癌ウイルス療法も自然治癒を助けるのか

癌の最前線のウイルス療法は

免疫細胞を活性化させるために、がん細胞を病気にさせて弱くさせ、そこを攻撃できるようにする。

その癌細胞が消滅する映像は実にきれいに写されている。

 

癌細胞と免疫細胞のやりとりをみると

アリとアブラムシとそっくりだ。

アブラムシが甘い液を出すと、アリはアブラムシを食べないが、

甘い液を出さないと、アリはアブラムシを食べてしまう。

甘い液をアブラムシが出せない場合でも、アブラムシは

自分は甘い液を出すアブラムシというアリ騙しの液を出す。

そうしてアブラムシはアリに守られ、また、アブラムシを食べるテントウムシからもアリで守られる。

癌細胞はアブラムシ、免疫細胞はアリだとすれば、ポイントは

自分は敵か味方かというメッセージが基本になる。

要は、敵か味方かの信号をどうかえるかであるが・・

その方法はもっと安全な方法があるような感じがする。

例えば、敵と味方の信号の周波数を読み取って、癌が免疫細胞の敵であると判断させればいいことになる。

それがウイルスか その他かというものだろう。

ともあれ、

自然治癒をまねていることは確かだ。

自然治癒をいかに助けるかが病気を治すコツなような気がする。

 

Comments are closed.