Archive for 4月 2nd, 2014

必要は自分の健康と社会の健全化の源

水曜日, 4月 2nd, 2014

大雪でビニールハウスが壊れて、元も畑にもどしてみると、その方が美しく、手間もかからず、作物も多く育つように思えた。

原発だってそうだろう。原発を作らなければ、事故は起こらず、放射性廃棄物の管理も捨て場所を探すことも、その危険性もなかった。福島の先祖代々の土地を捨てることもなかった。金も命も大地もみな捨てるような人類の自殺行為にすぎない。

煙草だって、もし最初から煙草を吸うことをしなければ、煙草をやめたくれもやめられない苦しみにあうこともない。金と心配と健康を捨てるようなわざわざ病気になるようなものだ。

金儲けだって、食べ物だって、自分が必要なだけ得て、それ以上は持たないようにすれば、無理して働くことも、それでよけいな心配も、苦しみも、病気にもならなかっただろう。

自分しかできないことをするのが、自分らしく過ごすことであり、一番気楽であり、人に役立つことであろう。他人にとって代わることができないのが、自分の命であり、健康である。ダイエットもまた、他人が代わってできるものではないので、自分しかできないことだ。

そもそも自分というのは肉体とその肉体を元にした心のことである。だから、自分しかできないことというのは肉体的なことであり、社会や人類のためというようなものではない。脱原発は日本や世界のためで、自分しかできないことではない。今の自分が脱原発でできるとしたら、投票以外に ダイエットではないだろうか。必要以上の食事や運動はしないことが自分の健康を保てるように、社会も、必要以上の電気も作ることもしなくなるだろう。

今までずいぶん宗教的なことを信じてきて、それに悩まされ続けた。もし、そんな宗教を信じなければ、そんな苦しみに遭うこともなかった。宗教は麻薬といわれるように、神仏という精神的存在への依存症になる。神仏なくして暮らせない生活になってしまう。

必要以上は何もしないことが、一番自然な行為であり、健全で安全な暮らしができそうである。

今の田舎に引っ越してきて、近所の8人の隣人組に入って3年たち、何かと河川清掃とか呼ばれ、私は東京に仕事が多く、また、子供の世話でなかなか行けないし、朝が早いので寝坊してしまったり、その期日をすぐに忘れてしまうことで、参加ができず、迷惑をかけてしまうことで悩みが多くなっていた。もっとも困ることは組長順番性で強制的にされるので、参加もできない自分にとっては悩みの種だった。

そもそも、河川清掃する河川は私の家のそばにはないし、葬式の手伝いといっても、知らない老人のためにする。自分には全く無縁なことである。唯一毎月に組長から配られる市の広報誌や回覧板はなにも組長がしなくても、市が郵送すればすむことだし、それに、ネットでいつでもその内容は知ることはできる。必要のない瓦版や広報誌の配布は組長の手間を増やすだけのことである。

年に一回新年会があるが、それが唯一近所のつきあいの楽しみではあるが、それだって、なにも組に入らなくても、個人的に好きな隣人とつきあえばもっと楽しいし、儀礼的なつきないでなく、友好的なつきあいができる。結局、その新年会でつまらぬけんかになり、私は退会できるようになった。

必要以上のつきあいをしないことも、悩まされることもない自分で、社会の健全化であろう。

必要は発明の母というが、必要は自分の健康と社会の健全化の源ともいえるだろう。