自然さとは頑張りも諦めもせず待ち忍ぶということ

 

自然に目的はない。

欲望に目的がある。

自然と人間を対比させた時

目的がないのが自然であり、

目的をもつのが人間である。

あるがままに受け入れる

頑張るという行為は 

目的や夢に向かって誠心誠意努力するということである。

とても人間的であり、人間のハートをとらえて離さない。

いろいろな障害があっても、目的(夢)を達成するまで

けしてあきらめない! Never give up! である。

目的(夢)を持たない自然は

けして頑張らない、

諦めは頑張りをやめる心であるから

最初から 頑張らない自然はあえて諦めることもない。

いわば

自然は頑張りも諦めもない

慣性の法則みたいなものである。

先に障害がなければそのままずっと進み、

障害があれば、その障害を回り込む。

諦めが肝心、急がば回れ という信条が自然さに近い感情である。

 

健康と平和に自然さを加味したらどうなるだろうか?

自殺も癌も あえて治療せず 自然治癒という道を選択するだろうし、

犯罪も戦争も あえて抑え込まず 自然と平和におさまるのを待つ道を選ぶだろう。

あえて 何もせず

時がすべてを解決するというような待ち忍ぶ行為である。

自然さとは

あえて 人間的な頑張りも諦めもせず

時の流れに身も心もまかせて

健康な体に、平和の心と社会に戻っていくのを

じ~と待ち忍んで暮らす生き方であろう。

自分の心の叫びに正直に生きる

そっと静かに

自分の心の底にある声を聞き取り

その声とともに正直に生き、行動していくことであろう。

寝るもよし、座るもよし、歩くのもよし、踊るのもよし

あなたらしい生活、あなたしかできない生き方をしていくことだろう。

 

Comments are closed.