生まれ変わる準備

生まれ変わる準備

それは死を待つ老人の家のようだ

 

生と死それは表裏で一体

マザーテレサは言う「私たちは多くのモノを貧しき者に与えているより、

多くのモノを貧しき者から与えられているのです」

最も小さい者の一人にしたのは、

わたしにしてくれたことなのである

       マタイによる福音書25章40節

マザーテレサはこのイエスの

言葉を信じ、実践した

 

生まれ変わるとは

古い自我が消滅して新しい自我が誕生するということ

自我を形成するのは

5W1H 

いつ When どこでWhere 誰がWho どちらにWhich 何をWhat 誰がWho どのようにHow 

したんだ?Do  

一人の生き死に様の生涯の姿である

 

マザーテレサの老人、孤児、ハンセン病の人たちを救う

死を待つ家の活動は

「救っていると同時に救われている」

それは

生死が繰り返す様に/救う者と救われる者/富む人と貧しき人

敵と味方、正と邪/神と悪、善と悪/自分と他人、剛柔

相対する関係も 昼夜のごとく入れ替わる

 

生まれ変わりも/自他の交替/自我の新陳代謝/新旧

時の流れ/命のサイクルであり、

我消滅/新我誕生/星の輝きのように

宇宙の命の有り様である

死を待つのはなく新しき生を待つ

死を待つ老人の家は新しき子の誕生を待つ家でもある

それ故に

看護される老人ホームから養育する赤子の保育園へと

意識転換して経営するとより自然な存在価値が出てくる

死を待つのはなく新しき生を待つ

そう意識転換して希望への笑みを持とう

生まれ変わる準備する人たち

死を待つ老人たちは

いわば

生きる若者たちの

縁の下の力持ちの役割を担っている

 

 

 

Comments are closed.