何が日本を世界のリーダーにさせるのか?

今世界は癌に侵されている。

癌は一か所の正常細胞が変異し悪性の異常細胞の腫瘍となって、身体全体に転移して、死に至らしめる。

この癌は世界各地に転移して起きている自爆テロである。

この自爆テロの原型は日本の神風特攻隊であろう。

だが、自爆テロと違い、自爆して敵戦艦を撃沈させるもので、多数の自国一般庶民や他国一般国民を殺戮するものではなく、良性の腫瘍である。

癌は原爆による放射能によって、遺伝子異常配列によっても起き、直接烈火と強い放射線で死亡するだけでなく、弱い放射線を浴びて、癌が大きくなり、その病状に苦しめられたり、死にいたる。さらに、子が産めない体になったり、産めたとしても奇形児や成長して癌患者になって長く生きられなくなる。

この原爆や原発事故による癌患者増加は人類種未来そのものを絶滅させてしまう未来永劫まで続く自爆テロとその転移である。

日本は世界で唯一の長崎広島の被爆国であり、世界最大の福島原発事故を起している。

自爆テロが原発破壊に結びつき、転移するのはもう時間の問題だ。

2016年3月に

ベルギー・ブリュッセルの連続爆破テロの実行犯が原子力発電所をターゲットにしていたことが明らかになった

 

自爆テロの標的が、宗教も民族も国も関係なく行われており、日本のNPOが巻き込まれ、首を切られていることからも、日本の原発を標的にした自爆テロが起きないとはいえないし、しかも、日本は被爆、原発事故を世界に先駆けて受難している。原発への自爆テロの脅威の宣伝効果は日本が一番高いのである。

自爆テロはイスラム国や中国のウイグル自治区だけの国や民族の問題だけでなく、

日本が中国朝鮮韓国に対して侵入戦争を起こし、残虐な行為をしてしまった過去の歴史からくる恨みはドイツのナチスが起こしたユダヤ民族殺戮と同様に、何世代にも渡って、続いている。そうした恨みから派生した個人の自爆テロだって起きるし、

社会や自分自身への不満や被害妄想からも自爆テロは起きる

自爆テロはいつでもどこでも起こり得ることであり、その原発への自爆テロによる人類自滅まで追い込まれる兆候が見られる。

原発爆発が一番危険なときは、原発が稼働している時であるのはいうまでもないが、

プールに入って冷やされている使い終わった燃料棒が自爆テロで外に飛び出て、核爆発するまで数時間の余裕があるが、稼働していなくても危険度は稼働時の危険とさほど違いはないだろう。

つまり、原発稼働国だけでなく、過去原発保有国であっても、自爆テロによる原発破壊は今イスラム国による数百万人の難民移動以上の新たな癌増殖のような社会不満個人の核戦争が各地で起きて、あっというまに人類は全滅する危険性が今多大にあるということだ。

その自爆テロの原発破壊による人類全滅を阻止し、そのリーダー役ができるのは 被爆、原発事故、サリン事件があった日本だけである。なぜなら、それらの痛みと悲惨さを最も痛感しているからである。

もう、中国の尖閣諸島の脅しなどで、米国軍隊や核の防衛を期待した国策では日本もアジアも、世界をも戦争から救えない。

原発再稼働をやめることは最低限の防衛であるが、何をさておいても、今ある原発と原発燃料と原発ゴミ、拡散した原発事故放射性ゴミを海底地価数百メートルに移動させ、もし自爆テロがあって爆発しても、最小限の被害ですみ、人類自滅までいたらないように、世界に見本を示し、そのリーダー役になることである。

経済をさらに上向きにさせようと安保、TPP、東京オリンピックなどと、国内外活動するよりも、

人類が今にもすぐ絶滅しないように命の安全を確保することがどんな国策よりも大事だ。

イスラム国やシリア難民の問題以上の試練が、自爆テロ原発破壊によって人類自滅問題があり、その対処を最優先させなければならない今がある。

大きな癌細胞を切り取ったとしても、癌の世界的拡散転移は治まらない。癌による被害を最小限におさえて、人類全滅までいかないようにするのが急務であり、それが世界に先駆け、可能ならしめることができるのは被爆国の日本だけである。

 

Comments are closed.