Archive for 7月, 2013

手軽にできるベイシックインカム貨幣の実践

水曜日, 7月 31st, 2013

 貨幣改革の理想を持っているが、それを実現するにはどうするか?その方法はトップダウンの政治活動と、ボトムアップの市民活動である。

 まずトップダウンは著名人がやりやすいが、ボトムアップは無名人がしやすい。そこで、日銀法を変えることなく、新貨幣改革を市民活動でやれる方法がある。

 貨幣改革とは「貨幣分配の変革」であるから、それを参加者で行うことができる。

 例えば、ある大手銀行と次にように契約する。

1,参加者は新たに、参加者のBI氏名で口座を開き、寄付金をいつでもいくらでも預金する。

2.現行はその預金口座の金額の年10%を貨幣改革BI口座に送金する。

3.集まった全金額を平等に分け、参加者全員に返金する。

 これで、BI新貨幣のシミュレーションができる。これはいわば子供のときに貯金箱に余った小銭を入れて貯め、将来に備えるようなものである。

 この貯金箱は社会貯金箱であり、BI保険でもあるだろう。

この世の話

日曜日, 7月 28th, 2013

 あの世が自然と一体、神様仏様と一体になるってことを話した。ならば、この世って何だろう? この世で最も大事なものは・・・・・あの世にはけしてないものだろう! それは何だ?!

 あの世は無我の世界であるから、この世は逆の有我の世界である。故に、この世で最も価値があるのは有我である。有我とは自分が有ること、自分が存在するということである。

 自分が最も生き生きとしている状態を「自由」という。そのため、自由でないことはこの世で最も最悪であり、価値のないものである。

 最も価値のある「自由」に問題が生じるのは、すべて生きとし生けるものには自由が有るということであり、それらの自由同士がぶつかり合い戦争をすることであろう。そして、より強い者が弱い者よりも、より自由を手にすることができる。

 さらに、問題を大きくするのは強い者は弱い者を隷従させて、その力でより自由を大きくすることである。

 個人同士において、その能力の差はそうあるものではないが、その能力を無限に大きくするのはその個人を支える多くの個人の能力である。それを社会的能力の増大ともいえるものだろう。

 その社会的能力が、一個人の自由を全国民が支えるようになると、それは独裁国家となり、不自由の人が多く、自由な人が1人となると、不満が多くなり、その国家社会は崩壊してしまう。

 そこで、自由が最も価値あるこの世においては、お互いの自由を調整させることが社会的努めになってくる。

 個々の自由の暴走を調整するのが、好んで不自由になろうとする心がある。それが「愛」である。愛は相手も自分も、その自由を増大させたり、縮小させたりすることができるからである。

 人は食べ物がないとこの世は生きられない。その食べ物をすべて自分のものにしょうとする自由があると同時に、その食べ物をみんなで分けようとする愛もある。その食べ物だって、みな好きずきがあるし、食べられる量だって違ってくるので、自由と愛は常に決まった一つのものではない。

 そのため、自由と愛にとって、最もバランスがいいのは「個性的」であることだろう。となれば、個性的な国民が多く住んでいる社会がこの世で最も永続できる国だといえよう。

あの世の話

土曜日, 7月 27th, 2013

 死んだら終わりや! とはいうが、そこは生まれる前の世界なんだから、
 死んだら始まりやで~! とも言える。

 死んだら何もかも無くなる! とも言うが、一体何が無くなるというのだろうか?
 死んでもまだ肉体も残っているし、その心も残っているので、すべてが無くなるというわけではない。では命が無くなるということであろうか? いや、無くなるのはその人の命だけであって、まわりの命も人類の命も無くなるというわけでもない。
 自分の命というのは、過去現在未来の人類の無数の命の一つにすぎないとなれば、何もかも無くなるというのはかなり大げさなことである。
 では一体何が無くなるというのであろうか? 自分の意識ということであろうか? しかし、寝ている時は無意識であろうし、過去の意識は記憶もされるので無くなるというわけもない。未来の意識とても、その方向に向いていたという意識は遺産の中にも残るものであるから、意識が無くなるということもあてはまらないだろう。

 つまり、死んだら何もかも無くなるのでなく、何もかも無くならないということではないだろうか!

 では死ぬということはどういうことであろうか?

 生まれる前と死んだ後の世界において、生きている世界と決定的に違うのは無我であることだ。死ねばみな仏というが、仏は無我の境地を名付けたものであるから、やはり、死ねばみな無我になるといえるのではいだろうか。

 もし、無我の境地になったとしたら、世界はどのように見えるだろうか? 古今東西の人々はみな一つの人と同じになる。人だけでなく、命あるものすべてが一つになる。いわば、自我を持つ人が死ぬと無我になり、今地球上に生きているすべての命と一つになるということになる。

 では生きとし生けるものだけかというと、無生物であるものすべてともいえるのである。なんせ無我であるから、動物でも植物でもないということになるので、それは無生物である鉱物でもある。

 となると、人が死んでから焼かれれば二酸化炭素や水蒸気にもなるし、骨にもなるので、いろいろな鉱物にもなるというのは当然であろう。

 となれば、無我の境地である死んだ人はこの世のあらゆるものと一体になるともいえるし、あらゆるものになるともいえるのである。

 つまり、死んだら自然に帰るというより、自然になるといった方がいいだろう。死んだら、星や風になるというのも単なるロマンだけでなく、それも真実だといえるだろう。

 ただ、死んだら天国にいくか、地獄へ行くかということはあまり真実身がない。死んだら、天国も地獄も、この世も、みな一つになり、その人はそれらと一体になるといった方が真実であろう。

国民の意志が逆に反映される選挙

水曜日, 7月 24th, 2013

 今回の参院選で、自民党が圧勝したというが、それははたして国民の何パーセントが指示したのだろうか?

 まず投票率は52.61%である。自民党の比例の得票率は34.7%であるから、絶対得票率は0.52,61×0.347=0.1825567であり、有権者の18%が自民党を支持しているという結果であり、実質的には自民党は圧勝ではない。

 では逆に、与党(自公)に対する野党の絶対得票率を計算すると、公明党の比例得票率は14.2%であるから、与党の得票率は48.9%である。そのため、野党の全体の得票率は100-48.9=51.1となり、51.1%であり、与党より多く、過半数を占める。その絶対得票率を0.5261×0.511=0.2688であり、29.9%となり、自民党よりも1.6倍も指示されていることになる。

 この絶対得票率と入選した議員の党を比較すると、

絶対得票率
与党:野党 25.7%:29.9%=10:12
入選した議員率
 与党:野党 76人:45人=10: 6

これは選挙制度によって、国民の意向が反映されず、逆の少数意見の暴走を許す結果である。

 それは脱原発の国民アンケートと与党の方針の差に如実に表れている。朝日新聞の世論調査では原発やめるが71%、やめないが18%である。しかし、現在の与党は積極的に海外への原発輸出をトップセールスしているので、やめないどころか、原発すすめているのが与党である。

 国民の意志が反映される選挙であったならば、脱原発のアンケートと同じ方針の与党になったはずである。

 つまり、現選挙制度では国民の意志は政府に反映されないという結果であり、また、少数与党の暴走を許す選挙制度であることを証明するものである。

必要ある者に必要なお金を与える分配法

火曜日, 7月 16th, 2013

▼ お金とは世界中の商品と交換する証券である

 その商品とは今ある商品・サービス・権利また金融商品だけでなく、未来に生産される商品も含むものである。

 そのため、お金とは世界中の商品を全人類で分け合うために発行されると定義してもいい。

▼ その分配方法は二つある。

 一つは原始部落のように等しく分け合う。
 二つは現在の資本主義社会のように、より優れた者(強い者)により多く与える。

 より優れた者により多く与えるシステムは、発行したお金をより能力にある者に貸し出すことであり、それが現在の中央銀行である。

 しかし、平等に分けるシステムが不十分であり、それがなかなかできないのは、人間は生まれながらにして平等ではないこと、そして、能力の優劣の差が決められることではないことである。

▼ 必要ある者に必要なお金を

 この矛盾する二つの分配方法を止揚すると、次の分配方法に落ち着く。
 それはちょうど商品の値段が需要と供給で決まるように、配分することだ。

 その人が今必要とする商品を与える。より貧しく能力がなさそうな人も、より豊かな能力ありそうな者にもより商品が必要である。

 それぞれの個性があるように、それぞれの必要に応じて商品を分配することが両方法を満足させ、矛盾を調和することができる。
▼ その方法

1.人が生きていくのに最低限のお金を国民平等に毎月与える。
2,個人と法人が持てる最高限のお金を決める。
3,国民が要求する内容に合わせたお金を配分する。

 これらの分配を人手による税の徴収ではなく、お金に寿命があるごとく、お金をすべて電子マネーにして、
減価する(マイナスの利息が付く)貨幣にすることで、自動回収することで可能になる。

▼ その理念

 お金も商品も命のような寿命として扱うならば、その寿命を100年としたら、年1%の減価として保有税を自動徴収するように設定できる。ほとんどの商品は100年の寿命はないが、貴金属や不動産そして金融商品にはある。それを持っていれば、その時の資産価値の1%を銀行から自動徴収する。お金そのものもそうである。

 そして、その売買による所有者移転の際は両者から1%の売買税を付け、それが外貨との為替である場合、外貨の国へ1%、国貨に1%と平等に売買税をつけることである。

 この自動分配を法制化すると、税制や保険制度も簡素化され、議員が政党を投票する選挙制度も国民が直接予算分配できるような制度になることができる。