トラウマ・虎馬?・trauma!

思い込みトラブル

出典画像

1.間違い番号

今朝、店の客から困り切ったような電話があった。

「鍵の番号は  8394 でしょう!

そして、鍵が開かなく 怒りながら間髪を入れずにしゃべりまくる。

「いいえ、8349 です」

といっても、話が止まらない。

「・・・・・・・・」

やっと 数分たってから・・・

「え?!・・83????・・・」

「8349 ヤサシク です」

(注:8349は仮の番号)

「そうなの?!」

と電話が切れた。

***************

私はその電話の後、ハッと気が付いた。

人は思い込みで苦しんだりしている!

苦の原因は思い込みなんだ!

四苦八苦する

1.生…生きること・肉体的精神的苦痛
2.老…老いること・体力、気力の衰退・不自由
3.病…様々な病気・痛みや苦悩
4.死…死ぬこと・恐怖、不安
5.愛別離苦(あいべつりく)- 愛する者との別離
6.怨憎会苦(おんぞうえく)- 怨み憎む者に会う
7.求不得苦(ぐふとくく) – 求める物が得られない
8.五蘊盛苦(ごうんじょうく)- 五蘊(人間の肉体と精神)が思うがままにならない

四苦八苦の原因もなんらかの間違った思い込みかもしれない

2.トラウマは虎馬ではなく、英語のTRAUMAだった

時々、寝ても覚めても、ある種のトラウマのような過去の想い出が浮かび上がって

奇声をあげてしまうことがある

最近、英語を学ぶ機会があり、トラウマを英語で何というのか? 調べてみたら、

なんと トラウマとは TRAUMA 心的肉体的外傷 辛い体験 を意味する英語から来た外来語だった。

私は馬鹿というような 虎馬で、虎や馬のような悲鳴や叫び声をついあげてしまうから そう名付けられたと思い込んでいた。

3.喜怒哀楽も思い込みからくるのか?

苦しみが ある種の思い込みから くるのなら、

それに関連する逆・類語である喜怒哀楽という感情もやはりある種の感情からくるのではないだろうか?

人によって、思い込み内容がみな違うので、その思い込みに合わせて喜怒哀楽が生じるってことだろう。

となれば、

4.「思い込み描画」をリセット・修正で悟りの極楽浄土へ

 

自分の喜怒哀楽の原因である「思い込み描画」をリセット・修正すれば

自分が望む理想の最高に幸福な感情(悟り・涅槃・極楽・浄土・醍醐味・三昧)に持っていけるようになる。

但し、「修正した思い込み描画」が 現実自然的な状態と一致していないと 「間違い思い込み」になり、別な喜怒哀楽になるので、また、リセット・修正しなおす必要になる。

いわば、最適な言葉を選び出すような詩人、最適な音や色形を探る芸術家のような努力をする必要が何度もあるのだろうが、

何度も虎馬・トラウマに、際悩まされるよりはマシである。

Comments are closed.