Natural money/自然なお金

1月 19th, 2021

十数年前のことです、毎日お金を稼ぐことに苦労しているとき、

ふと、「お金って何だろう?」と思ったのです。

連日、テレビでは株価と外国為替の変動を報道しています。

「そんな変動の数字って必要なことなのか? 

私たちはお金に操られ、お金依存症に陥っているのではないか?」

それから、私はお金について探求するようになりました。

A dozen years ago, when I was having a hard time making money every day

Suddenly, I wondered, “What is money?”

Every day, TV reports on fluctuations in stock prices and foreign exchange.

“Is that number of fluctuations necessary?

Are we being manipulated by money and falling into money addiction? “

Then I started to explore money.

お金とは国から与えられた あらゆるモノと交換できる権利券です。

それが今は大きく別な目的のために変貌し、複雑化して、様々な問題を引き起こしています。

そこでまず お金というものをシンプルに捉えることから考えてみましょう。

Money is a right ticket that can be exchanged for anything given by the country.

It is now transformed and complicated for a very different purpose, causing various problems.

So let’s start with a simple idea of money.

旧約聖書の創世記に、

神はアダムとイブの二人だけを、食べ物にけして困らないエデンの園に生活させましたと書かれています。

お金が必要でなかった時代にさかのぼり、

人類も男女二人だけ生きていたと想定して お金の成り立ちを考えてみます。

In the Old Testament Book of Genesis,

It is written that God made only Adam and Eve live in the Garden of Eden, where food is not a problem.

Back in a time when money wasn’t needed,

Assuming that only two men and women lived in humankind, he considers the origin of money.

神は「善悪の判断を与えるリンゴ」だけは食べてはならないと二人に命じます。

でも二人は「その善悪を象徴するリンゴ」を食べてしまい、恥ずかしさ、生死の恐怖、労役の苦しさを味わうようになりました。

そのため、神は、二人を天国のエデンの園から地獄の労役の園へ追放しました。

そして、ふたりは別々のモノの所有権をもつ他人同士になり、お互いに余分なもの同士を物々交換するようになりました。

でも、お互いに欲しいものが一致しない時の方が多くなり、物々交換が成立しにくくなりました。

そこで、二人はいつでもお互いに欲しいモノと交換できる「権利券のお金」を作り、物々交換の問題を解決させました。

God tells them not to eat only “apples that give good and evil judgments”.

However, they ate “the apple that symbolizes good and bad” and began to experience embarrassment, fear of life and death, and the pain of labor.

As a result, God expelled them from the Garden of Eden in heaven to the Garden of Labor in Hell.

Then, the two became strangers with different ownership of things, and bartered extra things with each other.

However, there were more times when the things we wanted did not match each other, and it became difficult to establish barter.

So, they made “rights ticket money” that they could exchange for what they wanted at any time, and solved the problem of bartering.

交換権利がなくならないように、
お金は、腐らない石や金属になりました。
そして、希少価値が高い金本位制になりました。

しかし、腐り消えてしまう自然な食べ物と腐らないで永遠に残る不自然なお金と交換することで、もっと多くの問題が起きてきています。

本当に必要な自然な食べ物よりも、不自然な永遠不滅の神仏のようなお金をより求め、信奉するようになってきたのです。

So that the exchange right is not lost
Money has become non-perishable stones and metals.
And it became a gold standard with high rarity value.

However, more problems are being created by exchanging natural food that perishes for unnatural money that does not rot and remains forever.

They have come to seek and believe in money like the unnatural, eternal and immortal gods and Buddha, rather than the natural food they really need.

「人間とモノとお金」の三つのバランスはこの地球上にいきていく上で必要になりました。

我々は食べ過ぎれば病気になり、食べられないと飢餓になります。

そのため、

我々が生きていく上で、必要な食欲と、

それを満たせる食べ物と、

それを調達するお金

それらのバランスが大事になります。


必要な食欲が需要であり、

その需要を満たせる食べ物が供給であり、

その供給を円滑にするのがお金です。

この三つのバランスを我々が調整できるのは

健康で文化的な生活への欲求である人の需要です。

The three balances of “human beings, goods, and money” have become necessary for going on this earth.

If we eat too much, we get sick, and if we don’t, we get hungry.

for that reason,

The appetite we need to live,

Food that can satisfy it,

Money to raise it

The balance between them is important.


The necessary appetite is demand,

Food that can meet that demand is supply,

Money facilitates that supply.

We can adjust the balance of these three

It is the demand of those who have a desire for a healthy and cultural life.

もしアダムが病気で死に需要が減ったら、

イブはリンゴの供給を減らし、お金も半分燃やします。

If Adam died of illness and demand diminished

Eve cuts the supply of apples and burns half the money.

もし二人に子カインが産まれ、需要が増えたら、

二人はリンゴの供給とお金を増やします。

If they have a baby Cain and the demand increases,

The two increase the supply of apples and money.

資本主義の今はお金儲けが中心になり、お金のために働き、お金がないと生きられない依存症にかかっています。

マネーゲームが生活の中心になり、健康で文化的生活は脇においやれています

アダムとイブがギャンブルに夢中になってリンゴ作りをせず、子カイン育てをしない家庭です。

Nowadays, capitalism is centered around making money, working for money and suffering from an addiction that cannot live without money.

Money games have become the center of life, and a healthy and cultural life has been set aside.

It’s a family where Adam and Eve are crazy about gambling, don’t make apples, and don’t raise children Cain.

 

「需要と供給とお金」のバランス調整は「自由市場の売買、競りやオークション」でのモノの価格決定と同じです。

価格はお金の流量により、
需要は人間生活の流量により、
供給は自然環境の流量により
この三つ調整は自然に決まります。

人間生活の需要のみが、「供給とお金の流量」を調整目的化できます。

Balancing “supply, demand and money” is the same as pricing things in “free market buying and selling, bidding and auctions”.

The price depends on the flow of money
Demand depends on the flow rate of human life
Supply depends on the flow rate of the natural environment
These three adjustments are decided naturally.

Only the demand of human life can be the adjustment purpose of “supply and flow of money”.

また、

地球を駒にして私たちが回してみると需要に合わせた供給と、供給に合わせたお金を造ることが自然な経済バランスであることが解ります。

Also,

When we turn the earth into pieces, we can see that it is a natural economic balance to supply according to demand and to make money according to supply.

 

 

どうして、お金が「人間とモノ「を支配してしまうのでしょうか?

それはお金が腐らず、永遠に存在し続けるからです。

100年前の1円と現在の1円は、その時代とともに使用価値は変わっても

1円は1円のお金であることに変わりません。

「腐らないお金」を「腐るモノ」のように自然なバランスサイクルにするには二つの方法があります。

Why does Money dominate “humans and product”?

That’s because Money doesn’t rot and it will continue to exist forever.

One yen 100 years ago and one yen now

Even if the value in use changes with the times

One yen is still one yen of money.

There are two ways to make “Money not to rot” into a natural balance cycle like “product to rot”.

 

一つは減価するお金(使用期限付きお金)を発行することです。
食べ物には賞味期限があり、それを過ぎると廃棄されます。
同じように、お金も使用期限を過ぎれば使えなくすることです。

The first is to issue depreciating money (money with an expiration date).
Food has a best-by date, after which it is discarded.
Similarly, money can no longer be used after the expiration date.

二つ目はお金の流れそのものにベイシックインカム税を課せる

The second is to lay a basic income tax on the flow of money itself.

徴収したプラスベイシックインカム税を国民全員にマイナスベイシックインカム税として均等に分配する。
そのベイシックインカム税は最低生活保障を基軸にし
そして、その他公共事業やサービスに使えば、その他の多くの税金徴収も不必要になります。
そのベイシックインカム税は国民の需要に合わせて使うと、所得の格差も少なくできます。

The collected plus Basic Income tax will be evenly distributed to all citizens as a minus Basic Income tax.
The Basic Income tax is based on minimum living security
And when used for other public works and services, many other tax collections are unnecessary.
If the Basic Income tax is used according to the demand of the people, the income gap can be reduced.

ベイシックインカムは一国では行えません。
お金の流れそのものに課税するため、

最も大きな海外のお金との両替にも必要になります。
ユニバーサル ベイシックインカムとしてしか行えません。

Basic income cannot be done in one country.
Since the tax is levied on the flow of money itself,

it is also necessary to exchange for the largest foreign money.
It can only be done as a universal basic income.

いかに自然なお金にするかが、お金の変遷にもつながり、

お金は金属から発行・管理しやすい紙に変っていきます。

How to make natural money leads to the transition of money,

Money changes from metal to paper that is easy to issue and manage.

自然な流れは「需要・供給・お金」のバランス・サイクルですが、

紙のお金により、

国はお金の発行と配布、国民はお金の貯蓄と節税に偏り、

お金だけが増えてアンバランスになりやすくなった。

そこで登場したのが、シルビオ・ゲゼルの減価するお金の提案です。

The natural flow is the balance cycle of “supply, demand, money”,

With paper money

The country issues and distributes money, the people are biased towards saving and saving money,
Only money increased and it became easy to become unbalanced.

That’s where Silvio Gesell’s depreciable money proposal came in.

ゲゼルの減価するお金を実際にオーストリアのヴェルグル市役所が1932年7月31日~1933年9月1日にかけて発行しました。

Gezel’s depreciable money was actually issued by the Austrian Wörgl City Hall from July 31, 1932 to September 1, 1933.

新しい月になるたびに額面の1%のスタンプを貼って使えるようになった1シリング紙幣

1 shilling banknote that can be used with a stamp of 1% of face value every new month

減価するお金はお金を減らし、サイクルを早めることができても、お金を増やし、サイクルを遅くすることはできません。

自然なお金は「需要と供給」にあわせて増減できることが必要です。

減価するお金は、その後いろいろな地域通貨として実験されてはいるが、

中央銀行発行との交換も現実的に難しく流通されていない。

Depreciating money can reduce money and speed up the cycle, but it cannot increase money and slow down the cycle.

Natural money needs to be able to increase or decrease according to “supply and demand”.

Depreciating money has since been experimented with as various local money,

Exchange with a central bank issue is also difficult in reality and is not distributed.

「お金を減らす」とは何でしょうか?

もしお金を燃やしたら、そのお金はどこにいくのでしょうか?

What is “reducing money”?

If we burn money, where will that money go?

燃えたお金は政府の未回収になり、再発行できます。

失ったお金は中央銀行への返済不能になり、再貸付できます。

つまり、

燃えたお金とは税金であり、そして借金です。

減価するお金とは税金徴収と借金返済を自動的に行えるということです。

Burned money becomes uncollected by the government and can be reissued.

The lost money cannot be repaid to the central bank and can be re-loaned.

In other words

Burned money is tax and debt.

Depreciating money means that we can collect taxes and repay debt automatically.

政府は紙幣の発行と回収を中央銀行に任せ、

中央銀行は市中銀行による貸付と返済に任せます。

そして、政府は市中銀行から借金し、

国民からの税金で返済するシステムになりました。

The government leaves the issuance and collection of banknotes to the central bank,

The central bank leaves it to the commercial banks to lend and repay.

And the government borrowed from the commercial bank,

It has become a system to repay with taxes from the people.

紙幣は債権に、

債券は株式に、

株式は外国通貨と同じく

金融商品になります。

Banknotes become bonds,

bonds become stocks, and

stocks become financial products

like foreign currencies.

しかし、

本来の目的である「健康で文化的生活」需要とその供給よりも、

手段としての道具であるお金を得ることを私たちは目的化してしまいました。

実質経済よりも金融経済が何倍も大きくなり、

お金でさらにお金を儲けるマネーゲームが主流になってしまいました。

これは、麻薬がないと生きていけない麻薬中毒のように、

お金がないと生きていけないと思い込むお金依存症の社会になっているのです。

But,

Rather than the original purpose of “healthy and cultural life” demand and its supply

We have made it our goal to earn money, which is a tool as a means.

The financial economy is many times larger than the real economy,

Money games that make more money with money have become mainstream.

This is like a drug addict who can’t live without drugs,

We are in a money-dependent society where we believe that we cannot live without money.

破産による自殺、
所得格差拡大、
お金獲得戦争、
貧困と金持ちの差拡大し、

命よりお金を大事にする、本末転倒したこうした世界が現れます。

Suicide due to bankruptcy,
Income inequality widening,
Money-earning war,
Widening the gap between poverty and the rich,

A world like this that has fallen over will appear, where money is more important than life.

お金の目的は本来人間の「需要と供給」のための交換手段としての道具(権利)です。
私たちはこうした本来の目的にお金を戻すにはどうしたらよいでしょうか?

The purpose of money is essentially a tool (right) as a means of exchange for human “supply and demand”.
How can we return the money to these original purposes?

ベイシックインカムは国民すべてに徴収した税金を均等に分配することです。

お金中心の資本主義においては、「働かざれば食うべからず」ですが、

命中心の人間主義においては、「食わざれば働けず」です。

ベイシックインカムは「国民は等しく生きる権利を持つ」という基本的人権をお金で保証することです。

それを実施するには、まず貧富の差に関係なく、生きていける最低限の衣食住と交換できるお金を給付が必要になります。

この世がアダムとイブの二人で、アダムが病気で働けなくても、イブはアダムに自分で働いて得た食べ物の半分を与えるということです。

つまり、

人間の「需要と供給とお金」のバランスサイクルには、ベイシックインカムは欠かせないということ。

貧困者のみの最低生活保障は、貧富の差をつけ、その実施ラインの選定が難しい。

ベイシックインカムは貧富の差関係なく、その実施が簡単にできます。

Basic income is the equal distribution of taxes collected to all citizens.

In money-centric capitalism, “If you work, you can’t eat”,

In life-centered humanitarianism, “you can’t work if you eat.”

Basic income is to guarantee the basic human right that “people have the right to live equally” with money.

To do so, first of all, regardless of the difference between rich and poor, we need to pay money that can be exchanged for the minimum living food, clothing and shelter.

The world is Adam and Eve, and even if Adam is ill and can’t work, Eve gives him half of the food she got from working herself.

In other words

Basic income is indispensable for the balance cycle of human “supply, demand and money”.

The minimum living security for the poor only makes a difference between the rich and the poor, and it is difficult to select the implementation line.

Basic income is easy to implement, regardless of whether you are rich or poor.

ベイシックインカムの財源もまた所得の差に関係なく、

均等に税徴収する必要があります。

そのためには、お金の流れそのものに一律にベイシックインカム税を課するのです。

「商品とお金」を交換する売買においては、売上金のみにベイシックインカム税を課せます。

例えば、アダムがイブから100円でリンゴ一個買ったとします。

100円を受け取ったイブは半分の50円をベイシックインカム税として政府に収めるということです。

「ローン」や「債権や株式」売買や「外国為替」の場合、売り主買主両者にベイシックインカム税が課せられます。

例えば、アダムの1000円とイブの10ドルを交換する場合、

アダムは半分の500円を日本政府に、イブは半分の5ドルをアメリカ政府に収めるということです。

「ローン」「債権」「株式」もお金と見なせるので同様に取引両者にベイシックインカム税が課せられ、政府に収めることになります。

In the case of buying and selling in exchange for “goods and money”, the basic income tax is levied only on the sales proceeds.

For example, suppose Adam bought an apple from Eve for 100 yen.

Eve who received 100 yen will pay half 50 yen to the government as a basic income tax.

In the case of “loan”, “credit or stock” buying and selling or “foreign exchange”, both seller and buyer are subject to basic income tax.

For example, if you want to exchange 1000 yen for Adam for 10 dollars for Eve

Adam will pay half 500 yen to the Japanese government, and Eve will pay half $ 5 to the US government.

Since “loans,” “bonds,” and “stocks” can also be regarded as money, the basic income tax will be levied on both transactions and will be included in the government.

このベイシックインカム税サイクルはお金をすべて電子マネー化できる現代でしか実現しません。

しかも、ベイシックインカム税徴収と配給もAI(Artificial Intelligence)で行う方が不正が少なく、手間も経費もかかりません。

AIに国民の取引銀行、社会の「需要と供給」の変動などの必要項目を学ばせ実行させます。

また、たくさんの税をこのベイシックインカム税に一本化することで、税務の手間と経費を大きく削減できます。

This basic income tax cycle can only be realized in the present age when all money can be converted into electronic money.

Moreover, it is less fraudulent to collect and distribute basic income tax using AI (Artificial Intelligence), which saves time and money.

Let AI learn and execute necessary items such as national banks and fluctuations in “supply and demand” of society.

Also, by unifying a lot of taxes into this basic income tax, we can save a lot of tax effort and expenses.

株式売買と外国為替の金融商品市場は実質市場よりも大きくなっており、

お金の動きそのものに課すベイシックインカム税は一国だけでは実行が難しく、

全国家で同時にユニバーサル ベイシックインカムの方が実現しやすくなります。

世界のお金は繋がっており、一国のベイシックインカムもユニバーサル ベイシックインカムに必然的に変わらざるをえません。

The stock trading and foreign exchange financial instruments market is larger than the real market,

The basic income tax levied on the movement of money itself is difficult to implement in one country alone,
Universal his basic income is easier to achieve in all nations at the same time.

The money of the world is connected, and the basic income of one country must inevitably change to the universal basic income.

 

お金を自然なものにするには陽の光や、水や身体の血液の流れとサイクルのように我々はすればよいのです。

陽の光は人々に平等に照らし、

水は高いところから低いところに流れ、そして天に蒸発し、雨となってまた大地に降ります。

血は心臓を中心に体全体に栄養を与え、老廃物を輩出してまた心臓に戻ってきます。

お金もこのようでありたいものです。

We can make money natural, like sunlight, water and blood flow and cycles in the body.

The sunlight illuminates people equally,

Water flows from high to low, evaporates to heaven, becomes rain, and falls to the ground again.

Blood nourishes the entire body, centered on the heart, produces waste products, and returns to the heart.

Money also wants to be like this.

 

 

 

 

 

 

 

 

 

眼が二つの意味

1月 7th, 2021

電信柱越しに日の出を眺めて気付いた。

カメラのレンズは一つ

私の左右両眼の焦点間隔 6.5センチ

カメラに映るのは常に一眼

左眼か右眼だけで、両眼で見た姿は映らない。

両眼で見ると 左右の眼が合成されて 電信柱が透けて見え、

眼の前の障害物である電柱が消えて、一つの日の出が見えてくるのである。

日の出なしで、電信柱の3本の突起を左右と両目で比べてみると

障害物の両目の窓枠が消えて、3本の突起が見えてくるのである。

(画像ではカメラを左にずらして3本の突起を写した)

左右の眼は遠近法や立体を観るためだというが、それは片眼だけでも十分把握することができるように感じる。

両目の意味は、むしろ

両手のようにモノをつかみやすくするために、全体の真実を見えやすくするためのように思える。

また、両足が左右のバランスをとり安全に歩行できるようにするように、

眼の前の障害物を消して、その先まで見通せることで、全体像を観させ、より真実を把握しやすくするためのように思える。

左右の見方や矛盾を合わせることでより理解ができてくるように、より全体的真実を知ることができるようにするためだろう。

知るとか悟るということは観えるということにも繋がっている。

今まで、6.5センチしか離れていない両目の役割を感じたことがなかったが

今回、人間の顔が実に真実を見やすくできていると感心した。

カメラだって、人間の眼に合わせた6.5センチずれた二眼レンズによる合成写真を作る方がより人間らしい写真がとれるようになると思える。

(今の技術では可能のように思える)

 

 

 

 

 

What is a Soul Meeting ?

12月 30th, 2020

魂の会話って何だ?

When we pursue what we are,
We notice that there are two human beings, the individual self and the true self.

私たちは自分自身とは何かと追及していくと、
個々の我と真の我の二人いるに私たちは気が付きます。

Individual self is self
The true self can be expressed as a soul.

個々の我は自己であり、
真の我は魂であると表現できます。

Depending on where we focus our consciousness
We can see the difference between the self and the soul.

我々の意識の焦点をどちらに置くかによって、
自己と魂の違いを私たちは把握できます。

Soul 魂 Self 自己
No consciousness of self or others
自他の意識がない
Consciousness of self and others
自他の意識がある
No life or death
生死がない
There is life or death
生死がある
Eternal life
永遠の命
One life
一度の命
Watch life and death above and below the waves
生死を波の上下で観る
See life and death as existence and nothing
生死を存在と無と観る
Reborn
生まれ変わりがある
No rebirth
生まれ変わりがない
Same direction to live
生きる方向が同じ
The direction of life is different
生きる方向が違う

When we think by ourselves,
By all means, we are trapped in our own narrow world and cannot see the truth.

私たちは自分一人で考えていると、
どうしても、私たちは自分の狭い世界に閉じこもり、真実が見れなくなります。

The purpose of the soul meeting is about once a month,

魂のミーティングする目的は月に一度くらいは、

we talk together in a place of soul

Where there is no boundary between ourselves and others,

Let’s inspire each other and explore tomorrow’s own way of life.

自他の境がない魂の場でともに語り合い、

触発しあって明日の自分らしい生き方を探ってみよう。

Our own way of life is the way of life that we really want.

私たちの自分らしい生き方とは本当の自分が望む生き方です。

There are some rules for soul conversations.

魂の会話をするにはいくつかのルールがあります

1.Divide into groups of up to 6 people with similar directions
似た方向性の6人以内のグループに分ける

2.Listen equally to all participants
全員の話を平等に聴く

3.Do not stop talking within the time limit
制限内の話をさえぎらない

4.Just a question to understand the story, Never give an opinion, criticism or praise
その話を理解するための質問だけにし、意見や批判・賞賛はけしてしない

5.Don‘t say your opinion at that time, but present at the next Soul Meeting
その場では意見を言わずに、次回の魂会話の場で発表する

If we remove this rule,
Many of our meetings are one-way or yelling.

このルールを私たちは外すと、
多くの私たちのミーティングは一方通行か怒鳴り合いに陥ります。

This soul meeting will be held in 5 stages.

この魂のミーティングは5段階で行います。

1,Run in small groups /少人数で

The number of people who can easily communicate with everyone in one conversation will be 6 or less.

一度の会話でみんなと打ち解けやすい人数は6名以内でしょう。

2と3, Start with self-introduction

自己紹介から始める。

  • Name and where you came from /名前とどこから来たか
  • What are you doing now /今何してる
  • What are your interests, worries, and dreams? /興味・悩みまた夢は?

4.Next theme decision /次のテーマを決定

If this is our first time, decide on this theme /始めての場合は今回のテーマを決める

5.Present the theme with everyone /テーマを全員で発表

Presentation about the theme decided last time/前回決めたテーマについてプレゼンする

Organize our own opinions, in a month without soul meeting /魂ミーテングのない1か月間で意見を各自整理

The first person gives a rough opinion such as impressions and associations about the theme. /始めての人はそのテーマについての感想・連想などざっくばらんな意見を出す。

 

Soul Meeting Method
ソールミーティングの方法

One free ZOOM meeting will be organized within 40 minutes

一回の無料のZOOM会議が40分以内に合わせ、プログラムを組んでいきます

  • The sole meeting is a group of up to 6 people
    ソールミーティングは6人以内のグループで
  • Brainstorm at a zoom meeting
    ブレーンストーミングをズームミーティングで
  • Divide every 40 minutes
    40分毎に分けて行う
    (Free ZOOM is within 40 minutes無料のZOOMは40分以内のため)
  1. Self-introduction (5‘ per person x 6 = 30 minutes)
    自己紹介(1人5分×6=30分)
  2. Agenda decision (10 minutes)
    議題決定(10分)
  3. Two presentations(15’talk + 5’question=20’x 2 people)
    二人のプレゼン(話15分+質問5分=20分×2人)
  4.  Two presentations(15’talk + 5’question=20’x 2 people)
     二人のプレゼン(話15分+質問5分=20分×2人)
  5.  Two presentations(15’talk + 5’question=20’x 2 people)
     二人のプレゼン(話15分+質問5分=20分×2人)

Time and schedule will change depending on the number of participants and the theme

参加人数やテーマによって時間や予定は変更していく

We will hold a soul meeting in the evening of the full moon so that our consciousness can feel the universe of the sun, moon and earth.

私たちの意識を太陽月地球の宇宙を感じるように、満月の夕方に魂ミーティングを開催します

19:00 to 22:00 of the Full moon

満月の19時 ~ 22時

Participation fee in the natural economy
自然経済における参加費

 

Artificial economy
人工経済
Natural economy
自然経済
Money that doesn‘t rot as non-living things
生きていないモノとしての腐らないお金
Rotten money as living humans
生きている人間としての腐るお金
Credit currency with positive interest
プラスの利息が付くクレジット貨幣
Sharing money with negative interest
マイナスの利息が付く分かちあう貨幣
Credit basic system by central bank
中央銀行による貸借基礎システム
World Basic Income with Transaction Tax
取引税によるワールドベイシックインカム
Plus participation fee (charged)
プラスの参加費(有料)
Minus participation fee (free or reward fee)
マイナスの参加費(無料または謝礼費

Challenge the natural economy By donation!

To the first year membership fee (free)

and the reward from the next year

寄付による、自然経済にチャレンジ!

初年会費(無料)と次年からの謝礼金へ

If you would like to participate, please email below.
We invite you to the Soul ZOOM conference.

参加なさりたい方は下記にメールしてください。
魂ZOOM会議にご招待します。

⇒ Inquiry participation form mail of soul meeting

⇒魂ミーティングの問合せ参加フォームメール

 

How to know the truth

12月 20th, 2020

如何に真実を知るか?

Let’s Find out how from proverb.
諺から探ってみよう。

There are three typical proverbs to get out of the maze.

迷路から抜け出す代表的な三つの諺がある。

The first is  /一つ目は・・

Blind men comment on the elephant  /群盲象を評す

The second is /二つ目は・・

Can‘t see the FOREST for the trees  /木を見て森を観ず

The third is /三つ目は・・

The frog in the well does not know the ocean /井の中の蛙大海を知らず

The most understandable saying is /最も理解しやすい諺は・・

Blind men comment on the elephant  /群盲象を評す

The meaning is /その意味は・・

Blind men touch and comment on the elephant /群盲象を撫で語る

The saying goes that blind people touch a part of an elephant and argue that it is a true elephant.

盲人たちが象の一部を触って、それを真の象であると言い争っているという諺である。

The struggle of these blind people
Represents the conflict that occurs in one’s own heart

この盲人たちの争いは、
自分の心の中で起きる葛藤を表している。

The meaning of blind men symbolizes the appearance of our ego

群盲の意味は我々のエゴの姿を象徴している

The ego comes from our preconceptions, beliefs, colored glasses, delusions, feelings, devotion, and subjectivity.

そのエゴは我々の先入観・思い込み・色眼鏡・妄想・感情・信心・主観から来るものである。

This one elephant symbolizes the truth.

この一匹の象は真実を象徴している。

The truth can be known from the facts, the big picture, and the objective.

真実は事実・全体像・客観から知ることができる。

Each claim of the blind men represents a lot of information flying around.

群盲それぞれの主張はたくさんの情報が飛び交う姿を表す。

Much information comes from one’s own experience, knowledge, learning, faith, and brainwashing.

多くの情報は自分自身の経験・知識・学習・信仰・洗脳から生まれてくる。

The claim of blind men seems to label the other party as this.

群盲の主張は相手をこうだとレッテル化する様である。

Labeling these people comes from speaking, imposing, evaluating, ranking, and promoting.

こうした人をレッテル化することは話し方・押し付け・評価・ランク・宣伝することから起こる

There are a number of proverbs that describe these out-of-the-box humans.

こうした収拾のつかない人間を表す諺がいくつもある。

The two proverbs introduced earlier 

先に紹介した二つの諺・・

Can‘t see the FOREST for the trees  /木を見て森を観ず

The frog in the well does not know the ocean /井の中の蛙大海を知らず

In addition to these, there are some sayings that give us the wisdom to survive.

これら以外にも生き抜く知恵をえる諺がいくつかある。

Those who grab money do not see people

/金をつかむ者は人を見ず

Count the trees and forget about the forest

/木を数えて林を忘れる

Zeal is a bad servant

/熱心は悪しき召使である

Blinded by love

/恋は盲目

Seeing is believing

/百聞は一見に如かず

How to get out of this self-confidence and social turmoil

こうした自分自身の迷いと社会の混乱から抜け出すには・・

Let’s start by knowing ourselves.

自分自身を知ることから始めよう。

Others with self,
Self with others,
And so on
The self and others exist relatively.

自己あっての他人、
他人あっての自己、
というように
自己と他人は相対的に存在する。

For that reason
The pursuit of self
To your heart, others, the world, the earth of life
It’s always the beginning.

そのために
自己の追及は
自己の心、他人、世界、命の地球へと
限りなく、常に始まりとなる。

These sayings, however, will continue.

これらの諺も、されどとして、続きができてくる。

The frog in the well does not know the ocean

/井の中の蛙、大海を知らず

However, Knowing the blueness of the sky, and

Enjoying the falling petals and the shining moonlight

/されど空の蒼さを知り

花は散りこみ月は差し込むを楽しむ

Any knowledge can be extended to reverse knowledge.

どんな知見も逆の知見に広げられる。

This is because the knowledge itself exists relatively.

知見そのものが相対的に存在するからである。

This change of thinking is done on a daily basis.

この発想の転換作業は日常的に行われている。

Turn negative into positive,

/否定的を肯定/的に、

Turn the pinch into the opportunity,

/ピンチをチャンスに、

From a Moment to Forever

/一瞬を永久に

Motivation switch
Live positively
And so on

/やる気スイッチ
/前向きに生きる
などである

The following negative sayings are also taken positively

下記の否定的な諺も肯定的にとらえられる

  • Blind men comment on the elephant
    群盲象を評す
    however /されど
    If Blind men talk together,
    They can see the true elephants step by step
    群盲も語り合えば真の象に一歩近づく

  • Can’t see the wood for the trees
    木を見て森を観ず
    however /されど
    Can see the forest if look at the trees from the sky
    木を空から観れば森も見えてくる

  • Count the trees and forget about the forest
    木を数えて林を忘れる
    however/されど
    Count the forest and the trees in it, don’t forget the whole thing
    全体を忘れなければ 林とその中の木を数える

  • Those who grab money do not see people
    金をつかむ者は人を見ず
    however/されど
    Watch humans, Money is turned
    人間を観れば、金は回る

  • Zeal is a bad servant
    熱心は悪しき召使である
    however/されど
    Zeal be turned to truth, It become a good companion
    熱心を真実に向ければ良き伴侶になる

  • Blinded by love
    恋は盲目
    however/されど
    Love is the beginning of life
    恋は命の始まり

  • Seeing is believing
    百聞は一見に如かず
    however/されど
    Doing builds confidence
    百見は一行に如かず

Even if you don’t realize the truth

for the rest of your life

If you go one step further to the truth

The truth makes you happy all day

真実を一生涯悟ずとも、

真実に一歩さらに進めば、

真実は一日貴方を幸福にする

 

Wisdom is Simple

12月 7th, 2020

初めて朝陽禅を

近所の恵林寺に参じ、

調身調息調心を学びて

般若心経と四弘誓願を読経する。

座禅 警策 甘茶 講話に到りて、

6時~7時半で閉会す

+++++++

断捨離残活の生き方に通じる

四弘誓願の語尾が度断学成

  • 衆生無辺誓願度(皆の幸せ願い) 
  • 煩悩無尽誓願断(我執苦悩を断ち)
  • 法門無量誓願学(すべておいて学び)
  • 仏道無上誓願成(悟り成せるように)

摩訶般若波羅蜜多心経

観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空 度一切苦厄 舎利子

色不異空 空不異色 色即是空 空即是色 受想行識 亦復如是 舎利子

是諸法空相 不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中 無色無受想行識

無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法 無眼界乃至無意識界 無無明 亦無無明尽

乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得 以無所得故菩提薩埵

依般若波羅蜜多故 心無罣礙無罣礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想究竟涅槃

三世諸仏 依般若波羅蜜多故 得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多

是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪 能除一切苦 真実不虚

故説般若波羅蜜多呪 即説呪曰 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦

菩提薩婆訶 般若心経

このお経をシンプルにすると

照見五蘊皆(すべて空なり)

無老死 無智無得(老いも死もなく、知識も所有もない)

遠離一切顛倒夢想(すべての夢想を捨て遠く離れ)

羯諦 波羅羯諦 究竟涅槃(彼岸へ 彼岸の涅槃寂静に到れ)

断捨離と四弘誓願と般若心境を合わせると

多不用欲をびて

複雑怪奇な執を

想妄想を存から遠く

必少のみし はみなりて

モノかし 皆で分かちせに

シンプルにすると

空学 我断 幻捨 要残 他贈 人活 幸成

さらに簡潔英語にすると

Wisdom is Simple.

(Simple is Best  Design, Knowledge and  World . They are formed by desires that come from selfishness)