War and Bushido

戦争と武士道

War and Samurai heart

今からちょうど100年前の第一次世界大戦(1914-18)、日本の敵であったドイツ兵1000人が徳島の鳴門で捕虜になっていた。

Around 100 years ago from World War I (1914-18), 1000 German soldiers who were enemies of Japan were captured in the Naruto of Tokushima.

捕虜収容所の松江所長は次の信念をもって捕虜に接していた。

Director Matsue Director of the POW camp was in contact with prisoners of war with the following belief.

「捕虜は犯罪者ではない。彼らも祖国のために立派に戦ったのだから、武士の情けを持って遇したい」

“Prisoners are not criminals, they fought well for their country, so I want to treat them with the mercy of samurai”

それが、100年にわたって、捕虜の子孫と、鳴門市民の子孫とが ベートーヴェンの第九交響曲でつながっている。

For over 100 years, descendants of captives and Naruto citizens ‘descendants are connected by Beethoven’ s ninth symphony.

「時代が離れ離れにしたものをあなたの不思議な力は再びつなぎ合わせる」

“Your magical powers will join together again when the times are separated”

日本国憲法9条もまた、武士道から生まれた、戦争と先制攻撃の放棄をする平和と理解への道を説いている。

Article 9 of the Japanese Constitution also preaches the road to peace and understanding that abandons war and first strike, born from Bushido.

不慮の戦争があったとき、私たちはどんな信念で、それに対処するかで、子々孫々まで語り継がれる愛か憎しみかが決まってしまう。

When there is an unexpected war, what kind of belief we deal with, we decide whether love or hatred is handed down to the descendants.

 

Comments are closed.