癌からの脱却が日本の最重要課題

社会の健全度の指標は犯罪率と自殺率というが、逆に社会の病気度で、死因率をみた方が確かに思える。

↑ 主要死因別にみた死亡率の年次推移(人口10万対)

平成27年には癌死亡者は38万人、死去した人の3人に一人である。

毎日1041人癌で亡くなっている。癌撲滅が政治にとっても、景気回復よりはるかに重要であり、癌撲滅が政治課題のトップにならないこと自体、社会は病気化している。金で命が買えるかのおような錯覚をし、命より金優先の病魔に侵されている。

癌は手術、放射線、化学療法とあるが、最新では免疫治療が最も注目されている。

癌の治療はその原因を追いかけることから始まる。

癌の原因は免疫力の低下

免疫力の低下は血流の悪さ

血流の悪さは交感神経と副交感神経のバランスが崩れ

交感神経が副交感神経より優位になりすぎが原因

 

つまり、癌の根本原因である交換神経と副交感神経バランスをよくすることで、癌は消えるか、また予防できることになる。

 

腱引きも、緩消法も、気血免疫療法も、みな副交感神経を上げて、交換神経のバランスをよくして、そこから自然治癒力(免疫力)を上げることであろう。そして、それらは癌予防にも、癌治療にも役立つともいえそうである

交換神経と副交感神経は

青色に見える神経が副交感神経。その奥に、ピンク色の交感神経の幹が見える。
その後ろに脊髄があり、交感神経幹と連絡している。

全身の神経図

全身の神経系

脊髄と神経図

Comments are closed.