Archive for 11月, 2008

まずは日常報告

木曜日, 11月 20th, 2008

 11月29日の定期音楽祭にむけて、保護者による合奏練習が始まっている。私は急遽、尺八演奏をやめて、打楽器・・クラベス・カバサ・タンバリンを担当した。みんなそれは簡単だというが、難しいのだ。先生はただリズムをとればいいというが、楽譜がそれがどこを演奏しているのか、しかも、繰り返しがあり、どこにもどるのかとかで、楽譜を読む格闘をしなければならない。

 演奏曲はサザンのtunamiだが、私はその曲を知らなかった。そのため、その歌をまず覚えることから始めた。リズムを刻むより先にやることがたくさんある。やっとリズムを刻むときに、楽器によって、その音が出し方に苦労した。特に、カバサである。これはいわば、チベットのお経をまわすような道具で、まわりに、小さな金属玉がたくさんついている。これをまわすのだ。日本のそろばんをまんまるにしたような音がする。

 これが音譜のリズムに合わせるのが大変だ。しかも、それをどこで使うかも楽譜が読めないとできない。やはり、私にとっては尺八の方が簡単だったかもしれないなんて、思ったりする。

 このブログの使い方はいろいろできそうだが、理解するのが面倒なので、それはゆっくりと研究することにして、とにかく、書いていこう。やりたいことがやまほどあって、時間との格闘をしている感じがする。

 一番今力を入れているのは、「新貨幣の提案」である。この提案の仕方いかんで、それが理解されるか、また、無視されるかが決まってくる。私自身には、この貨幣案はスッキリしており、それで、世界の金融や経済の現状がよ~く理解できてしまう。

 今のプラスの利息を持つ現貨幣がもっている根本的な問題から、それが起こっているだけである。そこから金儲けの夢とか、お金のうばいあいとか、経済混乱が生まれているだけだ。みな、お金とは何かってことが知らないから、それに振り回されている。

 きちんと、今の貨幣の正体を見抜けば、これがばかばかしい騒ぎとして見えないからだ。いったい、いままで経済学者は何をしてきたのだろう。今の経済はたぶんケインズの経済学が基本となっている。マルクスの経済学は共産主義となって、それが崩壊してはじめて、その理論の間違いが気が付いた。

 今度は、ケインズの経済学が創り上げた資本主義社会が崩壊するときだ。そして、次にくるのは、シルビア・ゲゼルの自然経済学を基本とする自由主義社会である。

 今の社会は自由社会ではなく、資本主義社会である。資本をよりもった者が自由になれる社会という意味で、資本をもたない者は自由を奪われる社会である。これがほとんど理解されていないのである。

 自由主義というのに、この自由が何であるかがまったく理解されていない。とくに、政治家がそうである。自由と資本を同じだと勘違いしている人があまりにも多いことに気が付かされる。

 こういうことをこれから、新しくなった「マイナスの利子が付く国連により世界銀行券を発行しよう」で研究していきたいと思う。また、過去長年における神仏の研究も役になってきた。というのは、今世界の多くは実際生活の上で、「お金を神仏」にしたてて、それを祭り上げていることがよく理解できたからだ。

 お金を儲けようと必死になっているのは、いわば、お金という神の狂信者たちである。そして、人よりももっともっと金持ちになろうとして競争する世界は、金の神の教祖により近づこうと、その幹部になり世界の権力者になろうとする盲信者たちに見えてくるからだ。

 こうした見方は長年神仏を研究していないと、気が付かないことであった。神仏の正体は「人間の欲望の究極の姿」である。その欲望が「心」であれ、「物」であれ、同じ姿を形作っているのである。人は「心」と「肉体(物)」を両方持っているからであり、それを切り離すことはできない。切り離したら、どちらも失うものである。

 またまた、ブログで長い話になってしまった。これらはhttp://sekaibank.net で報告していきたい。

Hello world!

月曜日, 11月 17th, 2008

 新しく二つのドメインによって、今までのホームページをまとめました。

http://sasaduka.com

http://sekaibank.net

その際、、書き込める量が2ギガある新サーバーに移転しました。前のブログはレンタルサーバーのブログなので、移転できませんので、今度はいつサーバーを移転しても、ブログが持っていけるように、フリーソフトによるブログを一つにまとめることにしました。

 なお、このブログはコミュニケーションがとりやすい mixi と 連動して使えるようにしました。miixi では 「ごん」という名前と、「生きているということ」で検索していただければ、すぐに見つけ出すことができます。

 どうぞ、これからおつきあいのほど、よろしくお願いします。

 → 前のさくらのブログ http://gogogon.sblo.jp/ から移転しました。

変革事始め

木曜日, 11月 13th, 2008

 パソコンが壊れ、最新データを失ったことで、何が一番自分のとって大事なのかが解ったような気がする。それがまた自分の変革と同時に世界の変革でもあるような気がしてきた。

 私が失って始めて気がついたのは「人との会話記録」である。それはメールと顧客との連絡データの大切さである。そこで約束したこと、そこで何がされたこと、、何をしようかということがもっとも大事なデータであり、それがもっとも大きな財産であるということだ。

 とりもなおさず、その会話の中でも、一番大事なのは自分の家での会話・・・家族の会話・・・がもっとも大切なものであり、もっとも大きな財産であるということである。そのほかのことは、どうでもいいことである。

 しかし、家族の会話以外のどうでもいいことは、世界の問題ということになる。そう言い切ったのはある事実に気がついたからだ。

 自分は世界のシミュレーションだ

 よく、日本は世界の縮図と言われるが、それは、どの国にとっても、世界の縮図であるということだ。そして、世界の問題は次の事実から成り立っているということだ。

 地球の人類65億人は一個人が地球に集まっているだけにすぎない。

 故に、自分は世界の縮図であり、世界というのは煮詰めてみれば自分自身のことであり、特別な世界が自分以外にあるわけでもない。それは国という存在が自分以外にあるというのでもないのだ。

 よって、自分以外の問題はどうでもいい問題になる。世界がどうであろうと、そんな世界は自分以外の問題以外に存在しないからである。その世界が精神的な神や仏であれ、存在しない幻想的産物にすぎないのである。それは、自分が消滅すれば世界も神仏もすべて消滅するという事実から証明できるのである。

 しかし、65億人の人類はみなそれぞれ一個人としての自分であるが、自分を創造、維持 破壊する力がもっとも大きいのは他人であり、しかも、もっとも身近な他人である。その関係なしでは、地球の人類が65億人存在しているという事実さえも把握できないのである。これを存続させるのは、自分と同じような人間がもう一人近くにいるということである。そして、人類が存続できる最低限の数は男1人と女1人の二人だけである。世界の神話はその男女から生まれるのもそのためであり、世界、神仏という言葉が生まれるのはこの二人の会話から成り立っているからであり、そうした抽象的幻想の産物はこの二人の会話から生まれるのである。よって、世界や神仏の源泉は男女二人の会話・・とりわけ夫婦の会話・・から成り立っているものである。

 そのため、何がもっとも世界で大切なものなのかというと、夫婦・家族・友人の二人の会話(とりわけ男女の間における)とその約束と、記録と、共同作業である。

 それ以外のことはそれを補うだけの存在でしかありえない、どうでもいいことであり、かつ、補足するものでしかありえない存在になる。それはいわば、世界でもっとも大事なものが愛という抽象的な言葉で語られる本質がそれだからである。私が愛という言葉にしないで、1:1の会話だというのは、その内容によっては、逆の憎しみだって、そこに含まれるからだ。それに会話は愛憎だけの感情だけで成り立っているわけではないからだ。

 自分が生きているということ

 それはもう一人の自分とともに生きているということ

 これから、私の仕事を自分と世界(もう一人に自分)とを分けて仕事をしていきたいと思う。世界の変革は自分の変革から始まるというのは至極当然のことであるから。

 そこで、まず、こんがらかった世界を整理整頓することから始めよう。その始めは、自分の家の掃除から始め、そして、自分の今までの家族の会話記録の整理から始めることがもっとも大事な世界変革事始めなのである。

 2008.11

フリーソフトで新しいブログをスタート

土曜日, 11月 1st, 2008

 各社各様に入会してブログを書いてきたが、それらは広告あるなしにも関わらず、その会社が設定したソフトで記入するもので、自分なりデザインやら、設定がみな限られている。また、サーバーを移転した場合などは、そのプログは使えなくなる。

そこで、偶然新しいサーバーにした際、そのブログ用のフリーソフト「wordpress」の日本版を発見した。フリーのCGIなんかで探していたがなかなか見つけられなかったのだが、こうして見つかった。でも、それをアップロードし、インストールできるまでかなり苦労してしまった。

 このソフトは専門的知識がないとうまく設定できないように思う。でも、私のような素人でも、なんとか使えるようになったので、そのコツを書いておく。

1.wordpress日本版

 この最新版をダウンロードして、解凍する。

2.そこにある wp-config-sample.php をテキストエディタで、編集する。

  これが一番のポイントだ。レンタルサーバーのコントロールパネルのデータベースの欄で、MySQLの追加した下記のものが一致しないと、まず動かない。

 データベース名・・・・・これはレンタルサーバーのIDと一緒にすること

 ユーザー名 ・・・・MySQLの追加したユーザーの名と同じであること

 パスワード・・・MySQLの追加したパスワード同じであること

 それをレンタルサーバーには「確認」のボタンがあるので、そこで、この3つが何かをきちんと確認しておlくこと。

3. wp-config-sample.php を wp-config.php のファイル名に変更して、アップロードする。

4. http://ドメイン名/wp-admin/install.php にアクセスして、画面が出てきたら、必要なモノを書き込んで、インストールがOKとなる。そして、成功したという通知がメールで配信される。なお、フォルダーの名前「wordpress」を他の名前「blog」などにするのは自由にできる。

 それに、アップロードした際、バーミッションの変更は一切しなくていい。それが他のCGIとは違うので、とても簡単だ。わかってしまえば、簡単にインストールできるが、それを親切に教えてくれる解説書が皆無なので、このブログに書くことにした。

 私は単にホームページビルダーと、フリーのCGIと合わせて、ホームページをいくつか作ってきた。そのメインとなるのが、昔は掲示板だった。そして、今ではブログである。でも、ブログも、単に自分だけの日記であったならば、あまり意味をなさない。よほど有名が人しか、アクセスは期待できないだろう。

 プログは友人のブログと共有関係になることが、一番コミュニケーション手段としては効果が期待できる。私はmixiにおけるブログがそれにあたると思っている。mixiでは興味あるテーマで知人になれることができる。そして、実際に、イベントを開催し、そうした仲間と出逢うこともできる。

 ただ、mixiは友人の紹介がないと、入会できない。それは悪質な悪戯、迷惑メールを防止するためだ。mixiではそれがまったくないということはない。そのため、迷惑メールはmixiの管理者に報告すると、削除してくれるシステムができている。もし、このブログと連動したい人で、一度でもお会いした人であれば、メールをいただければ、招待状を差し上げたいと思います。

やっと、先ほどインストールできたばかりなので、このデザインやら、設定をどのようにしたらいいのか、勉強しながら、書いていきたいと思います。

 そして、あちらこちが書いたブログは、このブログ一つに統一したいと思っていますので、よろしくお願いします。

  2008.11