞味期限があり、それを過ぎると廃棄されます。
同じように、お金も使用期限を過ぎれば使えなくすることです。

The first is to issue depreciating money (money with an expiration date).
Food has a best-by date, after which it is discarded.
Similarly, money can no longer be used after the expiration date.

二つ目はお金の流れそのものにベイシックインカム税を課せる

The second is to lay a basic income tax on the flow of money itself.

徴収したプラスベイシックインカム税を国民全員にマイナスベイシックインカム税として均等に分配する。
そのベイシックインカム税は最低生活保障を基軸にし
そして、その他公共事業やサービスに使えば、その他の多くの税金徴収も不必要になります。
そのベイシックインカム税は国民の需要に合わせて使うと、所得の格差も少なくできます。

The collected plus Basic Income tax will be evenly distributed to all citizens as a minus Basic Income tax.
The Basic Income tax is based on minimum living security
And when used for other public works and services, many other tax collections are unnecessary.
If the Basic Income tax is used according to the demand of the people, the income gap can be reduced.

ベイシックインカムは一国では行えません。
お金の流れそのものに課税するため、

最も大きな海外のお金との両替にも必要になります。
ユニバーサル ベイシックインカムとしてしか行えません。

Basic income cannot be done in one country.
Since the tax is levied on the flow of money itself,

it is also necessary to exchange for the largest foreign money.
It can only be done as a universal basic income.

いかに自然なお金にするかが、お金の変遷にもつながり、

お金は金属から発行・管理しやすい紙に変っていきます。

How to make natural money leads to the transition of money,

Money changes from metal to paper that is easy to issue and manage.

自然な流れは「需要・供給・お金」のバランス・サイクルですが、

紙のお金により、

国はお金の発行と配布、国民はお金の貯蓄と節税に偏り、

お金だけが増えてアンバランスになりやすくなった。

そこで登場したのが、シルビオ・ゲゼルの減価するお金の提案です。

The natural flow is the balance cycle of “supply, demand, money”,

With paper money

The country issues and distributes money, the people are biased towards saving and saving money,
Only money increased and it became easy to become unbalanced.

That’s where Silvio Gesell’s depreciable money proposal came in.

ゲゼルの減価するお金を実際にオーストリアのヴェルグル市役所が1932年7月31日~1933年9月1日にかけて発行しました。

Gezel’s depreciable money was actually issued by the Austrian Wörgl City Hall from July 31, 1932 to September 1, 1933.

新しい月になるたびに額面の1%のスタンプを貼って使えるようになった1シリング紙幣

1 shilling banknote that can be used with a stamp of 1% of face value every new month

減価するお金はお金を減らし、サイクルを早めることができても、お金を増やし、サイクルを遅くすることはできません。

自然なお金は「需要と供給」にあわせて増減できることが必要です。

減価するお金は、その後いろいろな地域通貨として実験されてはいるが、

中央銀行発行との交換も現実的に難しく流通されていない。

Depreciating money can reduce money and speed up the cycle, but it cannot increase money and slow down the cycle.

Natural money needs to be able to increase or decrease according to “supply and demand”.

Depreciating money has since been experimented with as various local money,

Exchange with a central bank issue is also difficult in reality and is not distributed.

「お金を減らす」とは何でしょうか?

もしお金を燃やしたら、そのお金はどこにいくのでしょうか?

What is “reducing money”?

If we burn money, where will that money go?

燃えたお金は政府の未回収になり、再発行できます。

失ったお金は中央銀行への返済不能になり、再貸付できます。

つまり、

燃えたお金とは税金であり、そして借金です。

減価するお金とは税金徴収と借金返済を自動的に行えるということです。

Burned money becomes uncollected by the government and can be reissued.

The lost money cannot be repaid to the central bank and can be re-loaned.

In other words

Burned money is tax and debt.

Depreciating money means that we can collect taxes and repay debt automatically.

政府は紙幣の発行と回収を中央銀行に任せ、

中央銀行は市中銀行による貸付と返済に任せます。

そして、政府は市中銀行から借金し、

国民からの税金で返済するシステムになりました。

The government leaves the issuance and collection of banknotes to the central bank,

The central bank leaves it to the commercial banks to lend and repay.

And the government borrowed from the commercial bank,

It has become a system to repay with taxes from the people.

紙幣は債権に、

債券は株式に、

株式は外国通貨と同じく

金融商品になります。

Banknotes become bonds,

bonds become stocks, and

stocks become financial products

like foreign currencies.

しかし、

本来の目的である「健康で文化的生活」需要とその供給よりも、

手段としての道具であるお金を得ることを私たちは目的化してしまいました。

実質経済よりも金融経済が何倍も大きくなり、

お金でさらにお金を儲けるマネーゲームが主流になってしまいました。

これは、麻薬がないと生きていけない麻薬中毒のように、

お金がないと生きていけないと思い込むお金依存症の社会になっているのです。

But,

Rather than the original purpose of “healthy and cultural life” demand and its supply

We have made it our goal to earn money, which is a tool as a means.

The financial economy is many times larger than the real economy,

Money games that make more money with money have become mainstream.

This is like a drug addict who can’t live without drugs,

We are in a money-dependent society where we believe that we cannot live without money.

破産による自殺、
所得格差拡大、
お金獲得戦争、
貧困と金持ちの差拡大し、

命よりお金を大事にする、本末転倒したこうした世界が現れます。

Suicide due to bankruptcy,
Income inequality widening,
Money-earning war,
Widening the gap between poverty and the rich,

A world like this that has fallen over will appear, where money is more important than life.

お金の目的は本来人間の「需要と供給」のための交換手段としての道具(権利)です。
私たちはこうした本来の目的にお金を戻すにはどうしたらよいでしょうか?

The purpose of money is essentially a tool (right) as a means of exchange for human “supply and demand”.
How can we return the money to these original purposes?

ベイシックインカムは国民すべてに徴収した税金を均等に分配することです。

お金中心の資本主義においては、「働かざれば食うべからず」ですが、

命中心の人間主義においては、「食わざれば働けず」です。

ベイシックインカムは「国民は等しく生きる権利を持つ」という基本的人権をお金で保証することです。

それを実施するには、まず貧富の差に関係なく、生きていける最低限の衣食住と交換できるお金を給付が必要になります。

この世がアダムとイブの二人で、アダムが病気で働けなくても、イブはアダムに自分で働いて得た食べ物の半分を与えるということです。

つまり、

人間の「需要と供給とお金」のバランスサイクルには、ベイシックインカムは欠かせないということ。

貧困者のみの最低生活保障は、貧富の差をつけ、その実施ラインの選定が難しい。

ベイシックインカムは貧富の差関係なく、その実施が簡単にできます。

Basic income is the equal distribution of taxes collected to all citizens.

In money-centric capitalism, “If you work, you can’t eat”,

In life-centered humanitarianism, “you can’t work if you eat.”

Basic income is to guarantee the basic human right that “people have the right to live equally” with money.

To do so, first of all, regardless of the difference between rich and poor, we need to pay money that can be exchanged for the minimum living food, clothing and shelter.

The world is Adam and Eve, and even if Adam is ill and can’t work, Eve gives him half of the food she got from working herself.

In other words

Basic income is indispensable for the balance cycle of human “supply, demand and money”.

The minimum living security for the poor only makes a difference between the rich and the poor, and it is difficult to select the implementation line.

Basic income is easy to implement, regardless of whether you are rich or poor.

ベイシックインカムの財源もまた所得の差に関係なく、

均等に税徴収する必要があります。

そのためには、お金の流れそのものに一律にベイシックインカム税を課するのです。

「商品とお金」を交換する売買においては、売上金のみにベイシックインカム税を課せます。

例えば、アダムがイブから100円でリンゴ一個買ったとします。

100円を受け取ったイブは半分の50円をベイシックインカム税として政府に収めるということです。

「ローン」や「債権や株式」売買や「外国為替」の場合、売り主買主両者にベイシックインカム税が課せられます。

例えば、アダムの1000円とイブの10ドルを交換する場合、

アダムは半分の500円を日本政府に、イブは半分の5ドルをアメリカ政府に収めるということです。

「ローン」「債権」「株式」もお金と見なせるので同様に取引両者にベイシックインカム税が課せられ、政府に収めることになります。

In the case of buying and selling in exchange for “goods and money”, the basic income tax is levied only on the sales proceeds.

For example, suppose Adam bought an apple from Eve for 100 yen.

Eve who received 100 yen will pay half 50 yen to the government as a basic income tax.

In the case of “loan”, “credit or stock” buying and selling or “foreign exchange”, both seller and buyer are subject to basic income tax.

For example, if you want to exchange 1000 yen for Adam for 10 dollars for Eve

Adam will pay half 500 yen to the Japanese government, and Eve will pay half $ 5 to the US government.

Since “loans,” “bonds,” and “stocks” can also be regarded as money, the basic income tax will be levied on both transactions and will be included in the government.

このベイシックインカム税サイクルはお金をすべて電子マネー化できる現代でしか実現しません。

しかも、ベイシックインカム税徴収と配給もAI(Artificial Intelligence)で行う方が不正が少なく、手間も経費もかかりません。

AIに国民の取引銀行、社会の「需要と供給」の変動などの必要項目を学ばせ実行させます。

また、たくさんの税をこのベイシックインカム税に一本化することで、税務の手間と経費を大きく削減できます。

This basic income tax cycle can only be realized in the present age when all money can be converted into electronic money.

Moreover, it is less fraudulent to collect and distribute basic income tax using AI (Artificial Intelligence), which saves time and money.

Let AI learn and execute necessary items such as national banks and fluctuations in “supply and demand” of society.

Also, by unifying a lot of taxes into this basic income tax, we can save a lot of tax effort and expenses.

株式売買と外国為替の金融商品市場は実質市場よりも大きくなっており、

お金の動きそのものに課すベイシックインカム税は一国だけでは実行が難しく、

全国家で同時にユニバーサル ベイシックインカムの方が実現しやすくなります。

世界のお金は繋がっており、一国のベイシックインカムもユニバーサル ベイシックインカムに必然的に変わらざるをえません。

The stock trading and foreign exchange financial instruments market is larger than the real market,

The basic income tax levied on the movement of money itself is difficult to implement in one country alone,
Universal his basic income is easier to achieve in all nations at the same time.

The money of the world is connected, and the basic income of one country must inevitably change to the universal basic income.

 

お金を自然なものにするには陽の光や、水や身体の血液の流れとサイクルのように我々はすればよいのです。

陽の光は人々に平等に照らし、

水は高いところから低いところに流れ、そして天に蒸発し、雨となってまた大地に降ります。

血は心臓を中心に体全体に栄養を与え、老廃物を輩出してまた心臓に戻ってきます。

お金もこのようでありたいものです。

We can make money natural, like sunlight, water and blood flow and cycles in the body.

The sunlight illuminates people equally,

Water flows from high to low, evaporates to heaven, becomes rain, and falls to the ground again.

Blood nourishes the entire body, centered on the heart, produces waste products, and returns to the heart.

Money also wants to be like this.