Archive for 3月 14th, 2018

モンゴルの遊牧文明と日本の農耕文明Монголын нүүдлийн соёл иргэншил, Японы соёл иргэншлийн соёл иргэншил

水曜日, 3月 14th, 2018

モンゴルは遊牧文明だ

そのため、

日本の弥生時代から発生した農耕文明とは

次元的に違っているので、比較し、どちらが優劣という判断は当たらない。

遊牧文明は

日本の弥生時代前の15000年続いた

森を移動しながら、採集して生きる 縄文文明に似ている。

弥生の農耕文明はまだ2000年余りしか立っていない。

今、世界の主流をしているのは

広大なアメリカの牧畜文化(定住しながら牧畜をする)だろう。

この牧畜文化は日本の農耕文化、モンゴルの遊牧文化そのものに大きく浸食して、

その本来の文明のよさを壊している感がある。

これら文明の「恨み度」と「お節介度」の強弱でその違いを見てみる。

日本とモンゴルの共通点は

過去の歴史において虐げられた恨みをもたないことだ。

日本はアメリカの原爆投下を恨まない

モンゴルは日本のノモンハン事件虐殺を恨まない。

中国・南北朝鮮は日本の残虐行為を恨む

アメリカとロシアは

とにかく世界のリーダーになろうとお節介であり、

「眼には眼、歯には歯」と復讐の鬼となるが、

正義感が強く、論理的倫理的である。

 

これら4種の文明はその優劣を競い合えば、互いに破壊し、共倒れになる。

だが、4種の文明を尊重、認めれば、互いに協力、平和になれる。

「みんな違って みんな善い」は

人だけでなく、古今東西の文明文化にも言えることだ。