自分もガンだった・・大林宜彦の命のバトン

ガンで余命3か月と告知された大林宜彦は、最後の命のバトンをする。

それから一年半も生き続け、80歳になる。

まだ130歳まで現役の映画作りに意欲を燃やす。

 

大林は肺ガンに呼びかける。

「ガンよ、お前が私を殺そうとしたら、お前も死んでしまうのだぞ。

そんな馬鹿なことをやめろよ」

「・・・・・(無言でガンは大林に語り掛ける)」

あなただって、ガンの私と同じような生き方をしてきたではないか。おいしいものを食べ、歩くより楽して車に乗り、便利で良い生き方をしてきたではないか?

この地球を汚し、原生林を破壊し、戦争をしてきたではないか」

そこで、・・はたと大林は気づく

 

「俺もガンだったのか!」

ー^-^-^-^-^

 

君たちへ

  君たちは

   僕の未来です。

  未来の平和を

   期待します。

        大林宜彦

Comments are closed.