Archive for the ‘自然に生きる’ Category

iPhoneXSmaxとGoPro買った

土曜日, 2月 16th, 2019

防水のニコンのカメラに蓋の閉め忘れ?で、水が入りこみ、まったく機能しなくなった。SDカードだけは動いた。

保証期間中だったが、水没は防水カメラでも保証対象外、修理代金はほぼ買った値段の28000円なので廃棄した。

代わりに、10年前のアンドロイドスマホで、写真と動画を撮ったが、綺麗にとれず、がっかり。

新しいiPhoneと、防水がしっかりしたGoProを買った。

iPhoneXSmaxに機種変更しても、月々携帯料金2800円(4年間)それ以降は1400円だ。

私は10年間、アンドロイドのスマホを月々1500円で利用している。

旧プランのLTEプランで、通話するラインとデータ通信ラインを分けることができるものだ。

私のAUアンドロイド携帯 2018年11月の利用料 合計 1489円 

プラン利用料934 円
オプション使用料380 円
通話料63 円
その他2 円
消費税等110 円

今度、iPhoneXSmaxを同じ旧LETプランにした。

甲府の和戸AU店では、機種変更で、新プランになるので、旧プランはできないと断れる。

だが、この旧格安LTEプランを教えてくれた山梨市AU店に行ったら、そのまま引き継ぎができた。

iPhoneの保険が4年間追加され、2877円になる。

プラン利用料934 円
オプション使用料380 円
通話料63 円
apple故障紛失サポート1285円
その他2 円
消費税等110 円

もし、同じ通話料だとしたら、それに、iPhoneXSmax の保険料の1285円が4年間かかり、それ以上は無料になる。  


国内のAU携帯電話宛て 1時~21時は無料、21時~1時までは30秒/20円

他社携帯、固定電話は 終日 30秒/20円 かかる。

データ通信は UQモバイルの使い放題の月々4263円で、ノートパソコン・スマホ・タブレットで、みな使っている。

ほとんど使わない固定電話は廃止して、携帯だけである。

携帯やWi-Fi料金などが高いのは、データ通信を二重三重に支払っているからであり、通話とデータ通信のセットをやめ、はっきりと区別することである。

GoProは壊れたニコンの防水カメラより2000円くらい高い、29500円である。

このGoPro 基本的に、携帯で画面をみながら撮影、写真を撮る。

ブルートゥースの無線でつなぎ、撮影と操作を分離させたものだ。

マッチ箱4箱くらいの大きさで、二種類あり、画像のきれいな4K(バッテリー交換可能)と、通常画像(バッテリー内蔵)の二種である。

私は4kだと、SDカードの容量が4倍使うので、撮影時間が30分くらいだ。

通常だと連続2時間の撮影は可能なので、普通タイプにした。

今デジタルカメラは十分スマホでOKであり、スマホではできない、デジカメとして、アクションカメラが主流になってきているようだ。

使用法として、1万円する自撮り棒(三脚にもなる)にくっ付けて、使うことにした。

時代は変わり、人々の楽しみ方も大きく変わってきている。

68歳になった老人だが、若者に負けずに、最先端を走っている感じがする。

まだまだ
若いもんにゃ負けんぞよ♪

僕たちはみな障害者だ

金曜日, 2月 15th, 2019

We are all disabled.

家族でバリの旅 A family trip to Bali

家族で海外の旅の初日、娘二人だけでツアーのオフィスへWi-Fiレンタルに行った。

そのオフィスはホテルから歩いて15分くらいのところですが、1時間後の午後9時に、日本人に会って一緒に飲みに行くというラインのメールがあった。

夜中の12時を過ぎてもホテルに帰ってこないし、なんの連絡もないので、何かあったのかと、心配になった。

翌朝の午前1時にやっとラインで、「大丈夫、一緒に飲んでいる」とメールがきた。

朝7時半にツアーの送迎車がやってくるのに、それっきり連絡はなく、午前2時を過ぎてもホテルに帰ってこないので、ライン電話を二人にかけつづけたが一切の返事がなかった。

ホテルの人と相談し、朝5時までに帰ってこなかったら警察に捜索をお願いすることにした。

その後、親の私は二人から連絡がくるまでラインで電話とメールし続けた。

飲む相手の日本人も知らない、どの店で飲んでいるのも知らない、知らない外国の真夜中の道、いろいろな事件がニュースになる街、何か事件でも巻き込まれたのかと、心配で眠れることも、ラインで電話とメールして呼び続けるしか、自分を落ち着かせる方法を見出せなかった。

午前4時半にやっと下の娘からラインメールが

「大丈夫 生きている。今から帰る」

30分後の5時にホテルに下の娘一人で帰ってきた。

姉は日本人と一緒にどこかに行ったと妹は言い、部屋のベットで寝てしまった。

親の私は帰らない娘にラインで、電話・メールを6時半まで、し続けたが、一切返事がなかった。

その日のツアーを送迎車がくる7時半にキャンセルするかどうか迷った。

私一人だけでそのツアーに行くことを決断し、予約していたホテルの朝食を食べながらこう思った。

「娘たちのことを心配するのはバカバカしい。二人に自由にさせておけばいい。私一人で自由に楽しもう」

離婚してから父親一人で20年間二人の娘を育ててきて、一番辛い一日だった。

私の心が大きく飛躍するのを感じた。

(娘たちが怪我しようと、病気になろうと、不幸になろうと、最悪死のうとどうでもよい。そんな心配するのは馬鹿げたことだ。)

娘たちはそれから、あかの他人のように感じた。

それまで、娘たちが幸せな一生を築けるように、自立させようとしていたが、親の私が娘たちから自立する道を歩き出したのを感じた。

つまり

親独りで自由に生きているだけで、子供たちが自立し自由になる。

それはちょうど、

それはちょうど娘たちの顔を忘れるくらいの認知症になった時の状態に近い。

どうして歳をとると認知症になりやすいのか?

それは子や他人に依存することから解放され自由になることかもしれない。

人はみな障害者

上の娘は親の私に

「声がでかい!」

と、何かと注意され、その都度努力して小さな声にするが、

その努力さえもすぐに忘れてしまう。

この「声がでかい!」という叱責は知人からよくされ、その都度努力するがやはり忘れる。

つまり

私の声がでかいのは、自分の個性として認めるしか自由な生き方ができないってことだ。

娘二人が朝帰りするのは親に迷惑をかけ、エゴではあるが自由である。

私がでかい声でしゃべるのは他人に迷惑をかけ、エゴではあるが自由である。

つまりつまり

エゴであることは回りや他人に迷惑をかけるが、それは個性であり、その個性は自由である。

自我を持つことはエゴになるということでもある。

そのエゴは一種の障害者であるということだ。

自分で自分のエゴを他人が望むように、他人に迷惑かけないように、どうしてもできない障害者だ。

つまり

「僕たちはみな障害者である」

と、認めることが、それぞれの個性を認め、活かす出発点だ。

ともに山歩き

グループで山登りするとき、一番足の遅い人を先頭にさせ、リーダーは一番後方を歩くのが一番楽しく過ごせる。

これは社会を生きるのにも応用できる。

生きるのが難しい障害者を先頭に、基本の流れにした、政府リーダーの方針にする社会が一番楽しい社会になる。

宗教の核心は

「人はみな神であり、仏である」

だが、それを出発点にした信仰や思想はみな絶対君主制のような上下関係の恐怖制に陥りやすい。

「人はみな障害者であり、エゴを持ち、不自由である」

という憲法の基礎にした方が生きやすい国になる。

そして、みな障害者という基礎に立つならば

神仏というのは人全体や人の集まりの総称であり、個人の呼び名ではないと定義して憲法草案していくのがヒューマニズムの一歩であろう。

人はみな障害者

その過程がすべて

金曜日, 2月 8th, 2019

歳とりて
勉強こそ面白いと
気付かされる

旅も
旅の企画・準備こそ
面白いと気付かされる

特に推理小説
犯人を知るより
犯人を探すのが
面白い

悪戯で犯人を
先に教えようものなら
殺されかねない

結果がすべてではない
その過程がすべてである

生きた結果は死でしかない
死という結果までの過程
それが生きる面白さ

これは歳重ねないと
気付かされないのも
皮肉なジョークだ

Secologistのブログ

自然に死ぬということ

日曜日, 2月 3rd, 2019

100歳以上の高齢者は現在7万人、女性が88%

人生100年の時代を生きる NHKスペシャルより

平均寿命と合わせてみてみると

男81.9歳、女87.26歳

私はまだ平均まで13年ある。

子供が争いごとで困らないように遺言状は書いたのだが・・

そこにまだ書かなければならないことがあった。

延命死の問題である。

人口呼吸器・胃ろう・腎臓透析で、死の時期を延ばすことができる時代へと入っていて、自分の意識がなかったり、認知症で、自分の意志の判断ができなくなってきている。

つまり、自分の意識が健全なときに、

自分の死を自分で決める必要性がでてきたことである。

遺言状は残る者が悩み困らないようにするもの

延命処置への判断も、同じであろう。

自然に生きることを目標にしてきたのだから・・

自然に死ぬことも選択したいものである。

今の私としては

意識なくなったり、認知症で健全な判断ができなくなり、

三つの人工呼吸器・胃ろう・腎臓透析のお世話になった場合、

49日以上は続けたくない。

それは、最後の最後まで生きることに努力したいためである。

意識がない状態、認知症の状態も49日間くらい経験してから、死にたいと思うからだ。

このくらい生かされていても、残った者にはそう困らないだろうし、

残った者にも、生と死を考える機会と、自分の心の整理する時間が十分与えられると思うからだ。

-^-^^-^^

自然に死ぬということは

自分で死の時期を選べることではないだろうか?

それは自然に生きると同じ意味であるならば・・

自然に合わして生きる自分の生き方を選択する生き方でもあるからだ。

虚構に苦しみはあるが真実にはない

月曜日, 1月 14th, 2019

サピエンス全史とホモデウスの著者イスラエル人歴史家のユバル・ノア・ハラリの考え方は今の世界の潮流のリーダー役になっている。

その基本的な視点は


また、

TEDでは彼を新しい形で、紹介しだした。

さらに、

TEDは最後に質問をして、その思想を理解しようとしている。

自殺者の方が戦死者より多い

ユバルの思想で一番面白い視点は

世界的に、自殺者が戦死者や犯罪被害死よりも多いという事実である。

これは、戦争や人的災害よりも怖いのは、自分自身だということである。

死の恐怖から抜け出るような幸福が、自分自身の中にあるということをも示している。

虚構に苦しみがあるが真実に苦しみはない

釈迦が、「苦しみの原因」は何か?

ということから、悟りの道が生まれた。

ユバルは釈迦よりももっと簡単な苦から抜け出る方法を教える。

真実と虚構の区別は何か?

もし苦しみを感じるならばそれは虚構の世界である。

他の生物の同じく真実の世界であれば苦しみは感じない。

つまり、

苦しみを感じるのが虚構であり、

苦しみを感じないのが真実である。

AI(人工頭脳)にいかに勝つか

土曜日, 1月 12th, 2019

インドのカルカッタから南のコチまでの人気のない飛行機チケットを

同じスタディツアー8人で一斉に買ったため、料金が倍に跳ね上がった。

飛行機代、音楽やスポーツチケットなど今ではAIを使って、

オークションや為替レートのように需要と供給によって値段が決定されるようになってきた。

将棋や碁はAIの方が学習(記憶)能力が圧倒的に高いため、心理戦や実戦経験感に頼る棋士の方が負ける。それは計算能力の圧倒的差があるようなもの。

#######

ブラザープリンターインクもみなAI化され、チップが組み込まれ、高い正統インクカートリッジを買わされる仕組みになってきている。

すぐにインクが切れてしまったので、正統インク買おうとすると

1カートリッジ600円、別会社の替えカートリッジ300円

100円ショップの詰め替えインク100円

イエローが切れてしまったので、替えカートリッジ300円で取り換えた。

黒、青、赤インクはまだ

「インクが少なくなっています(もうすぐインク切れます)」

というAIメッセージ状態なので、そこに

キャノン専用の100円ショップ詰め替えインクを入れることにした。

インクはプリンターのオスがカートリッジのメスを押し出すと出る弁のような構造になっていたので、100円替えインクの針先で弁を押し出しながら、ゆっくりと注入した。(替えインク半分くらいでカートリッジ一杯になる)


ブラザープリンターと別会社替えインクと100円詰め替えインク

すると、「インクが少なくなっています」という表示が消えて、きれいにたくさん印刷できるようになった。(インクは各社みな同じ種類を使っているようだ)

プリンターのインク表示は替えインク黄色は?で一杯あり、

100円詰め替えインクの黒・赤・青は少量のまま表示される。

もうすぐインクが切れますという時点で、100円替えインクで付け足せばいくらでも安く印刷できるようになった。

#######

羽生将棋名人がこう言った。

「もし将棋が9×9のマス目でなかったら、棋士の方がAIより圧倒的に強いでしょう」

それはAIは想定されたルールの中では圧倒的に強いが、想定されないルールの中では?????で、人間のパニック障害のように、混乱状態に陥り、操作不能となりフリーズしてしまう。

また、想定されたルールの中でも、AIが一度も学習していない童心のような未経験な状態(プリンターのインクが切れる前に、100ショップの詰め替えインクが挿入されたような)が起きた場合、人間は簡単にAIに勝つことができる。

#######

どんなジャンルにも、AIのような名人、神のような人はいるが、

彼らに克つには

そのルールや信条にまったく当てはまらない童心のような態度で接すればよい。

幾つになっても、こうした童心を以て人と接すれば

自由な生き方ができそうである。

生死がさざ波に観じる

金曜日, 1月 11th, 2019

友人の事故で、自分もいつ死んでもいいように準備しだした。

自分の葬式、墓場、資産を娘二人に遺言状として書き留めてみた。

すると、意外なことに気付いた。

「死ぬとは生まれる以前の世界に帰ることだ」

時は河の流れ

生死はその川のさざ波

さざ波の浮きて光るのが生きている

さざ波が沈んで暗くなるのが死んでいる

そして、

いろいろ苦労してやっていることが

ほとんど死後残らないことに気が付き、

残らないようなものはみな生前に処分しておいた方がすっきりする。

娘二人が引き継ぎそうなものは残す。

引き継ぎそうにないものはみな生前に整理する。

それ以外に二人にどうしても伝えたいことは解りやすく整理して残しておく。

それは今生で気が付いたことを書き残し、娘たちが困ったときに役立つようなことである。

そんな作業をしだしたとき、

ドナウ河のさざ波で浅田真央が氷上に舞う姿がちょうど残された人生とリンクしてきた。

死ぬのが恐怖にはならずに、一時の眠りのようにさえ感じる。

そして、いろいろな不安が消えて、平安な気持ちが沸き起こってきた。

不安から妄想が

平安から自然が

拡がっていく

喜怒哀楽がいろいろなさざ波模様にみえて、時は永遠に流れていく。

命は一つ、多様性が進化

土曜日, 12月 1st, 2018

生物は共通祖先から進化し、多様化してきた

人とサルの共通祖先

人と類人猿の共通祖先

進化の定義

進化とは、生物個体群の性質が、世代を経るにつれて変化する現象である]。また、その背景にある遺伝的変化を重視し、個体群内の遺伝子頻度の変化として定義されることもある。この定義により、成長や変態のような個体の発生上の変化は進化に含まれない。

また狭義に、種以上のレベルでの変化のみを進化とみなすこともあるが、一般的ではない。逆に、文化的伝達による累積的変化や生物群集の変化をも広く進化と呼ぶこともある。日常表現としては単なる「変化」の同義語として使われることも多く、恒星や政治体制が「進化」するということもあるが、これは生物学でいう進化とは異なる。

進化過程である器官が単純化したり、縮小したりすることを退化というが、これもあくまで進化の一つである。退化は進化の対義語ではない。

自然選択の模式図

図中では色の濃い個体ほど有利とされている。突然変異がさまざまな形質をもたらすが、そのうち生存に好ましくない変異が消滅し、残った個体が次世代に子孫を残す。この繰り返しによって、個体群が進化していく。

 

2005年のある研究によると、いま生きている動物の中で最もヒトに近いチンパンジーは、遺伝子的に96%ヒトと類似している。

 

命が一つというのは「共通の祖先」であるということ

命が無数というのは「個体(DNAの組み合わせ)が無限」だということ

 

個体の進化は時間と同じく進むだけであり

時間が戻ることはないように、個体の退化はない。

 

個体の変態や成長は変化変革であって進化進歩とは判別する。

 

人間の自我は人類の個体の意味で、無限にあり

生物多様性と同じく、一個の自我が他の自我を支配しようとしたら、

命そのものの進化を否定することになり、自滅する。

 

ナンバーワンを目指す生き方は命の多様性としての進化を止めるもので、

オンリーワンを目指す生き方が命の多様性と進化を進めるもので、

命の自然の摂理に合う

 

それぞれの生物が

それぞれの人々が

オンリーワンを目指して生きるのが命あり進化する自然である。

 

何を信じるかは何を目的にするかだ

火曜日, 11月 20th, 2018

ずっと永いこと

仏教は悟り(=仏)を

求めること

だと思っていたが・・

般若心経の

無智亦無得(むちやくむとく)の意味は「悟りは無く、悟りから得られるものも無い」

つまり

「悟りは無い」のだから、求める必要も無い

ということだ。

不悟の悟(みつを)

無智の智(ソクラテス)

不知の知(老子)

の境地と同じである。

仏陀がいう

「法灯明 自灯明」の「法灯明」の法とは仏法(仏・八正道・悟り)

のことだから

「法灯明」は「不悟灯明」また「無法灯明」

である。

それは明日は何が起こる解らないことだし、

昨日はすでに消えて無くなり二度と帰ってこない。

未来も過去も、不悟 不知

その不悟の悟 不知の知 無智の智 無法の法を

灯明(頼り・信)として

今の確かな自分を灯明(頼り・信)として

生きよ!

要約すれば

「自灯明=自分の魂」だけを頼り(支え・自信)にして今日一日をしっかりと生きよ!

 

目的は未来に在り

原因は過去に在る

未来も過去も不悟なのだから

目的も原因も不知であり、不確かで在る

確かな目的と原因が在るとするならば

それは今の自分の中(心身魂)にしかないのだから

目的は今の自分の中に持ち、

原因は今の自分の中を探る

ことが一番確かな道である。

 

自信を持つということ

それは

今の自分を目的に

今の自分を原因に

するということ

不悟灯明

自信灯明

Live now with brightness
of no-enlightenment
of self-confidence

 

何を信じて生きればいいのか

日曜日, 11月 11th, 2018

12月20日の12:50ー14:20 グローバル生産環境論は・・

昨年の同じ12月に 大橋教授の「何を信じたらいいのか?」

という授業の続きで、私が、「遺伝子組み換え」の話をし、

それは予定になかった授業であり、その場の学生と教授の空気を読んで急遽変更したものだ。

 

昨年も今年も、生物資源産業学部2年生対象 受講生20名であり、昨年の受講生は3年になり、今年の受講生は2年なので、まったく別な学生である。

昨年の授業の教室は異様だった。

広い教室に、一番後ろの二列に全受講生が固まり、前の十数列はがら空きで、

まるで授業を拒否しているようであり、質問して、気付いたのはほとんどの学生が授業内容を聞いていないことだ。

何か、大橋教授の遺伝子組み換えが危険である思想への防御姿勢を感じた。

特に、女学生の抵抗が大きく、私が用意した古代麦のおにぎりを食べずに教室を出て行った。

唯一食べたのは男子学生の一人だけであった。

 

10月例会の知足庵に、生物資源産業学部 男子学生が5人来ていたが、女子学生は1人も来ていなかった。徳大の同じコースは男女半々在籍なのに妙だった。

その学生が、私の古代麦の話に興味をもって質問が多くでた。中には古代麦を食べたかったという者もいたのにはびっくりした。

その流れがあったせいか、大橋教授は今年も授業に呼んでくれた。

大橋教授が来年退職するので、私の徳大最後の授業であろう。

それ故に、学生への命のバトンの機会も最後となるので、さらに集約した俳句のような90分にしたくなっている。

この一年の流れからすると、

「何を信じて学び生きていけばいいのか?」

それを古代麦を通じて、学生に観じさせるような命のバトンであろう。

^--^-^^-^

古代麦の話を深めていくと、

一つ一つの穀物、野菜がみな特別な個性を持つため、どんな穀物も野菜も、同じような農法で育てることができなく、ちょうど植物辞典を作成するような、一つ一つの穀物、野菜、樹木またそれぞれの品種についても、その特性を吟味して行く必要があると思われてきた。

これは

「何を信じて学び生きていけばいいのか?」

の答えが・・・・

「自分自身を信じて学び生きていけばいい」

ことにつながってくる。

いわば、自分の個性を信じることは、古代麦の特性を信じて栽培するということである。

ー^-^

この自分自身を信じて行動することについて、気になる言葉があった。

「法灯明、自灯明」である。

それは仏陀が、法灯明として、仏法を頼りとせよと言ったが、それが私には思い込み、先入観であるので、その法灯明を廃し、自灯明だけでいいと思っていた。

だが、

仏陀の教えの神髄を書いた般若心経には、「仏の悟りもまた当てにならない」とあるから、

 

ソクラテスの無知の地、老子の不知の知と 同じ境地であると思える。

つまり、

法灯明は 不悟の悟 と解釈できるから、不悟灯明と自灯明を頼りに信じ、学び、生き続けなさいという方が確かな導きに思える。

明日はどうなるか解らないからこそ、

今日を信じ、学び、生きることができる。

といえるだろう。

仏陀の教えは今から2500年前であり、古代麦の品種は今から8500年前である。

一体、いろいろな教え、いろいろな品種で、2500年から8500年も生きながらえるものはそうはない。

文化文明でも、縄文時代は15000年続き、弥生から現代までは2100年続いていることを考えれば、

ここ200年の科学技術文化の思想や経済変化で、右往左往するのは人類大人げないであろう。

2006年にアイスランド沖で発見された「ホンビノスガイ」食味が良く、欧米ではアサリやハマグリ同様、よく食用にされる。最近では東京湾にも定着してしまったようだ