お金を選べる時代に

1.お金を選べる時代へ

日銀はいわば民営化された一企業

企業の競争で健全な市場経済を実現するため

独占禁止法がある

貨幣だって

日銀の独占企業はこの法律違反ではないか

最低二つの貨幣があれば

国民はお金を選択できる

電気だって

原発事故によって

電気の独占企業に問題が出て

国民が電気を選べる必用が叫ばれている

 

2、日銀と競う国民銀行の平貨を

日銀から発行された

プラスの利息が付く円貨は紙幣で

市中銀行に貸し出され

企業や国にさらに利息が付けられ貸し出される

その返済能力の信用によって

円貨は循環する

・・・・・

国銀から発行された

マイナスの利息に対応する

貯蓄税付き平貨は電子マネーで、

国民すべてに ベイシックインカムとして

毎月10万平貨が市中銀行口座に振り込まれる

円貨と同じくなんでも買え、給与も平貨で支払える

マイナス利息を貯蓄税として

口座から 日 0.1% 自動引きされ

国民銀行に自動返済される

一方、

企業や団体には

資本金に合わせた平貨が無利子で貸し出され

元金だけは信用返済する

貸し出された法人の口座からも

貯蓄税として 日 0.1% 自動引きされ

国民銀行に自動返済される

平貨は循環する

・・・・・

平貨は円貨の動産による税金

法人税 所得税 消費税などは申告納税しなくていい

不動産や物品税だけを納税する

・・・・

円貨と平貨の交換は需要と供給によって

年4回の変動相場制で決められ、

円貨のように日々変動相場制とは異なる

・・・

かように

円貨と平貨を

国民に競わせ、自由選択できるようにする

もし、1000兆円の国債で日本が倒産しても

平貨をも法貨として発行しておけば安全である

 

 

 

Comments are closed.