何を信じるかは何を目的にするかだ

ずっと永いこと

仏教は悟り(=仏)を

求めること

だと思っていたが・・

般若心経の

無智亦無得(むちやくむとく)の意味は「悟りは無く、悟りから得られるものも無い」

つまり

「悟りは無い」のだから、求める必要も無い

ということだ。

不悟の悟(みつを)

無智の智(ソクラテス)

不知の知(老子)

の境地と同じである。

仏陀がいう

「法灯明 自灯明」の「法灯明」の法とは仏法(仏・八正道・悟り)

のことだから

「法灯明」は「不悟灯明」また「無法灯明」

である。

それは明日は何が起こる解らないことだし、

昨日はすでに消えて無くなり二度と帰ってこない。

未来も過去も、不悟 不知

その不悟の悟 不知の知 無智の智 無法の法を

灯明(頼り・信)として

今の確かな自分を灯明(頼り・信)として

生きよ!

要約すれば

「自灯明=自分の魂」だけを頼り(支え・自信)にして今日一日をしっかりと生きよ!

 

目的は未来に在り

原因は過去に在る

未来も過去も不悟なのだから

目的も原因も不知であり、不確かで在る

確かな目的と原因が在るとするならば

それは今の自分の中(心身魂)にしかないのだから

目的は今の自分の中に持ち、

原因は今の自分の中を探る

ことが一番確かな道である。

 

自信を持つということ

それは

今の自分を目的に

今の自分を原因に

するということ

不悟灯明

自信灯明

Live now with brightness
of no-enlightenment
of self-confidence

 

Comments are closed.