命は一つ、多様性が進化

生物は共通祖先から進化し、多様化してきた

人とサルの共通祖先

人と類人猿の共通祖先

進化の定義

進化とは、生物個体群の性質が、世代を経るにつれて変化する現象である]。また、その背景にある遺伝的変化を重視し、個体群内の遺伝子頻度の変化として定義されることもある。この定義により、成長や変態のような個体の発生上の変化は進化に含まれない。

また狭義に、種以上のレベルでの変化のみを進化とみなすこともあるが、一般的ではない。逆に、文化的伝達による累積的変化や生物群集の変化をも広く進化と呼ぶこともある。日常表現としては単なる「変化」の同義語として使われることも多く、恒星や政治体制が「進化」するということもあるが、これは生物学でいう進化とは異なる。

進化過程である器官が単純化したり、縮小したりすることを退化というが、これもあくまで進化の一つである。退化は進化の対義語ではない。

自然選択の模式図

図中では色の濃い個体ほど有利とされている。突然変異がさまざまな形質をもたらすが、そのうち生存に好ましくない変異が消滅し、残った個体が次世代に子孫を残す。この繰り返しによって、個体群が進化していく。

 

2005年のある研究によると、いま生きている動物の中で最もヒトに近いチンパンジーは、遺伝子的に96%ヒトと類似している。

 

命が一つというのは「共通の祖先」であるということ

命が無数というのは「個体(DNAの組み合わせ)が無限」だということ

 

個体の進化は時間と同じく進むだけであり

時間が戻ることはないように、個体の退化はない。

 

個体の変態や成長は変化変革であって進化進歩とは判別する。

 

人間の自我は人類の個体の意味で、無限にあり

生物多様性と同じく、一個の自我が他の自我を支配しようとしたら、

命そのものの進化を否定することになり、自滅する。

 

ナンバーワンを目指す生き方は命の多様性としての進化を止めるもので、

オンリーワンを目指す生き方が命の多様性と進化を進めるもので、

命の自然の摂理に合う

 

それぞれの生物が

それぞれの人々が

オンリーワンを目指して生きるのが命あり進化する自然である。

 

Comments are closed.