最少の食べ物で

一か月の海外の旅は最少のリュックで十分足りた。

人生の旅も、最少の食料で乗り切った方が何かと健康的に楽に生けそうだ。

あれも欲しい、これも美味そうと つい増やしてしまう。

でも、ほとんど脂肪が10キロ以上ついて重く、軽快な歩きができない。

毎日の飲食を最低限にして、残された人生の重荷を減らすかがポイントになる。

要はダイエットなのだが・・・

ダイエットのリバウンドは・・

ダイエットを苦しんでやるか、楽しくやるか? にかかわってくる。

どう最小限の飲食で毎日の運動を楽しむかである。

脂肪は糖分の採り過ぎは間違いないだろう。

キーポイントはベースの炭水化物の最少摂取量で体調をコントロールしていく。

増えすぎた炭水化物はオカズも飲み物も増えるからだ。

糖分はお菓子や飲み物に多く、基本糖分のないお菓子として生野菜にし、飲み物は水に絞ったらどうか?合わせてヨーグルトでもいい。

特に

ダイエットへの切り替えし意識は必要で

禁煙を成功させた

1本の喫煙も、一生の何億本の喫煙も同じ

この意識でいくと

最小限の飲食で健康人生か?

それ以上で病気人生か?

一時の忍耐で一生の楽か?

一時の快楽で一生の苦か?

この迷いの決断を何度もしてみよう!

禁煙も、ダイエットも、意識の切り替えで成就す!

 

 

 

 

 

Comments are closed.