Archive for 5月, 2010

生ゴミを資源ゴミにするだけでいい

月曜日, 5月 31st, 2010

 マンションのベランダから、一戸建ての家の生ゴミ処理で、その方法を庭にした。

 でも、すぐそばに畑があるので、生ゴミをそのまま畑に出せばそれで堆肥ができてしまう。

 つまり、

 生ゴミ処理はその運搬の問題だけにすぎないことが判明した。

自宅で生ゴミを堆肥にしても、その堆肥をした土の処理がまた問題になる。家庭菜園できる人はそういないはずである。

だから、生ゴミを堆肥にする運動がすすまないのである。

 そこで、

生ゴミを他の資源ゴミと同じように、資源ゴミとして指定し、それを堆肥をつくる業者に直接運び込めばいいだけである。

その生ゴミ資源の運搬ルートと方法を簡単で衛生的に、かつ楽しくできる方法を考えればいいだけである。

 昔、肥だめ屋さんがきて、無料で糞尿を運んでくれた。そして、処理した後に、殺菌処理のたぶんDDTを蒔いてくれた。ゴミ屋さんもいて、鉄くずを出すとお金までくれた。

 今ではゴミを出すのは有料になっているが、どんなゴミもきちんと分別すれば資源になり、お金になることは変わりがない。

 ゴミでもっとも資源ゴミにしなくてはならないのは生ゴミであろう。それをしないで、ペットボトルや紙パックを先に資源ゴミに指定するのは本末転倒な手段であろう。

 生ゴミを衛生的にすばやく堆肥工場に持っていくには、腐って臭いが発生する前に運ぶか、腐って臭いが発生しても、その臭いを消す溶剤を使うか、電動式堆肥処理機械で乾燥させた堆肥を運ぶかにすればいいだろう。

 生ゴミ専用バケツと生ゴミ専用処理車のシステムでもいい。

 でも、いつでも、時間があるときに、生ゴミを処理できるようなものが最高だと思える。

 そこで、大型の電動式生ゴミ処理機械を各地域に設置しておき、そこにいつでも生ゴミだけを処分できるようにし、そこでできた乾燥した堆肥を業者が運搬していけばいいように思える。

  確か、大型のスーパーさんが、その大型生ゴミ処理機械を設置して、畑と一般家庭をつなぐ役目をしているところがあった。それをまずしなくてはいけないのは、全国の清掃局ではないだろうか。

 春になると、生ゴミはすぐに堆肥になった。秋冬にはただ乾燥するだけだったのだが。

 いかに季節の力の大きいか感じ入ったしだいである。

働けど働けどなお苦しみ増え

土曜日, 5月 29th, 2010

 新しく買った土地と家は前の住人が借金を返済するために、自宅と土地の3分の1を売ったものだ。花屋さんで、大きなホームセンターなどに卸しをしている。家の前で毎朝早くから夜遅くまで家族で働きづめである。

 でも、月の収入がわずかで、月2万円の市の3DK住宅に住んでいる。

 私はその借金返済のための新住人になったのだが、畑や道路を造ろうとして、いろいろな水路や石壁を作っていて、気が付いたことがあった。

働けど
 働けど なおわが暮らし楽にならざり
ぢっと手を見る

 石川啄木 「一握の砂『我を愛する歌』」より

 この詩で、働けど働けど・・楽にならざりというより、・・・なお苦しみ増えという方が実際的な感じがする。

借金地獄の原理は、借金の利息以上も稼げないので、借金がどんどん膨れあがることだ。

 この借金地獄から抜け出るには、破産宣言するしかない。つまり、もう借りることも、返すこともしないが、働くことは続けることをいう。

 でも、その働くこと自体もやめることをしないと、本当にその借金地獄の体質から抜け出られないと思える。

 前の花屋さんの働けど働けどの姿をみていると、その経営の収支がどうあがいても、マイナスになる。花を作る経費が花を売って入る収入よりも多くなっているからだ。

  花の植木を作る経費は、土、堆肥、農薬、植木鉢、運送費、種、電気、灯油、設備費、水代など自分の人件費を入れないでも、その合計の経費が売り上げの収入よりも何年たっても多かったら、その仕事はやめた方が楽であり、やめないと、苦しみが増えるだけである。

 フリマ笹塚のお店の経営も以前の経営者はこれに似ていた構造だった。それを持続させていたのはその仕事がただ好きだったからだ。脇目からみると、ほとんど道楽としてその仕事をしているように見える。

 花屋でも、リサイクルショップでも、せめて食べていけるだけの人件費がでれば、楽になる。でも、人件費もでないし、仕事を続ければ続けるほど借金が増えるなら、その仕事はやめた方が楽である。

 でも、やめないでその仕事を一生つづけようとする人の性格はその仕事を本当に愛してやまない素敵な性格の人で人気のある人が多いように思える。

 お金がどんどん入ってくるときは、「何もしない時」が多いように思えるのである。私のほとんどの収入は不動産である。お店の収入はその終始を計算すればすぐわかることだが、ほとんどなくボランティアに近いものだ。でも、それを続けているのは不動産の収入全体と我が夢の道楽との収支が軌道に乗っていれば楽な生活になっているためだ。

 ふと、自然の姿と人の働く姿を比べてみると、人は働けば働くほどその苦しみを増やしている感じがし、人は働かないですべて自然にまかせいると、幸せがあふれてくるような感じがするのである。

 だって、果樹や山菜も、その形やおいしさに文句をいわなけば、何もしなくてもその実も葉も食べさせてもらえるように思えるのである。

 人がもっとおいしくて大きい果樹や形がいい野菜を作ろうと必死で働くから、苦楽という二種の、成功者と失敗者の二種の、金持ちと貧乏人の二種が生まれるのではないだろうか。

 つまり、人は楽になりたかったら、

 けして働かないで、自然にまかせて生かさせてもらえばいいような気がするのである。

 不動産業でも、機械でもそうだが、最初の経営設計が自然に合わせたものかどうかがもっとも大きなキーポイントである。

 自然の永遠運動の仕組みを作ることが人が最初にすべきことであって、それが本当の意味での人の仕事であり、自然の力から生まれるものは人の仕事ではなく、自然の仕事である。

 花を栽培するのは人の仕事ではなく、自然の花の仕事である。

 お金だってそうだ。お金の仕組みを作るのは人の仕事だが、お金を稼ぐのは自然の仕事である。

 何か人は大きな間違いをして、環境問題を大きくして、「働けど働けどなお苦しみ増え」としているように思える。

 

 

どうして道路はコンクリとアサファルトになるのか?

金曜日, 5月 28th, 2010

 最近、畑と道路を造っているが、どうも道路がコンクリとアサファルトになっているのがどうも環境破壊につながっているように思えてならない。

アサファルトは重い原油から作られる。軽いガソリンを燃やすとCO2が増えるし、中の重さのプラスチックは海や川のゴミになる。

アサファルトで道路が造られると、洪水が増えるように思える。雨水が山などの大地に降って、川となり、海にそそぐのだが、その流れを変えてしまう。水が大地にしみこまずに、人口の川や溝に集まってしまう。

車社会になる前は馬車が主流であった。そのため、道路は石畳であった。パリに行くとあちらこちらに見事な石畳の道路がみられる。その美しさと機能からも、アサファルト道路よりもいいように見えるのがどうなのだろう。

 車にはタイヤが必要だが、そのタイヤの溝がつるつるだと、雨道はすべって危険である。

  どうしてタイヤばかり溝をつけるのだろう。雪道には溝の方向をかえたスノータイヤに代える。

 でも、考えてみたら、道路がアサファルトでつるつるだから、スベルんだ。もし、道路のすべてに溝が付いていたら、タイヤがつるつるでも、雨や雪道でもすべらないで、ブレーキがきくことになって安全ではないか。

 庭を造るときのように、飛び石をくんで玄関までの道をつくるとその道が楽しくなる。

 パリは芸術の都というれるが、東京はそうはいわない。もし、石畳のような道路にすれば、新芸術の都東京といわれるだろう。

それに道路が土と石と緑を合わせたものになり、人にやさしくなるはずだ。

 年がら年中、きれいにしたアサファルトを掘って、道路工事をしているが、それほど無駄な経費はないだろう。しかも、ガス・水道、電気など、みな別会社が別の目的でその道路を何度も掘り返しては埋めているので、もっど無駄使いな道路工事である。

 こんな田舎にも暴力団の家やビルがあるが、そこはまったく土も緑もない単なるコンクリート倉庫ビルである。人の心が抜けている感じである。

 道路というのは、人と人をつなぐ公共の場である。そこにもっとも必要なものは人のやさしい心である。安らぎをもたせる公園のようになることが必要であろう。道路を経済戦争や交通戦争にように、危険な場所にしないことが大切ではなかろうか?

 

いかに大石を消したか?

水曜日, 5月 26th, 2010

道路の途中に邪魔な大石があった。1トン以上の直径2メートもあるような大石である。

1人の力で、ショベルカーなどの機械はなく、これを3日かかって消した。

いかにしたか?

1,まず車のジャッキなどを使って、直角になるまで持ち上げる。5センチあげたら、そこに石で支えることをくりかえす。

2,直角になったら、支える石ころをすべて取り除く。

3,取り除いた石ころがあった場所を深く掘っていく。

4,その穴に逆に大石をギャッキで落とす。

5.その位置をやはりジャッキで微調整して、大石を埋める。

そこで、思ったものだ。

どんなに巨大な建物でも、その下に同じくらいの穴を掘って、そこに落とすとそれを消すことができる。

よく、古い巨大なビルを爆破させたり、壊すが、それはもったいない感じがする。トンネル工法というのがあっていいのではないだろうか?

古くなった建物をそのまま新しい建物の下の土台や地下ビルにすれば地震や竜巻にもびくともしない建物ができるのではないだろうか?

トンネルが地下100mでも掘れるのだから、可能だと思える。

未来は過去現在があって開ける。

ならば過去現在はけしてゼロではないのだ。また、破壊する必要もない。過去現在を未来の土台にすることで、より堅固な未来を築くことができるのではないだろうか!

生きること自体、それは昔の自分を土台にして、今を行き直すこと、そして未来の夢を築いていくことではないか。

学習は過去を反省して始めてできるのだから。

親は子の縁の下の力持ちになろうとするではないか。これが縁の下の力持ち工法となり、リサイクルや学習の基本になるのではないだろうか。

道路造り

月曜日, 5月 24th, 2010

畑へ車で乗り入れられるように、手前にあったコンクリの壁を壊した。その残骸が左のガレキである。

その上に大岩があって、それを30センチ移動させるために、二日がかりでとりかかっている。

雨が降ると、この坂道に水が流れるので、その原因を探っている。そして、それを流す溝を掘る予定をしている。

人の肉体の力は実にかよわい。でも、人の知の力は実に馬鹿でかい力だとつくづく思う。

知恵をどこに使うかで、それが恵みになるか、悲惨になるか決まってしまうのだろうなあ!

ツイッターのよさというのは、各人がつぶやくだけで、それに答える必要がなく、受け取られるだけで会話が通じてしまう。

すごいコミュニケーションだなと、つくづく感じ入ってしまう。

なお、私のツイッターの名前はgonwalkだから、探してみてください。

全角70文字の世界だから、日本の俳句の17文字に通じるように思える。