Archive for 4月, 2010

やっと

木曜日, 4月 29th, 2010

 やっと終わった。親子の家を一つにする計画をしてから1年間のプロッジェクトの完成である。家探しが一番時間がかかったが、一番きつかったのは新居のリフォームである。

 まだまだリフォームは100分の1くらいしかできてないので、これからが本格的なリフォームで、数年かけて完成させる新プロジェクトである。

 終わりは次の始まりである。

 まずは荷物を整理することからだ、終わりのない旅がまた始まる。

やれやれ

水曜日, 4月 28th, 2010

本日28日で引っ越し最終日だ。

アパートは入る前より出るときの方がもっと美しくするのが私のモットーである。

ばっちり掃除しておいた。

以前、完璧に掃除したのに、不動産屋に掃除代金を敷金から20000円引かれたので頭にきたが、今度の不動産屋もそうかもしれないので、専門のクリーニング業者の分はいくらか残しておいた。汚れは半分とるのにとどめた。

引っ越しはこれで終わったわけではない。新居の方は荷物を積み込んだままの悲惨な状態だ。勉強と同じで、引っ越し作業は一生続くのかもしれない。

同じ場所でも引っ越し作業を少しづつやっていくのが日常生活かもしれない。

新居から始めての発信

月曜日, 4月 26th, 2010

 子ども達が土日しか手伝えないので、昨日までのほとんどの荷物を新居に運んだ。軽トラの4往復だからかなりのものだった。夜はすぐに寝るだけ。起きたら、何がどこにあるのか探すのでおろおろした。

 ネットと電話をつないで、とにかく一時的な部屋で仕事ができるようにした。自分の仕事場は壁紙の張り替えも、フローリングも床をはがした状態でとまったままだからだ。

 何かをしだすと、それが気になって、ついそれを終わらせてしまうくせが出てしまう。何から手を付けて良いのか迷うばかりだ。それで、真っ白になった頭の中を・・・

 とにかく

今何が大事なのか

今すぐにやらねばならないことは何なのか?

これを整理することにした。

待ってくれない時間を優先することにした。

このブログのようなものは、休憩というか、頭の整理時間ということになる。

それにしてもくたくただ。

還暦にしてはよく動く自分に感心している。

自分をほめないと力が出てこないからだ。

ツイッター人気には理由がある

土曜日, 4月 24th, 2010

 昨日、テレビで、1人の女の子のネットが、9割ツイッターで、1割ミキシーをしていた・

私は時代についていくのが遅く、ツイッターをしたことがないし、ただそれが人気だというだけを知っている。

その人気がアメリカのオバマ大統領さえもしているというので、びっくりしていた。

こうした時代の流れを振り返ってみると、自分のホームページ作りの主流に変化がある。

ホームページにおいて、一番の人気は掲示板である。その掲示板が変化した。

1.掲示板

2.ブログ

3.ミキシー

4,ツイッター

 と時代は流れている。

 この流れから、何が一番大事なのかがヒモとけるのだ。

 社会とのつながりが人が最も求めていることだということだ!

ホームページを作っても、それを見てくれないとやる気がなくなる。

そこで掲示板を開設すると、いくらかでも感心ある人が投稿してくれる。

しかし、掲示板は迷惑メールのような投稿でアラされる。

そこで、迷惑メールを規制できるブログが生まれる。

ブログは単なる日記だが、それを読む人がホームページよりも大きくなる。

自分の考えよりも、毎日の日常生活の姿の発信に社会の大きな意味があるという意味でもあろう。

次に、

ブログ同士をつなぐミキシーがはやる。

それは同じ志を持った者同士がつながえあえるからである。

そして、ツイッター人気の時代がくる。

ミキシーでは、ブログを簡単に書くことでつながるが、その文章が長く読むのが大変だからだ。

たくさんの友人の輪(マイミク)が増えると、読むだけの時間も、また書く時間もなくなるからだ。

そこで、リアルに自分が今しているつぶやきを一言発信することが最も社会とのつながりが大きくまた密になれるということになる。

つまり、

どんな思想であれ、どんな生活をしようと、人は誰かと日々つながっているという確信が生きる力を与えてくれているということではないだろうか。

ツイッターしてみようかな?

でも、今日から引っ越しと畳を入れる日だから、余裕がない。ゆっくり時間ができたら、ツイッターに挑戦してみよう。

コメントが開かない?

木曜日, 4月 22nd, 2010

どういうわけか、コメントが表示できなくなっている。

ののさんへの返事をしようと思ったら、できない状態だ。そこで、ここで話をします。

中古住宅はリフォームしてあるかどうかは大きなポイントだってことが今回大きなことだと感じました。

修理は自分でほとんどするので、自分で家を新築するような感じで楽しいものですが、今回は時間を1ヶ月しかとっていなかったので、それが失敗しました。

せめて、2ヶ月間~3ヶ月とって、リフォームすればよかったと思いました。次から次へといろいろな不備な点が出てきたことは予想がつきませんでしたから。

このブログの修理も時間がかかりそうなので、家のリフォームを先に優先してやることにします。