Archive for 5月 4th, 2018

事実と欲望は違う

金曜日, 5月 4th, 2018

欲望は幻想を生み、幻想は欲望を生む。

事実は事実しか生まず、事実しか事実は生まれない。

事実とは自然であり、

欲望とは人間である。

科学は事実の積み重ねだというが、

人間が欲望をもって、そのデータを改ざんして、

科学は欲望に、欲望は宗教を生み出す。

ー^-^-^-^

日本における死因のトップはガンである。

事実に基づいて、実験と検証をしながら、医学は進んでいるとしても、

ここ半世紀、ガン患者は増え続け、人口が減っているのにも関わらず、死亡数は増えている。

このデータからすれば、ガンの科学的治療法は事実と異なる結果を招いており、

今まで積み上げてきた科学的治療法は間違っていると判断していいのではないか?

これらのデータは 病院で治療した患者の経緯であるが、

ガンと宣告され、病院に行かなくて、ガンが自然治癒したデータはいっさいない。

事実、ガンが奇跡的に自然治癒した例があるにもかかわらず、その事実がまったく科学的検証され、それが国に報告もされない。それは医学が事実を認めず、事実を元にして、実験、検証、考察していないということではないか。

事実と欲望は違う!

「ガンになった」・・事実

「病院に行けばガンが治る」・・欲望

「ガン宣告を 何も治療しなければ 余命数か月と告知される」・・欲望

「抗がん剤、放射線、手術などの治療を受ける」・・事実

「ガンは消えたが、再発転移」・・事実

「余命1か月と告げられる」・・欲望

「そして1か月後死亡」・・事実

ー^-^-^^

事実は事実しか生まない

事実だけを列記すれば、

「ガンになった」・・「抗がん剤、放射線、手術などの治療を受ける」

・・「ガンは消えたが、再発転移」・・「そして1か月後死亡」

私の母もこの経緯をたどり、ガンと宣告されてから6か月で亡くなったのも事実である。

母がガンになる数年前に母の姉がガンになった。

老齢なので、一切の病院治療をしなかった。

母の姉は母よりも数年長く生き、ガン宣告を受けてから10年後亡くなった。

これも事実である。

ー^-^-^

事実と真実の違いは

事実の総合が真実であり、

真実の一部抜粋が事実である。

真実の一部の事実だけをどんなに演繹(論理展開)しても、それは一部の事実だけしかならなく、

全部の人間に適応されない。それは一部の事実であっても、全体の真実ではない。

事実がより真実に近くなるには

より多くの事実、特に、反対の事実を、また無関係と思われる事実さえも、集めることである。

ガンと告知され、病院にいかず、自然治癒した人や、亡くなった人の経緯の事実データも多く集めることが

より多くの事実データを集めるという、真実を求める科学者・医学者の良心であろう。

また、

科学者は事実の積み重ねであるのだから、

「ガンの告知」という事実を告げても、

「余命何か月」という希望・諦めという欲望を告げてはならない。

もし、患者から相談受けたら、いろいろな事例、治った事例さえも、紹介する方が 事実に基づいた処置というものであろう。

医者の見解にはいろいろあるからで、自分の見解を患者に洗脳したら、マイナス効果しかあるまい。

 

野沢菜の中でサクランボが成った

金曜日, 5月 4th, 2018

野沢菜がサクランボの木より大きく育ってもサクランボはたくさん実った

 

世の中も、自然も、

まさか!!!ということが たまに起こる。

世の中と自然から観れば あたりまえかもしれないが、

物事を「こうだ!」「こうしなければならない!」と、決めつけたり、信じ込んだりしていると、

偶然、たまに、自分が信じ込んだ内容とはまったく逆の現実が生じたときに、

「まさか?!?!?!」

と、絶句する。

最近の世界は、このまさかの現象がたくさん起きている。

それは、世の中や自然が、

「地球人よ、何を思い込んでいるのだ! そう物事を決めつけないで世界を眺めてみたらどうだ?」

この世界は知らないことで満ちている。

人類は人の視点でしか、世界を自然を見ることができない、井の中の蛙である。

それは

自分の考え方にもいえるだろう、

「なぜ 世界を 自然を 自分の狭い考え方で 押し込めようとするのか?

君の中に世界も、自然も 到底入りきるものではない。君が世界と自然の中に入っているのだから」

そう思えば、

もっともっと、自由に物事を考え、なんの制約もなく、思い描いていい。

そして、

世の中のまさか、自然のまさか をそのまま受け入れて、そうした事実と真実を受け止めればそれでいい。

そこに、

それを信じるとか こうでなければならないという強制も、必要がない。

まさかの、世の中と自然に、その心もその身もゆだねて、生活し、考えていけばいい。

昨日も今日も明日も 同じなんてことは 単なる思い込みにすぎない。

まさか、まさかの知らないことが日々起きてくるのが 世の中・自然の姿なのだろうから。