夢は天に描くもの

幻は地に根付かせるもの

夢 幻は

君に付いて離れず

付き添う

その夢と幻を共有したい人

現れたれば、

その人は君の真の子なり

夢 幻は心に属し

身体の子とは全く掛け離れたる存在であり

心の子というべきものなり。

それは

植物の子はその種から育つだけでなく

挿し木のように枝からも育つ姿に似たり

人の身体は一つだが

人の心は常に他とつながる

心は愛のように相手が無ければ産まれない故。

夢・幻はその人の真の財産なり

金銀財宝は奪われると悲しむが

夢・幻は奪われても失うものでなし、

共有せられる故 喜ばれる。

 

 

 

 

Comments are closed.