健康と自然の会

2016年9月、高校の親友が徳島県の穴吹に300坪の古民家を1000万円で買った。

『健康と自然の会』を二泊三日そこでやるというので、山梨から車で行きだしてから、

2019年3月までの2年半、3か月に一度の会に出席してきた。

『お金とは何か?』を研究したきた内容をそこで話したことから

徳島大学の社会人授業でそれを話すことが幾度かあり、また、後半の1年は学生の海外スタディツアーにも参加するようになった。

そこで、いろいろな人物と会い、実におもしろおかしな交流が繰り広げられた。

だが、そうした 『健康と自然の会』 も、リーダーであった徳大の大橋教授の退職とともに終わりを迎えた。

最後は3月の1年2年の男女学生と、古民家を買った栗原医師、リーダーの大橋教授、そして、社会人参加者の私の5人の「仏跡をめぐるインドの旅」だった。

それは 2年半に及ぶ『健康と自然の会』の内容を凝縮したフィナーレのような姿になった。

(^^♪ ($・・)/~~~ ♪(>_<)♫ ♩(^^)! ♩ ♬”(-“”-)”♩( ^^) _U~~

余生の仕事は『健康であること』 と思った矢先の 『健康と自然』という同じテーマを共有でき、復習予習をしながら、学んだ二年半は青春の学生生活を満喫したような感じだった。

そして、

4月に入り、私の予定は真っ白になり、二年半前の自然農の独り研究道楽者にもどることになった。

草木相手のコミュニケーションを静かに楽しみながら

独りで、『健康と自然』のテーマを模索実験する生活をスタートした。

多様性の自然農法の始まりはこんな感じからだ

Comments are closed.