Archive for 9月 10th, 2017

意識は時空を超えて共振しあい奇跡を起す

日曜日, 9月 10th, 2017

手足の筋肉を動かす神経は電気信号で脳に送ります。脳は手足に確認の電気信号を返します。

もし、脳から返す電気信号が他人の手足の筋肉に行けば、その手足が同じように動くという実験です。

脳と手足や内臓は神経でつながり、それは電気信号。電波で相互に動きを確認しあう、いわば共振しているということがこの実験でわかります。

脳と手足が神経で共振しまうように、人の意識と意識は神経回路なしに、時空を超えた無空間でつながっているとしたら、共振した意識はともに同じように行動するようになるはずです。

同じ時期に、空間を超えて、また、かなり年月がたっていても、時間を超えて、同じ発明がされるということがあります。

自分と同じような考えをする人がどこか、また歴史上に、必ずいるような経験が何度もあります。

それを偶然とか奇跡とかいうけれど、もし意識が共振しあい、行動を同じくさせるという事実があればそれらは納得できることになります。

意識が空間を超えるのは無線のように電波で送信受信されるというのは解る。

だが、時間を超えることができるというのは、

例えば、縄文土器をみて、その土器の形や模様をみて、その時代を生きた人の意識を感じ取ることができるのは、そういう事例ではないだろうか。

私は毎日稲の雑草抜きをしているが、稲は毎年実をつけ、枯れを繰り返す。それは5000年前も同じであっただろうし、人類だって、生き死にを繰り返すのであるから、同じような生き方をすれば、意識も共振しあうことができるといえよう。

同じような生き方をしていない他の動物との共振は難しいが、同じ人類同士はその意識が共振しやすいといえるだろう。

今はSNSの時代で手軽にいつでもどこでもだれとでも意識が共振しあえる環境があり、昔の祈りのような意識を持たなくてもよくなっており、むしろ、祈りの技術というのが、科学的な脳神経や意識の共振という形で発展できるようになってきている。

著名人の意識が大きく世界を動かすのは昔のことだ。今では、誰でも、自分の意識一つで、大きく世界を動かすことも可能な時代になってきたともいえる。

ちょっとしたブログやツイッターまたフェイスブックなどで、つぶやきと、それがもし共振したら、あっという間に社会変革に結びつくという現象がいくつもみられる。

自分の健康もそうだが、病気は医者任せにせず、自分で治すという意識があるとないとでは大きな差がでる。

それぞれ自分自身の意識ほど、他のすべてに勝る宝であり、自分も社会もそして人類が向かう原動力であることは疑う余地もない事実ではないだろうか。

意識が時空を超えて繋がるとしたら、一時の命以上の宝物であり、大事なものであるということだ。

 

意識は時空を超えて繋がっている

日曜日, 9月 10th, 2017

この動画の5.45~7.45で、家の柱のような四角い構造は壊れやすいが、それと三角錐の柱で支えると堅固になる。

四角家を堅固にするにが三角錐構造が必要

 

6本の箸と6個の輪ゴムで作ったテンセグリティーをよくみると、

6本の骨はみな4本の腱で繋がっている

6本の骨の箸はみな4本の腱ゴムで繋がっている。

そして

1本の骨を中心に四角形を描く

一本の骨箸は二本の骨箸とで、四角形の腱ゴムを描く

さらに

3本骨は三角形の腱ゴムで繋がる

3本の骨箸は3本の腱ゴムで三角形を描き繋がっている。

四角は柔軟構造、三角は堅固構造を示しているように思える。

 

また

テンセグリティーの中心は空間である

テンセグリティー全体の立方体の中心は空間であって、中心になるものは存在しない

立体のテンセグリティを平面で表すと、六角形ができ、6感覚器官と5W1Hを当てはめてみると

6本の骨が対の6個の腱で繋がる六角形ができる

6つの感覚器官が意識する中心には何もなく、5W1Hの問題意識の中心のには何もないが、

6つの感覚・問題は意識として真ん中で交差し、つながっている。

6つの感覚器官は自分の身体の中の神経で繋がっているが、他人とは神経では繋がっていないのに、意識でつながることができている。

意識という実体はないが、ちょうど無線のように電波でどこの空間にも飛ばすことも、受け取ることもできる。

過去未来の人の気持ちも感じることができるのは、時空を超えて意識はつながることができるのではないだろうか?

時空を超えるだけでなく、生きているものすべてにも、微妙にも意識はつながることができるのは、命あるものとして共通した存在同志だからかもしれない。

命は一つ、人類は一つ、といっても、意識レベルでは通用してしまうのもそのためではないだろうか。

 

今の北朝鮮の核ミサイル威嚇で戦争の危機も、

意識が時空次元を超えて繋がっているとしたら、

「ピンチはチャンス。生きてる限り、殺さない限り! 最終解決は武力や金力ではできず、問題を増幅させる 江戸幕府の大政奉還、無血城ごとく 金正恩の意志一つで、韓朝和平統一するチャンス 」

として、金正恩に対して、祈ったりしたら通じるかもしれない。

そういう戦争より平和を求める世界各国の多くの意識を、具体的に、好戦的な金正恩の意識に対して、改めるように祈ることは効果的ではないだろうか。

もちろん、彼が信用する人が直接伝えることができた方がぐっと効果的だ。

だが、テンセグリティで意識がすべてに繋がっているという事実があるなら、祈りは抽象的ではなく、具体性のある祈りであったら、ツイッターのつぶやきのような言葉でも、革命がおこる時代だからこそ、誰でも一人で。できる祈りつぶやき平和運動は実に効果的であると思えるのである。

どんな社会変革も、一人の意識から始まる。その一人は有名人でもなくとも、どんな人でも意識すれば社会変革ができるということである。