Archive for the ‘自然に生きる’ Category

Teaching is to stimulate the intention to study

金曜日, 2月 9th, 2018

Socrates created a midwifery technique called a question-and-answer method.

In this case, the mother can bear alone.

We can study the meaning by ourselves.

What is more important than anything is whether you have the will to study.

Teaching is to stimulate the intention to study

Boys, be ambitious!

 

 

Born self-Confidence by Knowing about Unknown

木曜日, 2月 8th, 2018

In Mituwo’s Words,

「一生燃焼 一生感動 一生不悟 英語」の画像検索結果

Passion in ALL one’s Life

Impression in All one’s Life

By Knowing about Unknown in All one’s Life

It was said more simple by Mituwo.

Study in ALL one’s Life

Youth in ALL one’s Life

 

Sometimes,

through our Unknown about unknown it,

we take it as gospel.

Once we are bent on it.

The Teaching and  Mission be started  in ALL one’s Life.

But  it is a great mistake.

 

When we know as unknown it.

Our all life can start again like youth

with Passion and Impression.

As that is Study not to teach.

 

We can have self-confidence  in such feeling situation.

 

Having confidence

火曜日, 2月 6th, 2018

Having confidence

 

I make that it is not made one’s personality.

Freedom of the inconvenience

Like intellect of the ignorance

The ignorance is the best solution

自信

I enjoy loneliness elegantly

 

「Having confidence」の画像検索結果

Confidence is such Art world.

 

 

Confidence to walk on the Way of Nature

 

 

Confidence is…..

 

……without believe others

 

How much is your confidence level?

「Having confidence」の画像検索結果

 

How to get your confidence?

You can get by peer learning without any power.

関連画像

In the present net society
BY video meetings such as “ZOOM” are soft
It can be realized.

「zoom meetings」の画像検索結果

When the disabeled becomes the personality…

月曜日, 2月 5th, 2018

When knew that could not walk throughout the life;

Chagrin,

Troublesome

He accept the disabled

But

He come across a dance, and he dose it,
The disabled becomes the personality,
Other people cannot do it.

Out of his confidence
The life challenge of new Kenta Kanbara has begun.

The front and back of the coin

月曜日, 2月 5th, 2018

Here is a key fighting successfully through market competition.

Let’s wish for Economy without wish for Moneymaking
on the Happy Road,

Don’t win,Don’t lose,Do win oneself !

 

Three wishes of Yosaku

月曜日, 2月 5th, 2018

1.Three wishes of Yosaku

 

2.The Three Promises of Yosaku

 

3.Blind(covered eyes) men and an elephant

What’s the Money?

土曜日, 2月 3rd, 2018

The Money was the Tool&Midiate which changed Product and Service.

 

How to share the Money?

 

英語のプレゼン(モンゴル)の練習してみた

土曜日, 2月 3rd, 2018

初めてPowerPointを使ってみたが、こんなに便利なプレゼン用の道具があったとはびっくりだ。

それをなんとビデオとしてアップできるとは・・!

そもそも英語はなんとか日常会話しかできないし、半世紀以上前に、中学生のときに習ったくらいだ。

とにかく、圧倒的に知っている単語が100以下だから、難しい話をするときは辞書で調べるが、それを覚えることが歳を取ったせいか、えらい困難である。

そこで、自分で書いた文章を読むくらいしかできないが、その読むのさえ、英語は文字と一緒でないし、アクセントも前か後かも、すぐ忘れてしまう。

まあ、英語を読める学生が読んでくれればいいやということで、伝わるかどうかは 「やってみなければわからない」

英語のプレゼンを作っていて、気が付いたのは まさに俳句を描くようなもので、

意外と思いしろく、病みつきになってきた。

日本語で説明しようとすると、延々と長く話さないとならないが、英語だと、長く話ができないので、俳句を詠むくらいで、すんでしまうから楽である。

最も、絵と写真と伝えたい一言だけに絞り切らないと 相手に伝えきれないだろうと思う。

 

The three Wishes of Yosaku 1.2.3

土曜日, 1月 27th, 2018

モンゴルの大学で10分間の英語のプレゼンを頼まれた

予習動画を作ってみた

O教授のメールによると、

ビジネス大学への追加プレゼンの要望があったので、

 

それも 英語絵本風に作りたくなったが・・・??????

 

なんせ ハワイまであと二週間、そしてすぐ モンゴル行きだから、

なんせ、準備する時間が足りない。

O教授は とにかく 急に物事をその場その場で決めてくる。

それに合わすにはかなりコツがいるし、かなりの慣れも必要だ。

まあ

他にやることもない 自遊人だから・・・

 

自遊人 あたふた道中 乙のもの

 

トラウマ・虎馬?・trauma!

土曜日, 1月 27th, 2018

思い込みトラブル

出典画像

1.間違い番号

今朝、店の客から困り切ったような電話があった。

「鍵の番号は  8394 でしょう!

そして、鍵が開かなく 怒りながら間髪を入れずにしゃべりまくる。

「いいえ、8349 です」

といっても、話が止まらない。

「・・・・・・・・」

やっと 数分たってから・・・

「え?!・・83????・・・」

「8349 ヤサシク です」

(注:8349は仮の番号)

「そうなの?!」

と電話が切れた。

***************

私はその電話の後、ハッと気が付いた。

人は思い込みで苦しんだりしている!

苦の原因は思い込みなんだ!

四苦八苦する

1.生…生きること・肉体的精神的苦痛
2.老…老いること・体力、気力の衰退・不自由
3.病…様々な病気・痛みや苦悩
4.死…死ぬこと・恐怖、不安
5.愛別離苦(あいべつりく)- 愛する者との別離
6.怨憎会苦(おんぞうえく)- 怨み憎む者に会う
7.求不得苦(ぐふとくく) – 求める物が得られない
8.五蘊盛苦(ごうんじょうく)- 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならない

四苦八苦の原因もなんらかの間違った思い込みかもしれない

2.トラウマは虎馬ではなく、英語のTRAUMAだった

時々、寝ても覚めても、ある種のトラウマのような過去の想い出が浮かび上がって

奇声をあげてしまうことがある

最近、英語を学ぶ機会があり、トラウマを英語で何というのか? 調べてみたら、

なんと トラウマとは TRAUMA 心的肉体的外傷 辛い体験 を意味する英語から来た外来語だった。

私は馬鹿というような 虎馬で、虎や馬のような悲鳴や叫び声をついあげてしまうから そう名付けられたと思い込んでいた。

3.喜怒哀楽も思い込みからくるのか?

苦しみが ある種の思い込みから くるのなら、

それに関連する逆・類語である喜怒哀楽という感情もやはりある種の感情からくるのではないだろうか?

人によって、思い込み内容がみな違うので、その思い込みに合わせて喜怒哀楽が生じるってことだろう。

となれば、

4.「思い込み描画」をリセット・修正で悟りの極楽浄土へ

 

自分の喜怒哀楽の原因である「思い込み描画」をリセット・修正すれば

自分が望む理想の最高に幸福な感情(悟り・涅槃・極楽・浄土・醍醐味・三昧)に持っていけるようになる。

但し、「修正した思い込み描画」が 現実自然的な状態と一致していないと 「間違い思い込み」になり、別な喜怒哀楽になるので、また、リセット・修正しなおす必要になる。

いわば、最適な言葉を選び出すような詩人、最適な音や色形を探る芸術家のような努力をする必要が何度もあるのだろうが、

何度も虎馬・トラウマに、際悩まされるよりはマシである。