Archive for 10月, 2010

人は何もしなければ自然は循環する

火曜日, 10月 26th, 2010

米と麦の自然農法について思うのだが、春麦が実り、秋稲が実るのを毎年自然循環させるとしたら、雑草と同じ方法をとればいいのかもしれない。

 つまり、人は何もしないで、ただ雑草が生い茂り、その雑草の交代が自然に行われればいいことになる。毎年、春も秋も同じ雑草が生える・・・人は何もしなくもそうなる。

 そこで、

もし、人が米麦に対して、何もしないで、もちろん収穫もしないで、米麦が毎年循環できる土地になれるかもしれない。

 でも、収穫して米麦を食べるならば、それを食べた生ゴミや人糞は肥料としてもとの土地にもどして肥料にするなら、米麦人の三者が自然循環することになる。

人は自然の一部である。虫も鳥も、牛もみなそうである。雑草も、病害虫もまたしかり。

つまり、その土地の命の循環を生かされている生物で生死をくりかえし、その種を共存させるような自然循環にすれば、人はほとんど苦労しないで、食べ、働くことができるのではないだろうか。

自然を主して、人が従になってこそ、人は快適な生活が可能になるのではないだろうか。それを逆にするから、えらい苦労をすることになって、自然の反動をうけて、被害をうけるのではないだろうか。

カボチャができた

月曜日, 10月 25th, 2010

 生ゴミのカボチャの種から、カボチャが10個くらい実った。

 雑草とともにできたメロンと同じウリ科なので、実が実ると草も枯れてしまうようだ。

 カボチャの花が咲く9月ころは、青々と立派な草だったが、

そして、花が萎み、そこにカボチャが実ることになると、葉は白くなっていった。

ネットで調べると、窒素分が少なくなったためということらしいので、根元に鶏糞などの肥料を追肥したが、あまり関係なく、根本からどんどん白くなって、葉がやはり根本から枯れていった。

そして、カボチャが実った。

実は大きくないが、できたてのカボチャを食べた。

まだ採れたてなので、実の色が薄黄色で、皮も柔らかい。ミリンと醤油で煮込んで、甘みがまだ少なかったので、砂糖(うちはいつもオリゴ糖を使っている)を入れて、料理して食べた。

柔らかく、味も甘く過ぎないので、ちょうどよく、子供達もきそって食べた。

以前のメロンだが、結局12個できた。そのうち、3つくらいが、甘くておいしい皮がしわになった青いメロンができ、あとは、甘みが少ない赤みのメロンができた。どうして、同じメロンの種から二種のメロンができるのか不思議に思えた。

なお、玄米からできたコシヒカリは収穫したら、一束になった。

野菜も稲も実ると枯れるのがよくわかる。

サケも川をさかのぼり、卵を産むと、死んでいく。

親が子を命がけで、守り育てるのは自然の命の姿であるのがわかる。

命は生死を繰り返し、その実を永続させるのが、「愛の本質」のように思える。

水田を造ってみた

水曜日, 10月 20th, 2010

 雨水を使った水田を造ってみた。雨が降ると、段々畑は湧き水が多く出てくる。その水を溜めれば水田ができると思ったからだ。

 そのとき、10000円で買った家庭用電動耕耘機プロ用を使ってみたが、まったく何もできなかった。単に堅い土の上を車のように前に進むだけだった。おもちゃにもならないので、全部鍬とスコップで造った。刈った雑草を周りの畝の土台にした。

 これで、陸稲と麦でなく、コシヒカリと麦ができるのではないかと思われる。でも、本当に雨水と湧き水がたまるかどうかはさだかでない。

 水田と畑の違いは、畝の凸部に野菜を作るのに対して、凹部に稲を作るということになるとおもわれた。 もっとも、水が凹部にためなくてもできないが。

 

なんとコシヒカリが実っていた

日曜日, 10月 10th, 2010

 春にうちにあった玄米をビニールハウスの水はけが悪いところにばらまいたものだった。玄米は食べるものとしてスーパ-で2年前買ったものだった。あとで解ったのは食品用の玄米は殺菌してあるので育ちにくいようだ。でも、かなり蒔いたので、その中で10粒だけ生き残ったことになる。しかも、雑草とともにはえたのだから、かなり強いものだ。

 コシヒカリはハウス内30センチくらいまでで実っていたので、そこまで、水田として米麦が栽培できるかもしれない。この奇跡の確率で育ったコシヒカリはまさにうす青の黄金色の穂だった。そこからできた100粒の種をどこまで生育させることができるか楽しみである。

自然農の研究

金曜日, 10月 8th, 2010

 さて、いよいよ自然農の研究を開始した。福岡さんの方法が本当に可能なのかを実験することにした。実際方法は、福岡さんは水田稲作をしている途中からの方法だから、雑草畑からの出発する私は別なやり方で実験せざるをえない。

 この自然農の研究過程をブログでは報告しにくいので、新たなホームページ「自然農の研究」を造った。

 既存の畑の土は堅くて、まるで岩を砕いて土にする感じで作業する。大型の耕耘機があったら、あっというまにできるのだが、将来耕さないで、二毛作ができるかもしれないので、じっと我慢して、まずつるはしで砕き、そして、スコップで溝を30センチ以上ほり、その掘り出した堅い石ころのような土を鍬で砕いていく。この作業は雨が降った翌日だと土が雨で柔らかくなっているので比較的楽である。ビニールハウス内の土は雨が入らないので、土がほとんど細かく砕けないので、家庭用の電動耕耘機を9000円くらいで買って、野菜を育てることにした。

 それにしても、畑の土がどうして岩みたいに堅いのか不思議である。相当堅いのは砂岩や泥岩のようなもので、石なのか土なのか見分けがつかないものがある。

 それに、この砕いた土で野菜の苗を育てようとしたが、豆類以外の野菜は生育しないで枯れるか、芽を出さない。特に葉物野菜は育たない。そのため、苦土石灰をまいて、土をアルカリ性にしてから、育てることに再チャレンジすることにした。

 もっとも、野菜育てよりも、メインの米と麦が自給自足できることに主力をおくことにした。それにしても、昔は米麦を二毛作するのがあたりまえだったというが、麦は輸入に頼った方が安上がりだということらしい。

 ここ山梨では、以前は稲作が盛んだったが、お金にならないということで、みな果樹園に転向したと近所の農家さんが言っていた。農業はまさに経済志向でどんどん変わってきたのだろう。