幸せな死

70歳を過ぎると

自分の愛が独特の形 欲求になっていく

ただ愛する人の自由と幸せを誰からも知られずに

影から祈り続ける姿に変わっていく

それはあたかも

生きながら 幸せな死を迎える様な気持ちになる

自分の自由と幸せを守る方法は

自分を信じて真実の世界を求めてゆくことだ

それはそのまま愛する他人にも通じることである

愛するということは

自分の未来をその人に託す様に思える

愛は縁や絆から生まれるかもしれないが

愛は自分の未来への可能性を

大きく引き出すことでもある

死は生まれ変わりと同時に

愛する人を陰 黄泉の世界から

その自由と幸せを守る意味合いもある様だ

言い換えれば

死は他人を愛することである

幸せな死は愛する祈りの姿になってくる

 

s

Comments are closed.