ゴリラ便が伝えたもの

争いや戦争は単にコミュニケーション技術の問題にすぎないことに気が付いた。

戦争から平和への道とは お互いに理解しあうためのコミュニケーションである。

いかに、人に気持ちを伝えるか? それは単に言葉だけでは難しい。

37年前の1981年ごろに、私はゴリラの恰好をして、プレゼントを渡し、メッセージを伝えるというアイデア商売をした。

それはまさに、「お祝いの気持ち」を相手にどう伝えるか? でコミュニケーション技法の一つである。

どんな手段で、気持ちを伝えるかということも、どんな話し方で真意を伝えるかにもかかわってくる。

1.ゴリラ便001 大阪毎日放送 ワイドユー

2.ゴリラ便002 ぴったしカンカン

3.ゴリラ便003 おはよう日本 最前線

4.ゴリラ便004 面白Q

5.ゴリラ便005 FNN

結婚式の取材だった。ニュースで取り上げられるとはびっくりだ。実際の仕事はなく、当日、FNNが結婚式場で申込して、やらせてもらったというものだ。テレビの力はすごいと感じた日である。

6.ゴリラ便006 うけてます ザ・ゴリラ便

いろいろな珍商売を紹介するもの

7.ゴリラ便007 女の60分

タレントの泉アキがやってくれた。実に面白く、番組の面白さは一番だった。

8.ゴリラ便008 チャレンジャー

なんと 本場のロサンジェルスまで行ってしまった。

9.ゴリラ便009 NHKニュース

10.ゴリラ便010 アルタ前 強烈なスタッフも出てくる。

11.ゴリラ便011 便利屋の実態

悪用する者が出てきて社会問題にもなった

12.ゴリラ便012 キングコング イベント

我らの仲間がみんな出てくる。

13.ゴリラ便013 キャッチ アップ

音楽と映像と合わせたセンスある番組である。

ここで、はじめてテレビでヌード便が取り上げられた。

14.ゴリラ便014 11pm ヌード便

15.ゴリラ便015 吾輩の父母なんでもや/笹塚十号通り商店街

ゴリラは絶滅危惧種に指定されている。

ゴリラが長く人々に人気がある理由が今もなお不思議である。

パンダも人気だが、どちらも絶滅危惧種である。人が保護しないかぎり、絶滅するだろう。

ゴリラもパンダも、人が絶滅に陥れ、保護、復活させもしている。

今世界は多様性を受け入れるかどうかの選択に攻められている。

多様性は人で言えば、一人一人の個性尊重である。個性において、優劣上下の差別はない、それぞれがオンリーワンであり、ナンバーワンである。

多様性を受け入れないと、優劣上下が発生し、そこに闘争と誤解という問題が生じる。

多様性を受け入れると、平等尊重が生まれ、そこに平和と理解が実現する。

コミュニケーションはまさに多様性を受け入れから始まり、そこから理解と平和で終わり、

また、新たなコミュニケーションにより、新たな多様性が生まれ、さらなる理解と平和が広がっていき、

終わることのない 生き死にまた生きる 喜怒哀楽を伴う理解と平和が深く浸透していく。

 

Comments are closed.