Archive for 10月 3rd, 2014

地域通貨が世界のベイシック・インカムを実現する

金曜日, 10月 3rd, 2014

山梨コインの発展版の再提案

地域通貨は国の許可を受けずとも ビットコインのように誰でも製造できるので

1.山梨県と山梨中央銀行が共同で 山梨コイン事業を立ち上げる

2.1円=1YC(山梨コインの略)として 山梨総生産額(YGDP)分 発行する

3.山梨コインは電子マネーとして 山梨中央銀行の口座に発行入金される

4.山梨コインは日本円のみならず各国通貨とも独自に直接交換売買することができる

5.交換売買取引の際 売っても買っても 1%の交換手数料がかかる

6.為替レートは当初は国際為替レートで交換以降は

毎月山梨県の平均物価と交換する諸国の平均物価との対比で行われる

7.他県や海外からの山梨コインの需要が増えた場合 必要な山梨コインを新規発行できる

需要と供給の投資ゲームの極端な変動に左右されずに 互いの物価変動に合わせた交換ができる

8.山梨コインは山梨県の条令により 山梨県内のすべての事業所で使用でき

また ビットコインと同じく 日本や世界のどこでも その店や事業所が認めれば 山梨コインで売買できる

9.山梨コインは電子マネーであるので 山梨中央銀行の預金のキャッシュカードやインターネットバンキングで

山梨中央銀行ウエブを通じて 取引できる

10.山梨コインの預金者は 一個人一法人一つしか口座を開設できなく

また 10万YC(山梨コイン)を購入することで 開設できる

11.クリスマスの12月25日締め切りで 年間の山梨交換手数料総額から運営費を差し引いた利潤を

山梨コイン個人法人預金者全員に 平等に分配配当される

持ち株数に合わせた配当とは違い 個人も法人も外国人も その預金額に関係なく 平等に分配配当され

翌年の正月に振り込まれる

これは

山梨コインの預金に対する利息としての機能を持っているので

ベイシック・インカム預金利息ともいえるものである

それはすべて山梨コインの売買手数料から生まれるので

山梨コインを使っても 使わなくても増えることは通常の預金利息とかわりがないが

取引総額による変動ベイシック預金利息ともいえる

PS

以前の山梨コイン提案では 貯蓄税として 預金口座からマイナスの利息が0.1%引かれたが

それを止め すべて金融取引税によるベイシック・インカムにすることで 安定的で かつ増える預金になり

誰でも参加できるように改良した

今までの預金利息は預金総額で増えたため 金持ちほど金持ちになったが

この山梨コイン預金利息は 預金者全員のベイシック・インカムをすることで金持ちも貧乏人も

その利息金が平等に増えることになる。

山梨コインは世界中のどなたでも インターネットバンキングで 加入できるので

国別 地域別に関係なく ベイシック・インカムの恩恵を得ることができる。