病気は自分でしか治せない

朝飯前に、雑草取りをしたら、

防備したはずの足首に虫に刺され、強烈な痒みに襲われた。

一か月前に、食物アレルギーで、全身に湿疹と痒みに二回襲われた。

その経験から、

いかに痒みから脱却するかを知っていたので、

虫刺されの痒みも同じ処置をした。

汗と泥を水シャワーで洗い落とすとき、念入りに足首の痒みのところを洗い落とす、

怪我したときに、そこからばい菌が入り込んで化膿させないことと同じ要領である。

タオルでふき取り、

大きく膨れ上がった虫刺されは1センチほどだった。

それを爪で十字に何度も押しつぶす。

すると、刺された穴から、虫の唾液とともに血が噴き出てきた。

毒蛇のかまれたときの処方と同じだろう。

血が止まるまで三分ほどかかり、それをタオルでふきとる。

虫刺されの処置10分後痒みも、湿疹も消えた

以前は、かゆみ止めのマキロンなんか、薬をなんども塗っただろう。それが治癒するまで数日かかり、痒みもずっと続いただろう。

だが、

自分で、薬に頼らず、自分で考え、実験し、その体験からあみだした処置ほど、虫刺されから10分で、ほとんど痒みも、痛さも、湿疹も、消すことができた。

虫刺されにたいして、昔から 笑い話であった「爪でバッテンをつける」というのは、痒み止めだけでなく、化膿させず、はやく血を出させる有効な手段だと思える。

薬が治すというのはいわゆる洗脳とか思い込みとかであり、それらはみな一時的な痒み症状を抑えるだけのためだ。無駄なお金と生産と技術と知識のような気がする。

ー^-^-^-^-^

どんな病気も自分で考え実験して治すような方向転換は

先日の知足庵の「癌という病名はない」という大橋教授の指摘があってからである。

虫刺されにしても、

アレルギーにしても、

しいては

癌にいったっても、

みな自分で考え、自分で実験し、自分で治した方が、より確実に早く完治できるようにさえ思えてきた。

病気は医者や薬や知識が治すという思い込みは捨て去り、

どんな病気も、基本は自分自身で治すというのが・・

それが自然治癒であれ、自分で病気を治そうとする意志であれ、そうであろう。

ー^-^-^-^-^-

私の経験的専門は精神病である。自分が長く患った経験から、医者には精神病は治せない、ただ症状を一時おさえるだけであることを体験している。

どうやら、肉体の病気もまた、精神病の治癒の原理が「自分からその病気を治す」という意志がもっとも効果的であることを、改めて、アレルギーと虫刺されで、確認できた。

 

Comments are closed.