Archive for 4月, 2009

柔らの道

月曜日, 4月 27th, 2009

娘のエッチングとTシャツ

 高校に入学した娘が迷わず柔道部を選んだ。私の高校入学時もそうだった。

 私の生き方の原点になったのが「柔道」である。家では毎日兄弟けんかばかりしており、私にとって、いかにして兄に勝つかがすべてだった。兄はさらにけんかを強くなるため極真空手を習っていた。それに勝つ武道として弟の私は柔道を選んだ。私の柔道は理論から入ったのだ。

 柔よく剛を制す

 この技術は私の世界平和への基本理念にもなり、日常生活においては、人間関係をうまくいかせるコツになっている。

 究極の世界の問題は「戦争と飢餓」による死であろう。私はいつも目をつぶると、この二つの死にあえぐ子供の姿がよく浮かんでくる。

 お金のシステムを今後のテーマにしたのはこのためだ。新しいお金のシステムを構築しようとすると、この「柔よく剛を制す」平和理論がどうしても必要になってくる。

 例えば、お金の貸借には金利を付けるのが今までのシステムだ。もし返さないと法という剛力で相手を痛めつけて、返させる。しかし、新しいゲゼルの減価する金銭システムだと、金利がマイナスなので、お金を返さなくても法という柔力で、相手を包み込む。

 平和の条件としてイスラム地域でもっとも比率が高かったのが武力だというアンケート結果があった。なぜイスラム圏で戦争が多いのかがそれで納得できた。武力の剛には武力の剛という姿勢が戦争を拡大させているからだ。

 イスラムの古代のハムラビ法典には「目には目を、歯には歯を」という法があり、「剛には剛で制せよ」という教えが今も根強く生きているように思える。

 しかし、「剛には剛」では一時の緊張する平和が実現できても、永続する平和は期待できず、絶え間ない戦争を拡大させることになる。

 北朝鮮の「核には核」もそうだ。「ミサイルにはミサイル先制攻撃」、イスラエルとガザ自治区の武力による報復合戦も「剛には剛」で、戦争を無限に拡大激化させてしまう。

 ガンジーの無暴力と無抵抗主義である「柔よく剛を制す」という平和技術がインド独立を実現できた。また、東西ドイツが統一した力もまた東ドイツ市民の政府に対する無暴力主義だったのである。

 日本の防衛論争において、「敵が攻めてきたら、どう守るか?」が最初の議題になる。この場合、「武力の均衡」と「先んずれば敵を制す」という古典的戦争理論では「剛には剛」の戦争拡大要因になるので注意を要する。その理論に対しては、「10の武力に対しては1の武力で制し」「戦わずして勝つ(自滅させる)」技術で防衛する方向性が必要である。

 例えば「核にはペンを」「ミサイルには人権内部告発を」である。
 金銭システムでは「借金取り立てには破産宣告を」という具合である。

 今後、私のホームページにこの「柔らの道」の項目を追加してみたいと思う。

選挙は議論だ

火曜日, 4月 21st, 2009

丹波山村の全景

 ヘリで眺める・・山間の小さな村だ

人口は739人で、65歳以上が50%を超える限界集落だ。

ここで、4月19日、16年ぶりに知事選挙が行われた。結果前村長が4:1で再選された。

小さな村では立候補即当選することが多い

この村はいくつかの地区に分かれており、そこの地区長も選ばれるが、立候補者がまずいない。小中学校のPTA会長だって、まずもって立候補者がいない。そこで、まわりが何度もお願いして、区長や会長になってもらう。なる方は頼まれるのでノーと言えなくなるからだ。

地区はさらに10数区に分かれており、その区長が毎年選ばれる。でも自分からなることはほとんどないので、持ち回り、当番制で、しかも、できる事情に合わせて決められる。

国の総理を決めることと、小さな区長を決めるのも基本的にはほとんど変わりがないはずだ。

でも、どうして、権限が大きくなるほど、し烈な選挙になってしまうのだろうか?

小さな長をするには「義務」、村の議員は「生活するお金 仕事」、知事以上は「利権? 改革?」というところではないだろうか? つまり、社会的「義務」から「権利」へと移行していくのではなかろうか。

問題は、改革である。どういう改革をするかどうかで、意見が違ってくる。議論をするように、選挙が行われるため、熾烈な戦いをするようにみえるのだろう。そして、選ぶ方としては、どちらが自分に利があるかではなかろうか。

今回の丹波山村の知事選は甲州市との合併を進めるかどうかがもっとも大きなポイントだった。あの小泉さんの郵便局を民営化するかどうかで、選挙がされたというのも、選挙が議論だといえるのではなかろうか。

今度の国の選挙のポイントが「不景気対策を具体的にどのようにするか」になることが予想できる。自民党と民主党が掲げる具体案にさほどの差がない場合は、選ぶ基準は「今の方向性を良しとするか、しないか」になってくるのではなかろうか。

 意見の違いで、人間関係は大きく影響される。 それは、スポーツでいえば、応援するチームをどこにするかのような差があり、もし、阪神ファンがたくさんいる中で、他のチームを応援しようものなら、袋だたきになってしまう。選挙も同じで小さな村においての知事選で、前村長の応援が多いところに、新村長を応援する少数派になってしまうと、その村に住めなくなるような感じになる。

 そこで、選挙は無記名で、誰が誰を投票したかわからないようにすることが、より自由な選挙をすることができ、まわりとうまく暮らせるコツでもある。それは、自分の意見を公表する場合も気を付けないと、うらまれて、身が危険に及ぶことさえある。とくに、特定な人を批判したり、応援した場合はなおさらである。

 自分の意見をいうにも、細心な注意さが必要だと反省させられるのが、選挙でもある。選挙があるおかげで、村のことや、国のことを考えるきっかけになり、国や地域を学ぶ場になれるのだろう。

桜の花は今年のビジョン

金曜日, 4月 10th, 2009

やっと、この村も桜が満開になった。

娘の入学式を終えて、私は一人ここに住むことになった。

子供たちの荷物や仕事の失敗作を整理して、廃棄するものがたくさんでた。

生活も、朝早く起きて散歩する自分のリズムを作ることにして、

 自由に仕事ができるように設定することにした。

それにしても、失敗作の多いことにため息が出る。

お金と情熱と知恵と体力を使って作ったり、買ったりしたものがすべてゴミになった。

一つの事業を軌道にのせるためには、100のうち1つうまくいけばいい。

残りの99はみんなゴミだ。

生産するというのはみな100%製作できると思っているが、実際は99%ゴミを生産して、1%だけ必要なものを生産しているように思える。

世界中が不況で、生産と消費が減っているが、それはあまりにも不必要なもの=ゴミを生産したためではないだろうか?

15兆円も借金をして、仕事と生産を増やして、景気をよくしようとする必要があるのだろうか?

北朝鮮が莫大な金がかかるミサイルを発射して、景気づけることとなんらかわりがないのではないか?

むしろ、こうした不景気をチャンスにとらえて、必要なものだけを生産し、必要なものだけにお金を使うように、節約した方がより快適な生活ができるのではないだろうか?

生産と消費の99%がゴミの不必要であれば、それをまず捨て去ることから始めた方がいいのではないだろうか。

ただ、なかなか捨てられないというのが本音だろう。

 

昔、家を新築しようとして、先に古い家を解体してしまって失敗したことがあった。

そこで、一つの方針を持ったことがある。

未来に何をするかはっきりと設計が完了してから、過去のものを解体=ゴミにすべきだ

そこで、ゴミとは何かを定義することができる。

ゴミとは未来へのビジョンに必要がない過去のものである

生きているかどうかの決めては「意識があるかどうか」であるように、

将来何をするか意識することが一番の決め手だろう。

 それが決まれば、それに必要がないものを思い切って捨ててしまおうではないか。

 そこで、ゴミが99%になるか、10%になるかが決まってくる。

不景気対策でもっとも大きな大切なことは将来への明確なビジョンである 

春は今年のビジョンかもしれない。

桜の花びらがみなビジョンに見えてきた。

桜の花に負けないビジョンを今年は打ち出したいものである。