Archive for 6月, 2020

Covid19のなぞ

火曜日, 6月 9th, 2020

1.新型コロナウイルスの存在を認定したのは誰か?

中国は、1月12日に新しいコロナウイルスの遺伝子配列を共有しました。これは、他の国が特定の診断キットの開発に使用するのに非常に重要になります(WHO)

2.Covid19の遺伝子配列は誰が最初に発見したか?

中国のヒト呼吸器疾患に関連する新しいコロナウイルス。

・・論文提出者 Wu、F.、Zhao、S.、Yu、B。

 ネイチャー 579、 265-269(2020)

3.Covid19はどこから来たのか?

失踪した中国人研究者の「消されたコロナ論文」衝撃の全訳

2019-nCoVコロナウイルスの考えられる原因

・・・Botao XiaoおよびLei Xiao

4.Covid19の病原ウイルスの存在をPCR検査で証明できるか?

PCR検査発明者自身が言う「これは感染病診断には使うな」

PCR検査はウイルスの遺伝子配列を検出できますが、ウイルス自体は検出できません

一部の遺伝子配列を測定できても病原感染ウイルスは検知できない

5.1/10000mmのコロナウイルスの電子顕微鏡写真で、その違い解るの?

6.Covid19と他のウイルスの致死率・感染性を比較

   まだ明確に解明されていない

7.Covid19は風邪・インフルエンザとの症状比較でしか検知できない

8.Covid19の遺伝子配列は5000種も変異して報告される

 どれも、Covid19病原感染検証が行われていなく、その存在さえも確認されていない。

9.世界の一万人当たりの感染者数(外務省)

2020.6.8時点 外務省海外安全HPより

この数値は病原感染Covid19の遺伝子の一部がPCR検査され

感染度数として報告から見ると、Covid19の病原も、感染も不可解である。

10. 今言えることは?

① Covid19の病原と感染の存在を科学的に実証していくこと

② Covid19をウイルス特定できないPCR検査・抗体検査・抗原検査をしないこと

③ 風邪・インフルエンザ・Covid19・アレルギーの症状の違いによる治療と対策をすること

⓸ PCR検査による感染者数・死亡者数の連日の発表と予測そして、その対策を控えること

 

デジタル通貨とユニバーサル・インカム

木曜日, 6月 4th, 2020
現金が金から紙幣そして電子に
実質的に変わってきた。
それを整備すると
企業が発行する仮想通貨は基本的に株券なので、
株券そのものも仮想通貨になるだろう。
そして、
中央銀行が発行する紙幣通貨は
プラスマイナスの金利がつく債権と同じ構造であり
株券は社債が変異で、その構造も同じ。
つまり
現金も株式も債権も、外国通貨も
同じ構造をもつデジタル通貨に標準化されるだろう。
そこからやっと
各国のベイシックインカムと連携するユニバーサル インカムが
命あっての貨幣経済(食わざれば働けず)という意識変革される。
その財源は博打の所場代(ギャンブルの遊び場代)として、株式Fや為替の取引手数料としての徴収税を国民で分配から確保できる
デジタル通貨とユニバーサル・インカムは
いわば
競争と分配
戦争と平和
のような相対的に支えあう夫婦のような関係になるだろう。