Archive for 1月, 2010

心の自然循環

日曜日, 1月 31st, 2010

 心とは現実を映し出す鏡のようなものである。

人間にとって、現実よりも心の方が大事である。

そのためモノより心の方が高価であり、金では買えないくらい価値を持っている。

道元の正法眼蔵『現状公安』

人のさとりをうる,水に月のやどるがごとし。
月ぬれず,水やぶれず。
ひろくおほきなるひかりにてあれど,尺寸の水にやどり,全月(ぜんげつ)も彌天(みてん)も,くさの露にもやどり,一滴の水にもやどる。
さとりの人をやぶらざる事,月の水をうがたざるがごとし。

私の口語訳をすると・・・

「悟りとは水に月が宿るようなものである。
月そのものは水に濡れないし、水は月に壊されることはない。
地球を照らすほどの大きな光だけれど、小さな水たまりにも宿る。
月だけでなく、あまねく天空さえも一滴の草露にも宿る。
宿った月が水を壊さないように、どんな現実も悟った人の心を壊さない」

ありのままに物事をとらえ、そのままに生きると心が平安になれるということだろう。

☆昨日軽トラ一杯分の粗大ゴミを捨てたら

 もう30年も物置にとっていた余り使わないものを捨てたら、長年の重荷がとれたような軽快な気分になった。

そこで、こう思った。

 

人の生活も自然循環させるように、人の心も自然循環させることが大事なんだ!

生ゴミ→堆肥→野菜 の自然循環のように、

思い出(執着)→整理(廃棄)→新しい夢(実現) の心の循環が必要なんだ。

心の自然循環とは引っ越しをするようなものなんだ。

夢とはあたらしい家のことであり、執着は古い家のことである。

執着の家から夢の家への引っ越しをすることなんだなあ。

その繰り返しがありのままに生きるということなのだろう。

死ぬまで生きる

エゴを捨て、エゴを作る

生きては死に、死んでは生きる

その繰り返しが心の自然循環なのだろう。

丘から川に降りるホームレス

土曜日, 1月 30th, 2010

 お金のいらない国を実現しようとすると、ホームレスの生活が理想的になってくる。

自由に強く生きようとするホームレスは

丘から川に降りる」のだ。

「ホームレスたちは河川敷暮らしを“丘から川に降りる”という。そして、一度降りると、“丘”に上がるのは、物理的にも精神的にも困難だ。ある30代のホームレスは、“丘”について“なんか怖いのだ”と語る。競争原理が支配する“丘”の世界、不要になった生き物を壊れた玩具の様に捨てていく“丘”の世界」

私はホームレスと同じように河川敷で畑を作っている。だか、誰も追い出そうとはしないばかりか、近隣のものたちから、きれいになったと歓迎されている。

しかし、私がこの河川敷にビニールシートを建てて住みながら畑をしたら、私はゴミのような人間として扱われ追い出されるだろう。

多摩川のホームレスの運命

河川敷には何人かのホームレスが住み着いていた。といっても墨田公園のホームレスのようにひしめきあっているわけではなく、数百メートルに一人程度。それぞれに掘っ立て小屋やテントなどを建てて暮らしていた。中にはたくましい者がいて、河川敷の人の立ち入らないような所や川の中洲を耕して、野菜を作っているものがいた。たぶん農家の出身なのだろう、きれいに畝を作ってたいしたものであった。しかし河川敷を個人の目的に占有することは禁止されている。あるとき区の警告立て札とともに、ブルドーザーか何かで根こそぎ撤去されてしまった」

一体、河川を管理する団体はどんな気持ちでそれをしているのだろうか?

淀川河川管理事務所の処置をみてみると、

「青いビニールのテントが張られた人が住んでいるようです。実に迷惑なことですが強制排除ができないでしょうか。」

● ホームレスの問題点
 河川法24条(土地の占用)同26条(工作物の設置)同29条(河川管理上支障を及ぼす恐れのある行為)等に違反していることは当然のことですが、
  1.工事(占用者による物も含む)の支障となること。
  2.河川巡視による堤防等河川管理施設の点検把握等に支障となること。
  3.河川という公共施設の占拠により、近隣住民がこれらの施設を利用できなくなったり、環境衛生の悪化の恐れがあるなど、地域住民が不安や不満を募らせていること等が挙げられます。

 つまり、近隣の住民とのコミュニケーションの問題なのだ。田舎でも都会でも、そこで暮らすことで最も大きな問題は近隣との間のコミュニケーションだと思っている。それは事業でも同じで、地域社会の力が1人1人の力に及ぼす力がもっとも大きいということであろう。

 都会の競争原理に嫌気がさして、丘から川に降りても、そこにもまた、競争原理が働く。どこにも逃げ場はない。

積極的に地域住民のコミュニケーションや協力を推進することが、競争原理を終わらせることになる。

 そこで、私はこの河川敷を市民農園や市民の公園や生ゴミから堆肥そして野菜や花作りに変貌させれば、まわりは納得してくれるだろうし、そこの管理人の仕事と住まいを用意してくれそうな気がするのだ。

やっと畑の掘り起こしが終わった

木曜日, 1月 28th, 2010

ここの畑は買った畑より広いので、家では苗を育て、この河川敷で野菜を育てようと思う。

それにしても、こんなに早く家と畑が買えるとは予想していなかった。

今回は家を10年間借りる気持ちで、買った。

というのは、家賃月8万円として、10年間で960万円支払い続けても、家はけして自分のものにはならない。

でも、お金を住宅ローンで960万円借りて、毎月8万円返却すれば、10年後は払い終わり、しかもその家は自分のものになる。

これが、お金の貸借システムのおかしさ・矛盾である。お金を借りるには担保が必要だが、買う家と土地は担保にもなるので、それに見合うくらいのお金は貸してくれる。

しかし、月家賃のいい点は、借りる年数が2年以内ならば、買うより、自由に引っ越しできるので得になる。でも、資金に余裕があるなら、買った家を誰かに月8万円で貸せば、その家賃で、別なところで生活できるので、やはり、お金を借りて、家を買った方が100%得になる。

これが、金が金を生み出す貸借システムの原理である。これを思いっきりする人としない人の差が収入の格差を生み出す。でも、それができるというのは、貸借システムがいかに金で金を生み出す資本家にとっていかに有利な法であるということだ。

それでは、この貸借システムの矛盾を解消するにはどうしたらいいだろうか?

お金は社会の血液のように貸借関係で循環している。この貸借循環を別な方法にすれば解決策ができる。それが減価する貨幣システムである。

減価する貨幣の場合、お金を960万円貸したら、減価率を年10%にしたら、10年後は0円になって、返金しなくてもよくなる。

そうなれば、お金を貸す人はいなくなるだろう。お金は贈与関係だけになる。

そこで、この家の購入を減価する貨幣だったら、お金を借りることができないので、960万円を家族かなんかで贈与してもらうことで買うことになる。それができなければ、ほとんどの人は家を月8万円で借りることになるだろう。しかし、減価する貨幣は家賃も減価させるので、月8万円の家賃は単利として、毎年8000円安くなって、翌年は月7万2千円になり、さらに、翌年は6万4千円になり・・・・10年後には0円になる。

 しかし、10年後ただでその家を借りることができても、その家の所有権はない。

 こうなれば、お金の貸借システムによる矛盾は解消されることになる。

 これが、私が主張するお金の貸借システムを減価する貨幣システムに変換ということである。

再生産できない石油は使わない

火曜日, 1月 26th, 2010

★自然環境の研究をしていると、最も大きな問題は、石油を生産し使うことと、お金の貸借システムである。
 この石油と貸借するお金の問題の核心は、再生産できないものを使うからである。

 石油を電気に、貸借するお金を減価するお金に換えることが大事である。

温室栽培するには、多量の石油が必要である。上記のビニールハウスの中を暖めるには、人間の倍の大きさの石油タンクと石油ストーブが必要である。

この灯油タンクとストーブが温室栽培に欠かせないとしたら、今の農業は自然循環しないと思い、それを引き継がないで、廃棄してもらうことにした。

その替わり、太陽と風力発電をして、温室栽培ができるだけでなく、余った電力を売る方向で、エネルギー栽培をしようと計画している。

 ここにあるビニールハウスのビニールは石油から作られる。そして、その耐用年数は5年、そして、それを捨てるには農協に有料で引き取ってもらう。

 これは植物のように、土に帰らないシステムである。石油とそれから作られるビニールやプラスチックを、野菜から作ってみたくなった。とうもろこし等から石油ができ、それに乳化剤を混ぜるとプラスチックができる。このブラスチックは土に返すことができるので、自然循環できる。

 この石油とプラスチックを作るとうもうもろこしを、自然エネルギーの作る電力で栽培したらどうだろうか!

今やガソリン車は電気自動車に代わる時代である。それは農家でも同じで、耕運機もガソリンではなく、電気耕運機に換えて、農業から自然環境整備に入っていくべきではないだろうか。

 これをエネルギー生産農家プロジェクトと名付けようではないか!

自然環境を根本的に破壊するのは、石油と金のシステムである。今のお金は再生産できない石油と同じ貸借する金である。

お金が再生産できないから、お金を貸借して循環させようとするが、それは土台無理なシステムである。お金を自然循環させるためには、お金そのものが腐ってゼロ価値になることができて始めて、再生産できる。

 それは減価するお金と税金のない政治と、貸借のないお金が自然環境維持社会には欠かせないのである。

土地と家と畑を買ったぞ

土曜日, 1月 23rd, 2010

 市の空き屋バンクで最新の情報を受け取って、即その家と土地を見に行った。

市役所に来ていたのは、空きやバンクの担当者とその物件を仲介する不動産屋さんと、なんと、空き屋バンクを取材する読売新聞社だった。役所の車で、私と4人乗り込んで、出発!

5分もたたないところで、別な不動産屋さんのところで、車をとめ、そこで、その不動産屋さんと東京からきた老夫婦の3人がその不動産屋さんの車に乗って、合計7人で、目的の物件を見に行った。

軽自動車一台しか通れないような急な山道を数分登ると現地についた。

そこから富士山の頭がくっきりと見えた。

家を見るより、景色を眺めてワイワイ、老夫婦は家よりもビニールハウスの畑を念入りに見に行った。私は家の中を見ることにした。

 実は、数日前に、私はすでのこの売り主と出会って、話をいろいろとしていた。見ていないところは家の中だけだった。

家は20坪の2階建て、土地は150坪と役所の書類だった。でも、不動産屋の書類では土地は300坪だったので、どっちが正しいのか聞いてみた。その時は、150坪の役所の方になったが、後で不動産屋さんの方から300坪だという訂正の電話があった。

 田舎とくに、段々畑の土地なので、見た感じは150坪にも300坪にも見えるという不思議な感覚になるのだ。

家は4LDKブラスS(倉庫用の部屋)である。

畑は3面あり、2面はビニーウハウスになっている。1つはブロッコリーが植えられ、もう一つは畑に籾殻がまかれ、そこにほうれん草の種を蒔こうとしていたところである。

 昨日、娘たちにも見せており、そこで、ビニールハウスは奥の1つだけ残そうと話がしてあったところだ。

この物件を見に来られた老夫婦は、この物件が目的ではなく、賃貸物件の方だった。そのため、そこで、私はすでに昨日娘たちと話をして買うことにしていた。

金額は948万円である。私が即決めたので、売り主も、役所も不動産さんやもびっくりとすると同時にラッキーとたいそう喜んでくれた。

 そこで、ふと思った。

 役所というのは、業者や住民の協力をすすめるのが仕事で、金儲けをしてはいけない。金儲けをするのは業者であり、協力をしあうのは売る住民と買う住民である。
 役所は住民による税金で成り立つのだから、住民の協力を進めるのが仕事だと思った。

 お金そのものもそうで、人が協力しあうための道具だと思ったのである。

地元に不動産屋さんと役場の人が私の名刺の「自然環境づくり」という話から、ここで、風力発電と太陽光発電をしようかなあという発想になった。ここの市は環境行政に積極的で、90万円くらいで、3キロワット発電が可能であり、余った電力は売れるようだ。