千年一昔

縄文展に行って感じた。

縄文の生活はつい一昔だと。

人類誕生を赤ちゃんが生まれたと仮定すると、

1000年は1年に相当し、人類は今50歳になる。

弥生時代は2年前で、縄文時代は15年前に始まった。

その前までは寒冷化で、石器時代で他の動物との暮らしの差はさほどない。

温暖化になって、動植物が繁栄し、地域によっては、縄文時代の暮らしをしている先住民も熱帯地域にいる。

今文明が栄えというのは、弥生時代あたりで、

哲学・宗教・科学が発展したのは2年前あたりだ。

世界史を見てみよう。

今の世界の国々ができたのは1か月前であり、科学技術が発展したのは2か月前である。

1年半前はローマ帝国や三国志の時代である。

先日、50年前の高校のクラス会があり、風貌は変わったが、中の心はほとんど変わりがない。

肉体は変化するけど、心はほとんど変化しないのがよくわかる。

人類の生活スタイルは大きく変わっても、心はほとんど変わりがないともいえる。

最近、医師や免疫学の大学教授に教えられたのだが、

今の西洋医学は原始宗教とほとんど変わりがない。

儀式や占いや迷信の科学技術だと知らされ、驚嘆したばかりである。

美の観念も、縄文と今と比べてみれば、偉く違うが、心は同じであるのがわかる。

同じ彫刻であり、究極の美はまるで逆であるが・・・・その美の心は同じであるといえよう。

今は空間的な視点で 地球村とか 地球家族という視点が重要になっているが、これからは

時間的な視点で、人類の千年一昔というように考えて、

体重やお金や健康を数字で判断して、ストレスを感じて、病気になったり、犯罪に走ったりしないで、もっと ゆったり のらりくらり 適当に喧嘩仲良くして、楽しく生涯を暮らしたいものである。

 

Comments are closed.