夏草や兵どもの競い合い

7月 19th, 2018

夏草や兵どもが夢の跡

芭蕉の句の意味とは違うのだが

夏草がまさに兵どもなのである。

それは夏草は兵どものように繁茂力と競争力が大きく、多種多様な植物が競って大きく育つ。

一方冬草は種類が少なく、植物動物において冬眠するので、競争力が少ない。

こうした自然傾向は畑にもいえるのであって、

夏草を陸稲一つに絞った農法は自然ではなく人為的で失敗する定めだったように思う。

0-0^-0^0^0^-0^

今年の関東は梅雨明けが22日も早く、雨も少なかったので、

急遽、水やりを毎夕していたが梅雨明けになっても、麦の間の陸稲の種から芽がほとんど出なかった。

芽が出たのは夏草の雑草ばかりである。もっとも、麦の間の陸稲とともに播いた蕎麦は芽を10%出したのは水分が少なくても育つ雑草力があったためだろう。

まさに、焼け石の水の徒労に終わった。

古代麦の間は蕎麦と雑草だけが芽生え陸稲は一切芽が出ない

この失敗から、夏草は一種類を育てるのではなく、競争して多種多様な作物を育てることが自然であるとわかった。

熱帯の森はまさに多種多様な植物動物が競い合って生き抜いている。

それに反して、寒帯の草原は一種類また小種類の牧草が競わずに生き抜いている。それらを食べて生き抜く動物もジャングルに比べ極端に少ない。

熱帯のボルネオジャングル

寒帯のモンゴルの草原

日本は温帯であり、春夏秋冬の四季があい、また、その土地にあった作物を育てることが自然に合った農法であろう。

今まで自然農法というのは農薬などを使わない農法だと思い込んでいたが、自然農法は自然に合った育て方をする農法というとらえかをしたた方が、より研究また生育しやすいように思える。

夏草は多種多様な作物をその土地に合わせた作物の中で競争させながら、育てていくのが自然農法というものだろう。

 

 

モノでなく心を売れ

7月 15th, 2018

マレーシアで長年銀行屋さんだったタメに、ボルネオ学会で発表するプレゼンのタイトルのことを相談した。

アブラヤシを売るよりジャングルを売れ(Sell jungle from oil palm)

ところが、ジャングルを売るという意味を逆の意味のジャングルを開発すると勘違いして、

ジャングルの環境保護とは逆にとらえた。

そこで、環境保護する観光事業の意味だと言ったら納得してもらった。

この発想は

麦を売るより麦の風景を売れ!

という視点の転換を応用したものだ。

時代屋の女房という映画の始まりに

ふらっと骨董品屋に立ち寄った女が

「商品を売るのではなく時代を売る時代屋さんね」

「いろいろな時代を売る時代屋かあ・・・」

こういう発想は意外と理解しにくいみたいで、

タメの陶芸品を買うとき、

その陶芸の芸術的美を判断して買おうとするタメが多かったが、

私はこう答えた。

「陶芸品を買うのではなく、タメの心を買うのだよ。

タメが教師をやめて、陶芸の道に老後を生きるその姿に元気づけられるだろう。

その陶芸の価値がどうのこうのではなく、タメがその陶芸を作ったことに意義と価値がある」

モノを買うのではなく、その心を買うのではある。」

ー^-^-^-^

私が営業マンまた小売店をしていたとき、

「商品を売るのではなく自分を売れ」

というのが、私のモットーだった。

それは寅さんの露天商と同じで、

どんなガラクタであっても、そこにストリーと語りを入れて、面白おかしく売り切ってしまう。

お客は

ガラクタを買うのはなく、寅さんの口上のストリーと寅さんの人格を買う

のである。

0-^0-^0-^0-^

今時代はモノから心の時代へと変貌している。

それは

経済社会から環境社会への変換でもあり、

お金から命への価値転換の時代でもある。

それは

贅沢よち質素な生活に価値が出てくる時代でもある。

新しくなるモノより変わらない心に価値が転換している。

それは

縄文と現代の心が変わらないモノの価値を探すようなものである。

八頭身の美より健康と個性美への転換でもある。

それは

肉体という常に変化し、現れては消えゆくモノに迷わされず

心という数万年前から今後のまた人類の変わらない心に焦点をあてて生きていく、

選んでいく、判断していく・・・そんな時代が来たということだ。

その欲望は自然に合っているか?

7月 15th, 2018

とうとう麦・蕎麦・陸稲の実験結果が出た。

例年だったら、梅雨明け頃であるが、今年は22日も早く梅雨明けがあったせいか、毎夕水やりをして、陸稲の芽が出ることを祈り続けた。

1、蕎麦と陸稲の種を4月初めに播いた結果

陽が当たる通路側は線播きした陸稲は10センチくらい芽がでた。

だが、90%は蕎麦や雑草に負けて芽が出なかった。

三度、雑草を抜いたが、やはり、蕎麦と雑草負けして5センチくらい芽が出ていた陸稲は消えていった。

 

陸稲は日当たりのよいところしか芽がでない

2.古代麦と蕎麦と陸稲

4月初めに、古代麦が10センチ芽生えているとき、その麦の間に、陸稲を線播き、蕎麦をばら撒きした結果は・・・

100%近く陸稲の芽は一切出なかった。

5%くらい蕎麦だけが平均20センチくらい芽が出た。

例年の雑草の4種類くらいが平均15センチくらい芽生えた。

それが95%であり、一度根っこから引き抜いても、二週間後はもっと大きくなり、

平均30センチほどの繁茂した。

古代麦の間は蕎麦と雑草だけが芽生え陸稲は一切芽が出ない

古代麦も蕎麦も、ほとんど人が何もしないでも自然に育つ。

だが、陸稲は人がどんなに水あげ、雑草抜き、マルチシートにしても、手間と費用がかかり、自然には育てることは難しい。

 

いったなぜか?

 

陸稲は水稲でなく、畑でも稲が育つよう品種改良されたものである。

その品種はとトヨハタモチがほとんどであるが、その畑作が難しく今はモチ米として流通しているのは水田で栽培された水稲である。

それは稲が夏草で水辺に生えるのが原種の特質であり、どんなに品種改良(遺伝子組み換えも含む)しても、人手と資本をかけなければ冬にまた畑には育たない。

その原種の稲の特質にあった自然の育て方をしないと、

労多くして功少なし

骨折り損の草臥れ儲け

犬の尾を食うて回る

なぜ?犬は自分の尻尾を追いかけるのか?

それがストレスであるとしたら、その結果はさらなるストレスである。

タバコやギャンブルの依存症に通じるものである。

 

その欲望は自然に合っているか?

 

水草の稲を畑で育てようとするのは人間の欲望であって、稲の欲望ではない。

人間が食べやすくするために、稲のような他の生物をいろいろと品種改良したり、農法を変えたりすることは、人間の都合勝手のエゴであり、相手との共存を考えすに強制的に支配しようとする人為的であり、それは多種多様な生物が共存して成り立つ自然の欲望に合致していない。

 

どんな夢も叶うと言うが?・・・・?

 

あきらめずに、コツコツやっていればいつか叶うともいうが・・・?

 

それらの行為がよくよく他との共存ではなく、自分だけのエゴのためだったとしたら、そんな夢も欲望も、叶わない方が世のため人のためであろう。

 

陸稲だって、その気持ちになれば、無理してストレスを感じて、生きようとはしないだろう。

人間からいくら過保護に育てられても、それはよけいなお世話であって、無理やり生かされるより、自殺してしまいたくなるのがむしろ自然ではないか?

 

麦と陸稲の二毛作を8年間追いかけてきたが、

今回の古代麦と蕎麦と陸稲の三毛作の実験結果において次のような結論が出てきた。

 

1.いろいろな麦を育てた結果、6500年間も品種改良されていない古代小麦が一番自然に育ちやすく、その味も美味しい。粉に加工しなくても、そのまま粒としてごはんのように食べられる。

それは品種改良したり、遺伝子操作したりして、人間の都合のいいように作られたものは アレルギー反応が出たり、その品種をめぐって、お金や権利で喧嘩の種になりやすい。

自然の品種に、著作権はない。それらを中心に手間がかからない自然に育つ作物を中心に農業していこう。

 

2.陸稲トヨハタモチの栽培を諦めることにする。

今回 陸稲の種20キロ、自家栽培の陸稲の種5キロを全部播いた結果が、ほとんど芽が出なかったことから解ったこと。

二毛作自体、手間がかかるので、しかも畑作だったら、手間も費用も半端なくかかり、自然に合致しない農法であり、「諦めが肝心」である。

自然に合致しない夢は諦めた方が無難で、取り越し苦労しなくてもすむ。

 

 

3.野沢菜と蕎麦は自然に育つ

8年で、自然に繁茂したのが野沢菜である。

7月で枯れ、その種が零れ落ちて、また芽が出てきた。

野沢菜が枯れ、その種が零れ落ちまた芽を出した2018,7,15

蕎麦の種も零れ落ちて、そこからまた蕎麦の芽が出てきた。

蕎麦の種が零れ落ち、また蕎麦の芽がでた2018.7.15

昨年地這えキュウリの種をたくさん自家採取して、今年播いたが、まったく芽が出なかった。

その地這えキュウリはF1種か、品種改良されたものであったと思われる。

今後、種を自家採種また、採種しなくても、毎年芽を出すような雑草のような作物を中心に、雑草負けしない、雑草と共存できる作物を探すため、陸稲をやめたところに、ランダムに種や球根や苗を植えてみる実験に切り替えることにした。

 

蕎麦や野沢菜や長ネギのように雑草まけせず、手間もかからなく育つ作物を探す旅をしていこう。

夢や欲望を叶えることが重要ではない。

自然に合った夢や欲望を探すのが重要なのだろう。

Sell jungle from oil palm

7月 15th, 2018

ボルネオ島の先住民「首狩族」による民族紛争

先住民であるダヤク族の土地に、政府がマドラ島の住民を強制移住させたのが、発端である。

アマゾンの森の伐採業者と先住民の闘いは政府は法だけ作ってその執行は先住民まかせである

そもそもボルネオ島はインドネシア・マレーシア・ブルネイの三つに分かれていなかった。

それが、オランダとイギリスの侵略と、そこに住む民族間の争いから生まれてしまった。

華僑の多いシンガポールもまた独立したのも、そういう歴史があった。

ボルネオの熱帯の森は日本の経済発展のために、次々と乱伐されていることも、こうした先住民の生活を阻害していることには変わりがない。

こうしたグローバル社会の問題はローカル社会と比例するので、

侵略したローカルなイギリスの森の取り組みが将来グローバルなボルネオの森の取り組みになってくるだろう。

我々は侵略し略奪する視点から、逆の侵略され、略奪される原住民や野生動物の視点にたって、この世界を見つめなおしてみることから、まず始めてみよう。

私は40年前、ゴリラの恰好をして結婚式や誕生会に花束やメッセージカードを届けるゴリラ便という商売をしていた。

その時、絶滅危惧種であるゴリラの気持ちになって人間社会を見つけたことがある。

ゴリラと同じ類人猿・絶滅危惧種であるボルネオのオラウータンの気持ちになり、また国境など関係ない先住民の心を受け取ってみれば・・これからの平和なまた持続可能な森と社会と農業に行き着くことができよう。

その原生林や野生動物とは反対照的な続可能な未来都市をどう建設していくかということにも繋がっている。

自分の姿は鏡を通じてみることができるように、森の民と都市の民の未来の想像をして、そこからどう地球の森と都市の生活を結び付けるかというアイデアが出てくる。

それは経済と環境の矛盾をどう解決するか?

一つの提案をここでしたいと思う。

グリーンツーリズム 都会人が田舎での農業生活体験する旅のことである。

である。

これを50年前から国際的なボランティア(グリーン)ツーリズム

国連と連携して、今は世界遺産を守るボランティアが主流になってきている。

それはまた、

都市と田舎、海外コミュニケーション、現代人と原住民との交流

それは森と都会の調和、環境と経済の調和への一歩は互いの理解から始まる、

ボルネオの先住民と一緒に暮らす体験

マレーシアの少数民族イバン族のくらしを知り、守る2週間。ボルネオ島ワークキャンプ

日本の中高生が現地の子供たちとスタディツアーをして理解しあう

持続可能な農業とは

持続可能な森と都市であり、国際交流であり、古代と現代の理解であり、野生生物と人間との共存である。

理解はまず偏見なく出会うことから始まり、

ともに生活し、語り合い、共存への道を探ることであろう

そこから、

森の環境と都会の観光経済とが出会い、調和する未来が見えてくる。

ボルネオ先住民族の文化と伝統を学ぶ「マリマリ文化村」

こうした観光とともに、一緒に生活体験するグリーンツーリズムまたボランティア・ワークキャンプを合わせた森と都市の理解しあう一歩があるだろう。

持続可能な農業も社会も強大な国家が強制的に治めるピラミッド構造ではなく、

多様な民族・宗教・考え方・生活・生物がまるで語り合い、理解しあって楽しめる環境の地球のような円い構造であることが必要だろう。

我々人間もあらゆる生物もみな ピラミッド建造物に住んではいない、円く回っている地球に住んでいることは真実なのだから。

その真実を認めて、明日を見つめてみよう。

 

千年一昔

7月 13th, 2018

縄文展に行って感じた。

縄文の生活はつい一昔だと。

人類誕生を赤ちゃんが生まれたと仮定すると、

1000年は1年に相当し、人類は今50歳になる。

弥生時代は2年前で、縄文時代は15年前に始まった。

その前までは寒冷化で、石器時代で他の動物との暮らしの差はさほどない。

温暖化になって、動植物が繁栄し、地域によっては、縄文時代の暮らしをしている先住民も熱帯地域にいる。

今文明が栄えというのは、弥生時代あたりで、

哲学・宗教・科学が発展したのは2年前あたりだ。

世界史を見てみよう。

今の世界の国々ができたのは1か月前であり、科学技術が発展したのは2か月前である。

1年半前はローマ帝国や三国志の時代である。

先日、50年前の高校のクラス会があり、風貌は変わったが、中の心はほとんど変わりがない。

肉体は変化するけど、心はほとんど変化しないのがよくわかる。

人類の生活スタイルは大きく変わっても、心はほとんど変わりがないともいえる。

最近、医師や免疫学の大学教授に教えられたのだが、

今の西洋医学は原始宗教とほとんど変わりがない。

儀式や占いや迷信の科学技術だと知らされ、驚嘆したばかりである。

美の観念も、縄文と今と比べてみれば、偉く違うが、心は同じであるのがわかる。

同じ彫刻であり、究極の美はまるで逆であるが・・・・その美の心は同じであるといえよう。

今は空間的な視点で 地球村とか 地球家族という視点が重要になっているが、これからは

時間的な視点で、人類の千年一昔というように考えて、

体重やお金や健康を数字で判断して、ストレスを感じて、病気になったり、犯罪に走ったりしないで、もっと ゆったり のらりくらり 適当に喧嘩仲良くして、楽しく生涯を暮らしたいものである。

 

金儲け欲望に操られるな!それはAIに任せろ!

7月 12th, 2018

[7月11日(水)〜17日(火)]松形恭知 作陶展

初日の正午に担任の恩師もいらしてクラス会が始まった。

私は西武デパートが西口にあるかと思ってそちらにいったが、東部デパートだった。反対側の西武池袋線側にあり、10分ほど遅れた。

展示作品はみな一点もので、即販売されていたので、まさに取り合いだった。

なんとレジに並ぶくらいであり、私もあわてて欲しかった湯飲み、飯茶碗、どんぶりをゲットし、お金だけ払って、8階のレストランでクラス会の食事をした。

作陶展に戻ったときには、写真のメインの壺は売り切れていた。

思うに半日で、半分の作品が売り切れてしまった感じがする。

松形氏には特注は快くOKしてもらえた。

帰宅後、彼の作品で飲み食いしたら、特注でなくとも、十分元気をもらえたので、これもありかなと考え直した。

当日、送ってくれた写真を見て驚いた。松形陶工も冗談でいっていたが、私の作務衣姿が様になっていたので、私の方が陶芸家に見えるといったように、なんと私がメインの写真で、これはまさに勘違いされてしまう。

松形陶工は向かって右、三枝幹事は向かって左、北地先生は松形陶工の後ろで、杖を持っている。

恩師の北地先生は、90歳半ばで、なんと老々介護をしている本人だった。

奥様を90歳にして、介護しているので、食事をする時間もなく、足早に帰っていった。

これは元気をもらおうと、別れ際にハグさせてもらった。

ハグする時、「今生の別れになるかもしれないので」といったら、恩師「おいおい、まだ死なんぞ!」とますます元気だ。杖なんか必要ないくらい、50年前の背筋がまっすぐ姿も、ほとんど変わっていなく、快活で元気そのものだ。

それに、集まったタメは現役バリバリの働き手が多く、定年すぎているのに、引退もせず、バリバリ働いており、それも急遽決まったクラス会に来られなかったタメを含めると、80%くらいが忙しい現役で、欠席した大学教授のタメも老々介護をしていたのも思い出した。

渋谷の笹塚に戻り、店を任せているNさんとその作品をカフェで広げながら話していて、その話がビットコインや株になったときに、ふと気が付いた。

株 FX 仮想通貨 そして、労働そのものが、金儲け欲望に操られ、数字を追いかけて、忙しく右往左往させられている姿・・まさに操り人形・・・が見えてきた。

そうした金儲け操り人形でない生き方をしようとしているのが、松形陶工もそうだし、わがタメの心情も見えてきた。

金で動かず、心で動いている

老々介護だって、50年前の同輩に集まるのもそうだ。

翌朝、テレビのスイッチを入れたら、働き方改革の話があった。聞きなれないRPAを連発している。

調べたら、Robotic Process Automationの意味で、

単純作業の三種の機械化で、

ブルカラーの単純作業を ロボットで。

ホワイトカラーの単純作業を パソコンで自動処理化するRPAで、

マネーゲーム・ギャンブルなどの単純作業を 高処理できるAIで

ということである。

AIは碁・将棋でも、そのトップ騎士に勝つ。人間の知能ではコンピューターのソフトには叶わないことが実証されている。

それは、株・FX・仮想通貨のマネーゲームの金儲け能力も碁と将棋と同じようなソフトを作ってAIにやらせれば、人間が金儲けするより、AIの方がはるかにすぐれた投資と判断をして、金儲けをするだろう。むしろ、ほとんど失敗がなく、損失はなくなるだろう。

金儲けは単純な投資作業であるからだ。

ギャンブル依存症は勝ったらまた儲けたくなり、負けたら悔しくてまた挑戦したくなる。そういう単純なやめられない心理作業の繰り返しでもある。それはまたAIに任せられる作業でもある。

 

ロボットもRPAも、AIも、24時間365日働いても、けして疲れないが、

人間はそれを同じ単純作業に追われれば、疲れ、しいては人間性喪失としてうつ病や自殺まで追い込まれる。

もし、忙しく働いて疲れるようだったら、それは人間的な働きをしていないと判断した方がいいだろう。

もし、どんなに働いても、ちっとも疲れないのなら、それは人間的な働き方をしていると考えた方がいと思える。

人は強制的に金で働かされるが

人はけして金では働かず、心で働こうとする。

 

その心というのが、

ロボットやRPAやAIにはできない

提案、判断、接客、研究開発であろう。

AIはどんな碁や将棋にも勝てるが、新しいゲームの碁や将棋を作ることはできない。

ルールに従うことはできても、ルールを作ることはできない。

これは従属的に生きるか、自由に生きるか?

その違いであり、人間らしく、自分らしく 楽しく生きられる道を見つけ出す判断でもある。

 

縄文と現代/時空を超えて繋がった

7月 10th, 2018

新宿高校21回生のタメが

池袋西武本店で

[7月11日(水)〜17日(火)]松形恭知 作陶展

を開くので、「こういうクラス会もいいな!」

とメールを返したら、それが7月11日 正午に集まることになり、なんと90歳を超えた担任の恩師まで来ることになった。

言い出しっぺの私は遠い山梨から行くつもりはなかったが、67~68歳の再会の奇跡的発展を何度も経験しているので、私専用の茶碗を彼に作ってもらいに、その3回クラス会に急遽行くことにした。

ついでに上野公園で開かれている縄文展に足を向けてみたい。

一方、

2,018年9月15日(土)~23日(日)のボルネオの「持続可能な農業」学会

成田からコダキバナルの往復チケットを41400円でマレーシア航空券ゲットした。

そこのプレゼン5分のタイトルを大橋教授から言われ、仮題として

「アブラヤシよりジャングルを売れ(Sell jungle from oil palm)」

思いつき、そこから、内容を模索したら・・・・

なんと、

熱帯の森文化が縄文につながり、現代のタメの作陶にまでつながった。

東部インドネシア・ティドレ地方の土器製作

コダキバナルにあるモンソピアド文化村【Monsopiad Cultural Village】には首狩り族の風習文化が展示され、そこのオラウータンの骨がなんともそのまま心を打つ。

博山先生が縄文のルーツがボルネオにあるのではないかと、今回出席予定であるが・・

本当かよ?

と調べてみた。

縄文人の故郷ースンダランド

一般的ホモサピエンスの流れは化石から・・

だが、原人の流れはそのモンゴロイド形成からみると

「もう一つの海人族~南から来た黒潮の民」

時代は3000年前と新しくなると・・海の民の移動の痕跡がわかるラピタ土器から

オーストロネシア系民族の拡散。台湾からフィリピン、インドネシア、太平洋へと拡散したルートもできていたようだ。

縄文と同じような、エクアドルの太平洋側にあるバルディビアで発掘されてもいる。

何気なく

マレーシアの『Arts of Jomon』展で縄文土器スピーカーが展示されたり、

古代の縄文土器が子供でも簡単に作れるワークショップも各地で催されている

 

この日本の経済発展した現代において、

ボルネオの熱帯雨林の森の生活と文化はまさに

生きた考古学であり、生きたアート作品である。

そのジャングルとそこに生きる先住民の生活を壊すことは人類の宝を壊してしまうことだ。

持続可能な農業とは、数万年続いた文化(農業もふくめた)を尊び、引き継き、発展させていくことではなかろうか?!

 

地方創生と国際観光

7月 9th, 2018

先日、農業遺産から先住民遺産からの地方再生を提案した。

それは大資本が必要のないボランティア国際交流が基盤だが・・

今の資本主義における、大資本における「持続可能な農業」の例として、

「持続可能な地元産業」ともいえるような「温泉街が国際都市化」した、成功都市事例がある。

《 番外編 》【温泉街が国際都市化】温泉街が一変…世界中から観光客が!

《 番外編 》【温泉街が国際都市化】温泉街が一変…世界中から観光客が!
  • 日本有数の温泉地として知られる大分県別府市が大変身。 外国人観光客数が激増し、温泉街が国際都市化している別府。 それだけではなく、街のホテルや飲食店にも外国人従業員の姿が!
  • これによって別府の街は活性化し、かつての輝きを取り戻している。
  • なぜ別府は復活したのか!?そこにはあるモノが別府にできた事が要因だった!
  • そのナゾを解くべく池上彰自ら別府飛び、直撃取材を敢行!

それは 別府湾を見渡せる 立命館アジア太平洋大学(APU)が設立され、そこの学生の半数が留学生である。授業は同じ内容を英語と日本語で学べるというので、留学生は日本語ができなくても、英語で学べるものだ。

しかも、その寮は、必ず日本人と留学生の二人の組み合わせで生活する。

留学生が日本語を学び、日本人が英語を学ぶのには好都合な環境をつくっている。

留学生にとって、その学費や生活費は、地元の温泉のホテルなどで、アルバイトできる。

一番大きな別府のホテルでは、3000人の留学生が、アルバイトしており、その対応が、どんな外国人にも対応でき、30か国語で対応でき、それが噂に噂をよんで、別府は半端ない外国人のもてなしをされるということ、また、日本独自の温泉文化を堪能できることで、別府は国際観光都市へと大きく変身した。

その地方創生の原動力は

立命館アジア太平洋大学(APU)が世界の留学生と日本の学生を結び付けた交流の学びを実現させたことである。

こうした大学を作ること、またそうした留学生がアルバイトできるホテルはみな大手資本がなければ無理な地方創生である。

でも、

大手資本なくても、いやむしろ大手資本がないほうが、

留学生と日本の学生を結び、地元の伝統的な産業(農業・牧畜・林業など)へのボランティアとして結べば(農業遺産や先住民遺産でも生活体験)、地方創生同時に、資本主義の格差矛盾に対抗できる持続できる産業と自然環境が実現できるだろう。

ー^--^-^-^

APUの学生生活がポイントだろう。

これは知足庵でも同じだ。

そこで、大事なのは、学生も留学生も、社会人も、同じ方向を見ていることである。

そこに会話と生活の理解と、楽しさが生まれるからである。

教え学び合いから、大きくいえば、世界の問題点を解決する一歩がそこにある。

 

避けて通れない疑問・・それは癌とは何か?

7月 7th, 2018

今まで、自分が経験してないもの、また経験したくないものについては

探求したくなかった。

それはどんな仮定(思想)をしても、自分で検証できない限り、それが正しいかどうかは判断も、納得も、自信もつかないからである。

だが、日本の死因トップの増えていく癌だけは、特にその癌検診だけは自治体からも、娘からも追い立てられている。

「もし癌宣告されたら?」

その時、どうする?という対処は、地震が来たらどうする? もし誰かに殺されそうになったらどうする?という問いかけに対して、「自分は迷わずこうする」という備えをしておくことが安心して生きることになる。

ずっと永いこと、

「もし明日死ぬとしたら、今日どうする?」

という気持ちで、「いつ死んでもいいように」今日を生きてきた。

だが、「癌宣告を受けたら、どうする?」という

癌で死ぬのか、死なないのか? 不明で、はっきりしない癌については自分の専門外、プロの医者に任せておけ!「その分野のプロに任した方が安心!」というルールが自分の中にあった。

だが、67年間生きてきた、今までの医者も、建築業者も、教師も、国の行政も、経済学者も、宗教者も、みなプロ中のプロであったけれど、ほとんど信用できないことの方が多かった。

その経験から、

「自分の命も、幸せも、自分で守るしかない。他の誰にも頼ることができない」

という確信が生まれている。

そして、どんな占いも、どんな予言も、明日どうなるかを言う人間は信用しないことにしている。

「明日どうなるかなんてことは神様だって解らないことだ」

と、常日頃から思っていることである。

ー^-^-^-^-^

知足庵で、健康と自然を探求していくうちに、

 

健康診断は科学的占いを聞きにいくようなものだ!

 

ということに気づかされた。

特に、

新潟大名誉教授の免疫学の安保徹が、1996年12月6日 69歳で急死した。その死因が(西洋医学会の)暗殺ではないか?という噂である。

安保徹は

「癌検診などの健康診断なんかしない方がより長生きできる」

同じ69歳の近藤誠(がん研究所セカンドオピニオン外来

癌治療について

薬の害について

安保徹先生の家に体重計がない

それは

私もダイエットに挑んでから4年になるが、自分の健康と体重とがどうにも一致しないことに気が付いた。

さらに、タニタの体脂肪・内脂肪・体内年齢も ほとんどあてにならないことがわかってきた。

自分が健康かどうかは数字で判断できるものではない。

むしろ、自分自身で、どういう食事と運動をすれば体調がいいかを探っていった方がより健康で、リバウンドとリダイエットで、大きなストレスを抱え込み、それでころころ変わるダイエット常識・蕁麻疹・アレルギーなどに悩むことはなくなる。

ー^--^-^

つまり

簡単な結論に達した!

「もし健康診断・癌検診など行かなかったら、けして癌宣告に悩まされなくていい」

 

ということになる。

問題解決の基本は

「その問題の問題は何か?」

そこが基本である。

「癌宣告を受けたらどうする?」

という問題の問題は?

「癌検診に行くか行かないか?」

という問題に尽きるのである。

ー^-^-^-^

癌がどういうものか、癌になっても、ならなくても、自分で納得いくまで調べてみることが

 

「自分で自分の命を守る」

「自分の健康は自分で守る」

 

それが自遊に楽しく生きる道だと思える。

 

世界農業遺産から世界先住民遺産へ

7月 6th, 2018

知足庵は徳島の美馬市穴吹町にあるが、隣町が剣町で剣山の傾斜で農業する伝統の農法が世界遺産に

2018年3月に世界農業遺産に登録された。

世界農業遺産は中国15の次の日本に11もある。

日本の世界農業遺産

この傾斜地農法をよく説明している動画がある。

「にし阿波の傾斜地農耕システム」とは

ここの

知識システムと適応技術

大橋教授が、モンゴルの留学生に

モンゴルへのグリーンツーリズムを行う例として、

ここの世界農業遺産で、世界中の農業体験ツアーを学んでみたらどうかという提案をした。

実際、

ここの剣山の世界農業遺産においてグリーンツーリズムは現地でも遂行されている。

こういうグリーンツーリズムは

モンゴルの遊牧民の生活体験でも、

ボルネオの先住民との生活体験でも

伝統的文化とともに、世界が新しい生き方を探る未来への入り口になりえることである。

 

私も44年目に参加した

CCIVS(Coordinating Committee for Voluntary Service)

起源

国際ボランティアサービス(IVS)運動は1920年に生まれました。最初のプロジェクトはフランスのヴェルダン近くで開催され、ヨーロッパのボランティアのグループが荒廃した村の再建を手伝っていました。第二次世界大戦後、戦後復興とボランティア組織の増加に直面して、ボランティア活動の調整と奨励方法についてユネスコで議論が行われました。1948年4月、国際ワークキャンプ組織会議が開催され、パリのユネスコ本部に設置され、国際キャンプのための調整委員会が設立されました。
1950年代から、ボランティア組織の数は、軍縮から健康と人権に至るまで、脱植民地主義から平和へと異なるテーマに触れ、世界中で増加しました。
1960年代初頭、CCIVSは、東欧の後、社会主義国で、それを整理するために東と西の間にボランティア青少年交流を有効に決定的な中立的プラットフォームを務め、1970年代と1980年代の青少年団体との接点を作り始めました。1971年、CCIVSは国連ボランティアの創設にも関連していました。
1980年代、「鉄のカーテン」を横断する東西プロジェクトの数が増加した。1987年、CCIVSはペレス・デ・クエラーの国連事務総長より「平和のメッセンジャー」という称号を授与されました。
1990年代初めには、南北関係とアジア・ヨーロッパ関係がますます重要になった。それ以来、CCIVSは、国際的なボランタリーサービスの動きの発展に関する議論や交流のための品質基準の改善の場として知られていました。インパクト、認識と国際自主サービスに関連する政策上の動きの反射をリードする、CCIVSメンバーは異文化間の対話、持続可能な開発、世界遺産、健康と紛争変容の5つの主要な話題を中心に今日働きます

9月にボルネオ学会で、「持続可能な農業」を提案するにあたって、

ボルネオの先住民とともに生活体験(農業体験も)をする、民族の世界生活遺産ともいうべきものを残すと同時に、世界が今後進むべき道が「持続可能な農業」としても、また、「持続可能な国際交流社会」としても、最初の一歩と伝えたい。