国債より復興クレジットカード発行を

 最近、個人向け復興のために国債が財務省から発行されて売上げ好調である。
 でも、数年後には金利付きで国債を買った金持ちに、消費税増税などをして金利付きで返済しなければならない。そうなれば、「ウォール街を占拠せよ」という、国債を買う金持ち1%と税金を支払う99%の貧乏国民の格差社会はもっと広がるだけである。

 しかし、こうした国債の代わりに、新マネーとしてクレジットカードを発行すれば、とくに現財源は不要である。それは直接未来の全国民から確実に返還されるシステムだからである。

  原理は簡単で、復興通貨を発行して、その通貨の貯金日数に合わせた復興税が預金から自動引きされて、発行元の財務省に返還される仕組みである。

   例えば、被災者に100万円の復興通貨が財務省から振り込まれるとする。被災者は衣食住に紙幣ではなく復興クレジットカードで、業者に代金を支払う。業者はさらに仕入れ業者に復興通貨で支払う。すると、復興通貨はたくさんの業者に振り分けられ、とくに売上げがいいところに集まることになる。

 彼ら業者が手にした総額100万円の復興通貨は銀行預金区分けされ、その総額と預け日数分の復興税が自動的に差し引かれ、発行元の財務省に返還されるだけである。

 復興通貨は日銀券に復興reconstructionの頭文字をreを金額に付ければ区分け復興税が計算しやすくなる。

 こうすれば、確実に復興税として義援金は発行元の財務省に返還される。

そして、復興通貨は持っていると復興税で無くなってしまうので、貯金せず、すぐに使うので景気はどんどん良くなる。日銀券よりも早く復興券を使うので、より国民に流通するだろう。

ちなみに、10年国債100万円を10年(3650日)復興通貨re100万円にすると、1日の復興税は1/3650になり、re 274円になる。もし、あなたが今3650円の復興通貨を持っていたとしたら、1日1円復興税を財務省に払う計算になる。

 

2 Responses to “国債より復興クレジットカード発行を”

  1. カズマ より:

    減価貨幣(政府通貨)でのベーシック・インカムの支給だと思いますが。いいんじゃないですか。

  2. admin より:

    そこまで発展させるための突破口として、復興カードを考案しました。人々が分かち合う通貨の理解と体験を通してでないと、なかなかベーシックインカムは実現しにくいですね。