Archive for 9月, 2015

やっとリフォーム完成

木曜日, 9月 24th, 2015

東武東上線 上板橋から歩いて7分

9坪の木造二階建てアパート 岡部荘1F2F

壁はモンドリアン風にペイントした

北正面

syoumen1西右と南背面

migi-usiro

東側隣家から

nisi1

一階は押し入れを取り払ってワンルームにした

南側の居間六畳だったところ

石膏壁を外し 1センチのボードで壁外側に組み込む

壁はどこでも棚として 壁掛けとして 自由にデザイン加工できるようにした

minami-ima1

この居間からキッチン方向の元押し入れがあったところ

motoosiire1

キッチン

kithin1

風呂 自動 追い炊き キッチン湯にした

huro1

トイレは和式をウォシュレットの洋式に変えた

toire1F

二階

外階段は鉄骨で音がうるさいので セメントで石階段に変えた

また階段下に入れるように正面壁を打ち抜いて出入り収納できるようにし

外や屋根の排水も流れるように排水路を作った

kaidan1

6畳和室

tatami6jyou1

砂壁だったところを白ペンキで固め塗装し

畳は張替 窓に付いていたクーラーを冷暖房エアコンに新しくした

キッチンとダイニング

kichin2F

 

風呂とトイレ床から壁全部取り壊し 風呂内で沸かしていたものを外壁に追い炊き自動式に変えた 配管下水器具バスタブ設置をガス管設置以外全部自分でやったので 使えるかどうかが一番心配だった。特にリモコンの配線があっているのかが心配だったが、無事湯が出たときには大喜びした。

huri2f

トイレもそうだがセメントとタイルを破砕していくのが大変だった

和式を洋式にするには排水の位置が違うので それが合うようにし、二段になっているのを平たくして 上水の配管の位置も変更した。

塩ビの水道管を取り付ける際 オスとメスの両方に接着剤を付けないと漏れることを知らなかったので 片方だけつけてしまい、なんども水漏れし、ネットで原因検索し、五度目でやっと全上水道管が漏れずに流れるようになった。

toire2F

近くに にりん草公園がある

nirinsoukouen1リフォームをしながらダイエットのために近所を散歩する時は

この にりん草公園からスタートして帰ってきた

おかげで 19キロ減量できて まだやや内臓脂肪が過多ではあるが普通体重になって一年リバウンドとリダイエットを繰り返しながらなんとかキープしている

山梨の畑仕事やゴミ倉庫の処理の合間をぬって リフォームしたためか 二年半も時間がかかってしまった。総額150万円使った。

元の家はほとんどの柱が腐っていて まるで腐っていない押し入れの柱二本で支えられ、あとは空中に浮いていた感じだった。それを重量ブロックとセメントと鉄筋で補強し、腐った原因である水はけが悪かった外回りを排水路と配管でよくした。

床下の湿り気をおさえるために、ビニールシートをし、こわしたセメントガラと石膏ボードで敷き詰めた。外壁下はブロック壁を全面にして、水の浸入や柱の補強をした。

最近多い地震や大雨にも安心して住めるように、壁は柱で支えるのではなく 箱形面で支える工法を採用した。

なお

ここの地主は近くの延命寺である。

enmeiji1

家の前の道路が狭いため、新築はできず、リフォームだけできるところである。

駅近く、スーパーもスポーツ施設も病院もあり、車で来ても24時間最大800円の駐車場がけっこうあるのでけっこう便が良いところで住みよい場所である。

 

因果は真実 応報は嘘八百

土曜日, 9月 5th, 2015

因果応報とは仏教からきた言葉で悪因悪果・善因善果の意味だが

これは古今東西 真実であろうか?

そもそも善悪そのものがはっきりとはしないし、善悪がはっきりと感じるのは人が決めた法律を犯すのが悪で、犯さなければ善であるというだけである。

その法律がそもそも悪法であることも、その解釈が悪ということだってある。

世の中に起こる病気や事故災害や飢餓戦争がみな悪因悪果だとはとてもいえないし、因果応報は真実ではなく、法や道義を守らせるための戒めであろう。

しかしながら どんな結果にも原因がある因果は真実である。応報だけが努力や評価が必要な人為的な行為であり、確かなことではなく、真実ではない。

洋式トイレに立小便する時 小便が二又に分かれて どうにも便器から漏れてしまう。漏れないように毎回工夫をするが完璧にはできないでいた。

NHKのためしてがってんの番組で 立小便して汚さない方法は12センチ以内にチンチンを便器に近づけなければ 便器も便器外の床も壁にしぶきが跳ねるという実験結果をみた。

洋式トイレでは面倒でも座ってチンチンを押し下げて小便するしか完璧に汚さない方法であることを知った。

トイレを汚すことは悪果であるとしたら、立小便は悪因になるが、立小便は法的にも道義的にも悪行ではなく、日常的普通の行為であり、また男らしさからいえば善い行為とも言えさえする。

立小便ひとつにとっても 因果は真実だが 応報は真実ではなく、そこに法律や道義や技術があっても無駄な努力行為である。

原発稼働させるだけで数百万年も有害な放射性廃棄物を作り出し、それを無害化させる技術も 保管したり捨てることもできない現状はまさに悪因悪果であり、原発させることがそもそも100万年も続く人的事故なのである。

原発稼働させることは法的には悪くはないし、温暖化を防ぐCO2を出さずに電気を生産できるのは善行にもなりえる。だが100%安全な原発はありえないし、単に津波対策したくらいでは 世界のテロや戦争また隕石が落ちたり地震火山などの自然災害の危険さえもある。

原発事故を完全に防ぐ方法は原発を廃炉にするしかない。さらにいままでの悪因である原発稼働による放射性廃棄物の無害化や事故処理も何世代もかけて取り組まなければならない。

どんな病気も事故も その原因を取り除かなければ延々と続くことになる。

世界の金融恐慌は借りた金銭を返済できない状況が原因であり、世界の飢餓貧困はそもそもカネが最初からないのが原因である。借りたカネは利息を付けて返すという信用経済で成り立つ金銭システムは100%安全であろうか? ましてカネが無ければ生きていけない世界は健全な経済また自然なことであろうか? 人類以外の生物はカネがなくても生きていけるのは真実ではないか?!

飢餓貧困や金融不安の原因は金銭システムが借りたカネを努力して返すという不確かな信用で成り立っているからである。もし借りたカネを100%返せる金銭システムにすれば世界の飢餓貧困はなくなることだろう。

因果は真実であるが、応報は真実ではなく 嘘八百 洗脳である。