Archive for 3月 10th, 2013

MORE サイセイ

日曜日, 3月 10th, 2013

 3.11を明日に控えて、原発事故の特集が多くなってついみこんでしまった。特に印象的だったのがNHKスペシャルの再放送で、どうして原爆被害者である日本がアメリカフランスについで。世界三位に54基もの原発をもったかである。

 戦後、電気エネルギーが不足した日本に、原発を売り込んだのがソ連だった。ソ連と核戦争をしていたアメリカはソ連に負けないとして、「核の平和利用」として「夢のエネルギー」として売り込んだというのだ。

 NO MORE ヒロシマという「もう二度と核の惨劇を起こさない」という運動が今もずっと続いていたが、それが皮肉なことに、「NO MORE フクシマ」になってしまった。

 原爆も原発も同じ核エネルギーであり、その悲惨さは同じである。戦争も事故もどちらも人的災害である。

 戦争も電気も、経済優先の政策から起きている。この経済は目先の得を追うために、人々の生命を軽視するところがある。

 「核さえなければ」と自殺した牧場主は、もし津波のような自然災害だったら、なんとか復興できるが、原発事故のような人的災害だったら、復興は無理であり、自滅するしか道がないと断じたものだろう。

 原発は「トイレのないマンション」といわれるように、核ゴミを捨てるところが地球のどこにもないのだ。つまり、「核ゴミを捨てるところがどこにもない地球世界」なのだ。

 たとえ、フィンランドで地下450メートルにところに埋めたとしても、それが安全になるまで10万年もかかるというなら、やはり、核ゴミは捨てられないということである。

 一体どうして核ゴミは捨てられないのだろうか?

 当初、核ゴミはなんどもリサイクルできて、夢のエネルギーだと言われていた。しかし、それはまやかしであり、リサイクルはなんとかできても一回であり、それでも最終核ゴミは濃縮されて危険ゴミは大きくなる。

  それは核ゴミが安全になるまで数十万年かかるという単位はもはやそれはゴミではなく、人類自滅兵器といえる。人類が地球に生まれる以前の数十万年の単位だからだ。

 人類にとって、もっとも価値あることは人類の命である。この命を支えているのは個々人の100年くらいの寿命であり、その命を支えている食料、特に基本となる穀物の寿命は1年である。

 寿命というと、個々の命の年数であるが、それが種のなると、生まれ変わりの年数になる。穀物は毎年種を蒔き、収穫できるので、1年ごとの生まれ変わりであるといえる。人間だって、人類種という動物では、100年ごとの生まれ変わりがあるといえる。

 個人の命は1回生で、死んだらすべて終わり消えていくが、人類という種は無限生で、なんども生まれ変わり生存し続ける。しかし、生物の種によっては絶滅種が毎年あるように、生き残れない能力をもっているものもある。

 その絶滅は子孫を増やすことができなかったために起こる。子孫を増やすことが愛することであり、また生まれ変わるということである。

 これは命をつなぐゴミにもいえるもので、どんな食物でもゴミになるように、人間だって、死んだらゴミになる。腐敗して骨となるのは他の動物とそう差はないはずだ。ゴミというのはいわば生まれ変わりのサイクルを表している。

 核ゴミのサイクルが数十万年であるならば、それは生まれ変われない絶滅エネルギーになる。蛾が光を求めて、炎の中にとびこむようなものである。人類が夢の電気エネルギーを求めて、自滅する姿が原発や核戦争にある。

 そこで原発ゴミのような自殺エネルギーに対して、ゴミを生まれ変わりとしての再生エネルギーにする技術がある。

 2012年4月12日の夢の扉に紹介された。京都市の山田一男さんの「都市油田発掘プロジェクト」だ。

 

 その内容の要約は「農と鳥のありんくりん」プログ
 また、
「紙ごみからエタノールを抽出 バイオ燃料化に成功」の京都新聞の記事がある。

 バイオ燃料技術において、トウモロコシやサトウキビで生産しようとすると、穀物の高騰を引き起こすので、毒のあるジャトロファの実を原料にして成果をあげている。

 アフリカのJAIKAで、ジャトロファの実を買い取り、それでエタノールを抽出し、発電し、ランタンを充電する。そのランタンを電気のないブラクに届けているという放送もみたことがある。

 つまり、電気エネルギーは再生可能なエネルギーいわば、生まれ変わることができるゴミで永続使用ができる。しかし、生まれ変われない核ゴミは一度しか使えない自殺エネルギーである。

 NO MORE ヒロシマやNO MORE フクシマのような二度とあってはならないようなことは一回生であり、それはエゴのような悪魔遺伝子のようなものである。

 我々を破壊するのはエゴであり、再生永続させるのは愛(協力)である。

 もし、そのゴミの周期が人間の寿命以上あるならばそれはゴミではなく自滅危険物質だとして、けして二度と生産してはいけないものである。

 NO MORE ヒロシマ
 NO MORE フクシマ
 NO MORE カクゴミ

 MORE サイセイ and MORE アイ