Archive for 8月 31st, 2010

円高分、日銀が国債を買えばいい

火曜日, 8月 31st, 2010

 最近のニュース・・「円高対策で政府・日銀が協調演出、「次の一手」で日銀に圧力・・があった。この「次の一手」というのが、日銀が国債を買うということだ。

 これは実にうまい手だと思った。

 そもそも円高になるのは、アメリカの赤字経済の救援策で、円高になれば、日本からの赤字が減るからだ。といっても、日本の輸出産業がつぶれてしまったら、日本だって悲惨だ。

 この円高をおさえる方法で、円高で為替の損失分だけ、日銀が買い増しすれば、円の発行高が増えることになるので、円安になることは確かだ。日銀が国債を買うということは、国債が日銀に移ることになり、無期限、無利息の借金を国が日銀にしたことになる。

 そうなると、将来の莫大な借金による国の破綻はいくらかさけられることになる。

一時的な円高による輸出企業の損失を補償するような保険会社があってもいいようなもんだが、こうした日銀の方針がはっきりすれば、円高保険が銀行にできる可能性がある。

 また、アメリカ国債をドルたてから、円だてに変更する政策をとれば、かなり円高はおさえられる。アメリカは借金を減らすためにドル安にするのだから、借金そのものを円だてにすれば、いくらドルを安くして、円が上がれば、借金も上がるので、日本は損失がなくなる。

 もっとも、日本が円高をおさえる政策をとれば、アメリカは赤字を減らすことができないので、さらにドルを発行するか、新ドルを発行するしかなくなる。それが世界経済にとっていいことになるかどうかはわからない。

 でも、少なくとも、アメリカの軍事予算は削減せざるをえなくなるように思えるのだが、どうなのだろう。