意識は時空を超えて共振しあい奇跡を起す

手足の筋肉を動かす神経は電気信号で脳に送ります。脳は手足に確認の電気信号を返します。

もし、脳から返す電気信号が他人の手足の筋肉に行けば、その手足が同じように動くという実験です。

脳と手足や内臓は神経でつながり、それは電気信号。電波で相互に動きを確認しあう、いわば共振しているということがこの実験でわかります。

脳と手足が神経で共振しまうように、人の意識と意識は神経回路なしに、時空を超えた無空間でつながっているとしたら、共振した意識はともに同じように行動するようになるはずです。

同じ時期に、空間を超えて、また、かなり年月がたっていても、時間を超えて、同じ発明がされるということがあります。

自分と同じような考えをする人がどこか、また歴史上に、必ずいるような経験が何度もあります。

それを偶然とか奇跡とかいうけれど、もし意識が共振しあい、行動を同じくさせるという事実があればそれらは納得できることになります。

意識が空間を超えるのは無線のように電波で送信受信されるというのは解る。

だが、時間を超えることができるというのは、

例えば、縄文土器をみて、その土器の形や模様をみて、その時代を生きた人の意識を感じ取ることができるのは、そういう事例ではないだろうか。

私は毎日稲の雑草抜きをしているが、稲は毎年実をつけ、枯れを繰り返す。それは5000年前も同じであっただろうし、人類だって、生き死にを繰り返すのであるから、同じような生き方をすれば、意識も共振しあうことができるといえよう。

同じような生き方をしていない他の動物との共振は難しいが、同じ人類同士はその意識が共振しやすいといえるだろう。

今はSNSの時代で手軽にいつでもどこでもだれとでも意識が共振しあえる環境があり、昔の祈りのような意識を持たなくてもよくなっており、むしろ、祈りの技術というのが、科学的な脳神経や意識の共振という形で発展できるようになってきている。

著名人の意識が大きく世界を動かすのは昔のことだ。今では、誰でも、自分の意識一つで、大きく世界を動かすことも可能な時代になってきたともいえる。

ちょっとしたブログやツイッターまたフェイスブックなどで、つぶやきと、それがもし共振したら、あっという間に社会変革に結びつくという現象がいくつもみられる。

自分の健康もそうだが、病気は医者任せにせず、自分で治すという意識があるとないとでは大きな差がでる。

それぞれ自分自身の意識ほど、他のすべてに勝る宝であり、自分も社会もそして人類が向かう原動力であることは疑う余地もない事実ではないだろうか。

意識が時空を超えて繋がるとしたら、一時の命以上の宝物であり、大事なものであるということだ。

 

Comments are closed.