Archive for 4月, 2010

やっと

木曜日, 4月 29th, 2010

 やっと終わった。親子の家を一つにする計画をしてから1年間のプロッジェクトの完成である。家探しが一番時間がかかったが、一番きつかったのは新居のリフォームである。

 まだまだリフォームは100分の1くらいしかできてないので、これからが本格的なリフォームで、数年かけて完成させる新プロジェクトである。

 終わりは次の始まりである。

 まずは荷物を整理することからだ、終わりのない旅がまた始まる。

やれやれ

水曜日, 4月 28th, 2010

本日28日で引っ越し最終日だ。

アパートは入る前より出るときの方がもっと美しくするのが私のモットーである。

ばっちり掃除しておいた。

以前、完璧に掃除したのに、不動産屋に掃除代金を敷金から20000円引かれたので頭にきたが、今度の不動産屋もそうかもしれないので、専門のクリーニング業者の分はいくらか残しておいた。汚れは半分とるのにとどめた。

引っ越しはこれで終わったわけではない。新居の方は荷物を積み込んだままの悲惨な状態だ。勉強と同じで、引っ越し作業は一生続くのかもしれない。

同じ場所でも引っ越し作業を少しづつやっていくのが日常生活かもしれない。

新居から始めての発信

月曜日, 4月 26th, 2010

 子ども達が土日しか手伝えないので、昨日までのほとんどの荷物を新居に運んだ。軽トラの4往復だからかなりのものだった。夜はすぐに寝るだけ。起きたら、何がどこにあるのか探すのでおろおろした。

 ネットと電話をつないで、とにかく一時的な部屋で仕事ができるようにした。自分の仕事場は壁紙の張り替えも、フローリングも床をはがした状態でとまったままだからだ。

 何かをしだすと、それが気になって、ついそれを終わらせてしまうくせが出てしまう。何から手を付けて良いのか迷うばかりだ。それで、真っ白になった頭の中を・・・

 とにかく

今何が大事なのか

今すぐにやらねばならないことは何なのか?

これを整理することにした。

待ってくれない時間を優先することにした。

このブログのようなものは、休憩というか、頭の整理時間ということになる。

それにしてもくたくただ。

還暦にしてはよく動く自分に感心している。

自分をほめないと力が出てこないからだ。

ツイッター人気には理由がある

土曜日, 4月 24th, 2010

 昨日、テレビで、1人の女の子のネットが、9割ツイッターで、1割ミキシーをしていた・

私は時代についていくのが遅く、ツイッターをしたことがないし、ただそれが人気だというだけを知っている。

その人気がアメリカのオバマ大統領さえもしているというので、びっくりしていた。

こうした時代の流れを振り返ってみると、自分のホームページ作りの主流に変化がある。

ホームページにおいて、一番の人気は掲示板である。その掲示板が変化した。

1.掲示板

2.ブログ

3.ミキシー

4,ツイッター

 と時代は流れている。

 この流れから、何が一番大事なのかがヒモとけるのだ。

 社会とのつながりが人が最も求めていることだということだ!

ホームページを作っても、それを見てくれないとやる気がなくなる。

そこで掲示板を開設すると、いくらかでも感心ある人が投稿してくれる。

しかし、掲示板は迷惑メールのような投稿でアラされる。

そこで、迷惑メールを規制できるブログが生まれる。

ブログは単なる日記だが、それを読む人がホームページよりも大きくなる。

自分の考えよりも、毎日の日常生活の姿の発信に社会の大きな意味があるという意味でもあろう。

次に、

ブログ同士をつなぐミキシーがはやる。

それは同じ志を持った者同士がつながえあえるからである。

そして、ツイッター人気の時代がくる。

ミキシーでは、ブログを簡単に書くことでつながるが、その文章が長く読むのが大変だからだ。

たくさんの友人の輪(マイミク)が増えると、読むだけの時間も、また書く時間もなくなるからだ。

そこで、リアルに自分が今しているつぶやきを一言発信することが最も社会とのつながりが大きくまた密になれるということになる。

つまり、

どんな思想であれ、どんな生活をしようと、人は誰かと日々つながっているという確信が生きる力を与えてくれているということではないだろうか。

ツイッターしてみようかな?

でも、今日から引っ越しと畳を入れる日だから、余裕がない。ゆっくり時間ができたら、ツイッターに挑戦してみよう。

コメントが開かない?

木曜日, 4月 22nd, 2010

どういうわけか、コメントが表示できなくなっている。

ののさんへの返事をしようと思ったら、できない状態だ。そこで、ここで話をします。

中古住宅はリフォームしてあるかどうかは大きなポイントだってことが今回大きなことだと感じました。

修理は自分でほとんどするので、自分で家を新築するような感じで楽しいものですが、今回は時間を1ヶ月しかとっていなかったので、それが失敗しました。

せめて、2ヶ月間~3ヶ月とって、リフォームすればよかったと思いました。次から次へといろいろな不備な点が出てきたことは予想がつきませんでしたから。

このブログの修理も時間がかかりそうなので、家のリフォームを先に優先してやることにします。

今、ネットと電話がつながった

水曜日, 4月 21st, 2010

AUの電話とADSLネットのセットになっているAU ONEに入って、1ヶ月後にNTT工事の人が来てつながった。

その工事の人はこの段々畑の家がどこにあるのか迷ったみたいで、その電話の切り返しが数百メートル離れた道路にあり、最初はゴミ処理場の配線かと勘違いされたみたいで、笑ってしまった。

NTT工事といっても、みな遠くで電話線をつなぐだけで、屋内はその電話信号に来ているかどうかをチェックするだけである。

工事の人はあとはみな自分でやってくださいという。わからなかったら、AUのサービスの方で聞いてくださいということだった。

NTT工事の人からわかったこと。

1.既存の電話線が4本あるのはどうしてか?

 電話が2回線使えるようになっている。今回は1回線だけの信号を通す。

2.ADSLと電話は1本の線でいいのか?

 1本の既存の電話線で、そこに二つの信号が通るだけである。

3,その電話線に直接つないでも電話は使えるのか?

 電話だけでも使えるが、ADSLを使う場合は、電話線→ADSLモデム→電話とパソコンというようにすると両方使える。

 さっそく、自分の携帯にどちらの方法でも電話してみた。つながった。さらに、ADSLモデムにパソコンをつないだら、そのままネットもメールも今まで通り使えた。

 NTTの光の場合は、ネットのブロバイダーとの設定をしなくてはならないのでかなり面倒だった。AUの場合は、電話もADSLもブロバイダーも1つなので、実に簡単だった。

 付属のCDやら、セットする方法が書かれていたが、そんなことは何もする必要なくネットにつながり、メールも電話ができたので実に簡単だったのでびっくりしてしまった。

 AU電話からAUの携帯への電話はすべて無料ということで、AUの電話にしたのである。でも、ケーブルテレビの方との契約をしているから、ダブルで、ネットの使用料を払うことになるが、よく考えてみれば、既存の電話線に、地デジの信号も送れるのではなかろうか?

そうできれば、ケーブルテレビはAUのようにNTTの電話線を借りるだけで、NTTの光のように、地デジ信号を送れるのではないか。

もし、既存の電話回線の容量が少なければ、そこに増幅器を入れて、信号の容量を多くすればできるように思うのだが、どうなのだろう?

光ケーブルだったら、容量が大きいので、増幅器なしに、みなできるはずである。

ケーブルテレビとNTTとが各電話会社とブロバイダーが光ケーブルで1つになれば、実に安価にどこの田舎でも、電話もネットも使えることになるだろう。

それにしても、信号の取り合い合戦が世界中で繰り広げられているような気がする。信号ほど共存して便利なものはないように思えるのだが、どんなものだろうか。

あと1週間

水曜日, 4月 21st, 2010

 28日の引っ越しまであと1週間とせまってきた。

 それまでに、とにかく住める空間と生活用具を確保しなければならない。

 この中古住宅のもっとも困った問題は水回りである。下水・上水ともつまったり、もれている箇所がいくつもあり、それを修理交換することが非常の困難だった。

 修理といっても、古すぎてそのの部品がない。新しい代用品で作り直すのが大変だった。電気温水器はリモコンが壊れており、それを東芝のメーカーに修理に来て貰ったが、そのリモコンはないというので、修理不能だった。外の本体で最低限の設定しかできなかった。この温水器は10数年たっており、いつ壊れてもおかしくないが、新しくエコ給湯器に代えると50万円くらいかかるようだ。予算なしで却下した。

 浴槽は割れていたので、そのメーカーは修理屋でもわからなかったため、この家を造ったパナフォームに連絡して、同じ浴槽を取り寄せることに成功した。しかし、問題はその排水のパイプ交換だった。洗濯機のジャバラのような長いホースで、外の下水溝に流していたが、そのホースが外の下水溝にとめられていて、抜けない。

 そこで、外の下水溝をみたら、その蓋がコンクリートで固められており、それを破壊しなければ開けられない。パナフォームの者にきいたら、昔はいちいち破壊して、下水溝をあけていたこともあったという。

 そこで、選択は2つ、下水溝を破壊するか、昔のジャバラホースの下水管をそのまま使うかである。私は時間がないので、後者にした。そのため、新しい下水ホースと古い下水ホースのジョイントを創らないとできない。そのジョイントの部品がなく、やむなく自分で手作りすることにした。

 そこから水もれがしてもいいように、下のビニールシートを敷いて、その水が下水管に流れるようにしておいた。新しくきた浴槽はどうやら修理されたようで、下水のホースジィントがべっとりパッキンされていた。古い浴槽はそれがしてなかったので、そのジョイント部分から、相当水漏れしていたと思われる。ひび割れもあったから、浴槽の下の土は粘土のように湿っていた。

 排水がしっかりできないで、浴室はカビだらけになっていたので、ペンキとプラスチックタイルで張り替えすることにした。

 またの問題は、キッチンのお湯との混合水栓が壊れていたので、温度調節と水量調節ができなかった。それを交換するのが一苦労した。それがはずれないのだ。下の大きなネジがどうしても回らない場所にあったからだ。レンチが入らない。そのため、無理して、はずそうとして、水栓を回したら、温水と水の鉄パイプをねじきってしまったが、それでもとれない。

 でも、かなりやらかくなったため、下のネジが手で開けられたので、やっとはずすことができた。こんなレンチが入らない構造をどうして作ったのか、修理することも考えて設計してほしいものだ。

 家を造るときもそうだが、どんな製品を作るにしても、それが清掃や修理がしやすいように、また部品が交換しやすいように設計し、その廃棄する際にも、再生品できるような設計が必要だとつくづく思うのだ。

 環境にやさしいというのは、こうした製品を常に安心して使えられるように、清掃、修理、交換、廃棄、再生までの全体の自然な流れを作ることだと思うのである。

 「ただ作って売ればいい」

 という金儲け主義的な発想が家を26年間でぼろぼろにしてしまい、数百年建っても、壊れない五重の塔の精神がこれから必要とされるだろう。

 家は住めば住むほど快適になっていくようにすべきだと思うのである。

 

 

問題の原因はすぐに解消すべき

火曜日, 4月 13th, 2010

 掃除と改築をしていて、たくさんのぞうきんを全自動洗濯機で洗おうとしたが、終わってみると、洗濯機の床が水浸しになっている。その原因が水道の蛇口とそれをつなぐホースだと思って、すべて交換した。

 もう大丈夫だと思って、ぞうきんを洗濯機にかけて、となりの風呂場の修理と塗装にとりかかっていたら、洗濯機の排水が床にあふれ出していた。

 そんな馬鹿な! 

下水管がつまっていたのか?

 とにかく、洗濯機の排水管をあげて、水漏れを止め、その原因をさがした。

 まず、下水管がつまっているかを調査するために、上水のホースで直接下水の穴にどんどん水を流したが、充分水が流れた。

??????

 なぜ、きれいな水は流れ、洗濯機の排水が流れないのか?

この原因は以前アパートの下水のつまりをなおした状態と同じだったので、何かしらがつまっているのは確かだ。

つまり、車の渋滞と同じで、配水管の半分がつまっているという状態だと思えた。

 そこで、下水のつまりを簡易なとりのぞく長くかたいワイヤーを下水管に通したが、何かかたいものにぶつかって、まったく1m先に入り込まない。こんな感触は始めてである。洗濯のさいでるゴミは衣類のこまかい糸くずであるから、柔らかい感触があり、それをつっつくと、徐々にそれがほどけてくるからだ。

 そこで、懐中電灯で、穴の奥をのぞいてみたら、なんと!

そのつまっていたものが、配水管にゴミが入らないようにする金属の網だった。そんな大きなしかも配水管に入り込むようにはできていない大きな金属の網である。

 どうして???

 排水管の入り口にはくさった丸い金属の輪があり、それがさびて、排水管からはずれていた。そのために、金属網を固定する輪がぬけおりてしまい、排水管と同じ大きさの金属網がそのままストレートに1m近く落ちてしまった。その網に、たくさんの糸くずが付着していたのである。

 こうなった状態は数年前からだろうと思われた。

 というのは、洗濯機のある脱衣場の壁紙はみな剥がれだし、カビが天上や壁一面に付着していたからだ。しかも、隣はキッチンだったが、その床まで腐りかけていたからだ。

 長年、床下に排水がたまった状態でないと、そうならないからだ。

 すぐに、太くて堅いステンレスの針金の先を曲げて、金属網をひっかけ、それを引き出した。その網にはやはりたくさんの糸くずがまるで塗ったかのように、からまっており、配水管の10分の1しか水が流れていなかったのである。

 どうして早く排水のつまりをとりのぞかなかったのか?

 まだ築26年なのに、たった一つの下水のつまりを放置したために、家全体を腐らすことになってしまうことに気が付かなかったのだろうか?

 まるで、小さな怪我を消毒せずに、そのままにしたため、ばい菌が体全体に入り込んで死の病にいたってしまうようなものである。

 家は人と同じである

小さな問題もそのままにせずにすぐに原因を解消すべきであろう。

時間と競争

月曜日, 4月 12th, 2010

 中古住宅といっても、見かけはきれいで、築26年だった。でも、実際住めるようにするには最低限の水回り、ガス・電気・通信などが稼働できている必要がある。

 でも、ガスレンジ・換気扇は壊れていたので交換。しかも特殊な種類なので、価格も10万円と工事に1日を必要とした。

 お風呂は大丈夫だと思いこんでおり、その壁の貼り替えをどうするかばかり考えていた。そこで、お風呂に入った感じでその蛇口の温度調節をまわした瞬間、そのダイヤルから水があふれ出して、止まらない。何度も回して、一時とまったが、すぐにあふれ出した。

 それを止めるには、水道も元栓を止めるしかない。その元栓を止めるには旧式で、特殊な水道局のしか持っていない道具でないと止められない。10センチほどの穴で深さは50センチで、手が入らない。T型コックになっており、そのT型のつまみを長さ1mの鉄の棒ではさんで回さねばならない。

 そんな道具はないので、バスの水栓のつまみの下に止栓があるはずだと思い、手前のカバーをはずしにかかった。4つのボルトがかかっていたが、2つはドライバーあっさりはずれたが、他の2つはネジがさびてしまい、ネジは右にも左でもいくらでもまわるのだが、そのネジを引き出すことができなかった。

 この2つのネジをペンチでつまんでひっぱることもできない。完全にさびて接着している。しかしなんども挑戦したら、指と2カ所も怪我してしまった。ますますいらだってくる。水はあふれだし、血も出てくる。どちらも止まらない。

 そこで、冷静になって、さらに、水道のたぐっていくと、何と、外の水道に元栓がもう一つあることを発見した。水道局の人も気が付かなかったところだ。その蓋をあけると、うでが入り、手で回すことができて、止栓することができた。

 そして、再びさびついたネジを開けることに挑戦した。やむをえないときはカバーを破壊するしかないと思ったが、ふと、釘抜きを使い、ハンマーで思いっきりただいて、ネジの頭の下にくいこませて、引き抜こうとすること1時間かかってそのネジを引き抜いた。用はネジとナットがくっついたまま引き抜いたことになる。

 水栓の中をみたら、そこに止栓はなかった。そして、バス水栓を交換するために、太いネジを回すのだが、その位置が特殊でめがねレンチでしか回せない。しかもさび付いているので、一度ゆるめただけではネジは手で回らない。15センチくらいのネジを延々とめがねレンチで、少しずつ回していく。こうなると、いらつく自分をなだめるしかない。

 「いつかは必ずできる」

 と、詠いながら、まわすこと、30分、大きな2本のネジがとれた。さっそく、近くのホームセンターにいって、それと同じバス水栓を探してもらったが、ほとんどの水栓は壁からひきだされているが、これはキッチンの水栓と同じで、下からの水栓で、売っていない。それを分厚いカタログで探してもらい、注文した。さらに、その水栓の長さが30センチあるのがまた特殊だったので、別に注文するしかなかった。

 この水漏れの水栓を修理するさいに、気が付いたのは浴槽も20センチくらい割れており、そこにテープでとめてあったあとがあった。したから、30センチくらいの上なので、たぶん、風呂の水は30センチまでは溜められて使用していたようだ。

 この浴槽も交換しなくてはならないので、その浴槽もまたシステムバスの一つなので、特殊である。それもホームセンターに注文しようとしたら、係員もそんな注文はうけたことがないので、首をかしげてしまった。

 それにしても、こうした修理できる業者を捜すのは新しく引っ越したので大変だ。その業者の連絡先がとにかくわからない。

 やはり、ネットで探すしかないだろう。田舎にはネットは、年寄りのネットの必要性と同じで必須の生命線だろう。

 それにしても、このバス水栓代金も、1割まけてもらっても、45000円したから、とくかくお金がかかる家である。こうした清掃、改築には自分でやってもその材料費だけでも200万円はかかりそうだ。 

 家を買う際、そうした経費も見抜けないと、予算があわなくなるだろう。

 畑の方は何もしていないので、雑草が伸び始めてきたので、まさに時間との格闘だ。

 それにしても、前の住人はトイレとバスの水漏れだけでも、その水道代はかなり大きな負担になっていたと想像する。ほんの少しも漏れでも、24時間2ヶ月のなれば、2万円近くなってしまうのは、東京の生活でも経験ずみだからだ。修理した方が安上がりだったと思うのだが? 

通信の地方自治化

土曜日, 4月 10th, 2010

 段々畑の一角の家に引っ越ししたときの一番の問題は情報に金がかかることである。

私の場合はネットが仕事を支える土台であり、田舎で東京の仕事をするにはそれはいわば生命線である。

 田舎ではケーブルテレビが主流なので、引っ越し前の3ヶ月前から、そこの光に入ろうとしたが、私の家は下の街から400mくらい上にあり、なんとその工事費の見積もりが50万円だといわれ、断念した。

さらに、調べてみると、NTTの光が、すぐ下の街には来ているが、私のところだけは光が来ていない。そのため、NTTの電話回線を使った高速ADSLにしようとした。

 あるとき、前の住人がソフトバンクのヤフーBBに入っていたことを知って、電話はNTTで、ADSLがソフトバンクだった。そこで問題になったのが、うちの子どもたちがAU携帯を一番好きだった。携帯をソフトバンクに変えようとはしなかった。それは友人の多くがドコモかAUであり、ソフトバンク同士の無料とその時間帯のメリットが少ないからである。

 ネットと携帯をうまく使おうとして、最近宣伝をしているEモバイルを検討した。そこでも固定電話によるADSLのセットにすると安くなることを知った。そこで、子どもたちに、いうと、ウイルコムがいいという。AU携帯とウイルコムPHSを2つ持っている学生が一時増えたが、最近はほとんど宣伝をしていない。そのわけは、ウイルコムは携帯の低料金化でその経営が厳しくなっていたからだ。倒産する可能性が大きいことを知った。

 そこで、Eモバイルを検討したが、1円パソコンはいいが、PHS携帯は人気がない。つまり、今や携帯による一定料金のWEBし放題におされている。

 当方は仕事上WEBを見るのではなく、アップする方なので、無線には限界がある。光か、ADSLかである。そこで、子どもも私もAU携帯であるので、それと一番連動している、AUの固定電話とそのADSLネット回線に入ることにした。

 そのメリットは、AUの固定電話からすべてのAU携帯への電話は無料になるということだ。早速、AUショップに駆け込んで、その申込をしたが、また問題が生じた。私の地区は、NTT電話からAU電話に切り替える人が多く、順番待ちだった。その理由は、NTTがAUに電話の権利を売らないという状況があったためだ。どうやら、地区ごとに、電話回線の割り当てがあり、NTTの持ち分とAUの持ち分が決まってしまうことだ。

 しかし、1週間あとに、どうやら、AUから連絡があり、NTTの回線が買え、新しい電話番号を通知してきた。やっと安堵したのだが、問題はまた起こった。

 前の住人が残していってくれたテレビアンテナにテレビをつないだら、とにかく映りが悪く、カラーが白黒になったり、画面がぶれており、とても我慢できる範囲ではない。そこで地デジに代えたら、よく映るかもしれないと思い、市役所にその補助制度があるかときいたら、県の総務省の地デジセンターを紹介された。

 そこで、びっくりしたのは、山梨県ではNHKとテレビ山梨とYBSの3局しか映らないことを知らされた。担当者が笑いながら、

「東京から来た人はみなさん驚かれるのですが・・・」

山梨の常識と東京の常識はえらい違いなのである。私は丹波山でも塩山でもケーブルテレビだったので、BSとCSを入れると10数チャンネルみられ、しかも東京の番組はみなみられた。

こうなると、子どもたちは、家よりテレビ優先だと主張しはじめた。友人の話の中心はテレビだから、会話が成立しないというのである。

 よくNTTの光でテレビも見られるという宣伝があるが、それはほんの一部の地域だけであり、山梨ではそれは適応されない。まして、下の街のNTTの光回線でも、テレビは見られないことを知った。

 情報の宝庫であるテレビをみるためには、地元のケーブルテレビに入るしかない。そこで、再度、ケーブルテレビに電話して、設置する工事代50万円をまけてくれるようにお願いした。

 この50万円という費用は、田舎で情報生活をするための改装費用のように感じており、家の中心にテレビがあるように、田舎にとって、外の情報がもっとも価値が高いのである。

 都会ではテレビは無料で観ることができるという常識があるが、田舎ではケーブルテレビの工事費が約10万円、毎月約3000円の出費するのが常識になっている。

 日本の常識は世界の非常識といわれるように、田舎の常識は都会の非常識でもある。

「とにかく、テレビだけでも観られるようにしてほしい」

 と、再度地元のケーブルテレビに電話をし、再見積もりをお願いした。すると、どうも、そこはワンマン社長のようで、すべては社長の気分次第で値段が決まるようだった。そのため、私と同じくらいの年代の担当者は苦労していた。

 1月の見積もりの50万円から、3ヶ月後の4月の見積もりは大きく一転した。条件付きで、8万8千円の工事費でやってくれることになった。どうも、そのときは、社長の気分がよかったためと、無料の光キャンペーンをしている最中だった。

 もちろん、私の新居はこうしたキャンペーンなしの地域ではあり、正規の工事費である、有線テレビとネット回線工事代金の合計が8万8千円だということだった。

 条件付きとは一番高速の30Mのネットに入会し、しかも、5年間続けるという念書つき契約だった。問題は、すでに私はAUの電話とADSLのネット回線に入っており、それを解約するわけにはいかなかったことである。

 テレビだけでは工事しないというので、やむなく、私はネット使用料の5000円をケーブルテレビとAUにダブルが払うことにした。しかし、いずれ、AUのADSLは解約して、東京の店のNTTの光をAUの光に代えればそれが可能になれそうだ。しかも、東京のAU光からAUの転送携帯費を無料にする可能性もある。

 今回、テレビとネットの田舎生活をする上で、はっきりしたことは、

 田舎の常識と都会の常識はまったく逆のことがある

 ということだった。都会では情報は安価だが、田舎では高価である。土地やはその逆である。

 また、こうした通信は国による地方自治化政策にもいえるだろう。

 ケーブルテレビとは地方自治であり、NTTや国、 ソフトバンクやAUは大地方にあたるように思える。

 そこで、NTTの既存の電話回線や光回線を、ケーブルテレビが買い取れ、または借りることができるようにすればいいかもしれない。

 同軸ケーブルによるネットやテレビ回線は遠くにとばすには増幅器が必要であるが、光ファイバーではそれが必要でなく、いくらでも遠くにとばせることを知った。今や、電話回線もテレビ回線、ネット回線はすべて光ファイバーに代わる時代に入ってきている。光一本ですべて可能である。

 ケーブルテレビにとって、NTTの光によるテレビを月500円で観られるのは驚異であろう。そして、今光ファイバーの時代の過激な経済戦争が起きているのである。

 そのため、国がお金だけでなく、通信の地方自治化をしていかないと、地方の20数人規模のケーブルテレビ会社はつぶれてしまうだろう。

 それにしても、通信とお金はよく似ているだけでなく、ひょっとしたら、本質的に同じものなのかもしれない。