Archive for 10月 31st, 2014

経済も国と地球の二つの顔があってよい

金曜日, 10月 31st, 2014

国際経済は毎日のドルの価値の上げ下げで右往左往している

世界は実質的にアメリカドルの基軸通貨で動いているからだ。

国が国民を支配してはいるが 国はドルに支配されている

アメリカさえも 一握りのドル金持ちに支配されえいる。

 

世界に戦争や内乱があっても 国連も治めることができないのだから

世界はいわば無法地帯である。

国際法があっても それで治める権限はない。

 

多くの争いや不幸は国や民族宗教の違いから起きているが

その争いを治めることができる意識は同じ地球人であるという人類愛である。

こうした人類愛の機能を国よりも強い経済力で治めることが必要であろう。

 

基軸通貨ドルに変わる人類愛に基づいた国債通貨が今後の世界の争いや不幸を解決する糸口になるだろう。

人はそれぞれの国の顔を持つと同時に みな同じ地球の人類としての顔を持つように

それぞれの国の貨幣価値が毎日上がり下がりするような状態はまさに戦争状態であり けして平和な世界ではない

それぞれの国民がその国の貨幣が混乱したら 人類としても貨幣で暮らしを支えることができるようになればよい。

 

人は左右の両目両耳両手両足があって バランスをとっているように

経済も国の貨幣と人類貨幣の左右あってこそ バランスよく平和を保ちやすくできる。

国は動物の世界の縄張りである。人の個性の多様性があってこそ 人は等しく楽しく生きられるように

縄張りもいわば地域の顔としての特性として尊重してこそ 世界も楽しくなるが

一方行きすぎた愛国心は世界全体を残虐戦争においやることにもなる。

国を超えた愛人類意識も必要である。それは矛盾するようだが どちらが価値が高いというより バランスの問題である。

 

世界経済のバランスをとるにはドルが崩壊しても 別な基軸通貨としての国際通貨を選ぶことができるようにしておけばよい。

新山梨コインのような世界ベイシック・インカムが実現できる貨幣システムをどの国民も選べるようにすれば

ドルの価値の右往左往する必要もないし 自分の命を守る保険として 選べる国際通貨をいくつか造れば安心である。

 

国に政党があるように 世界にいくつかの国際通貨があってこそバランスがとれる。

今はドルの独裁政権のような世界だからだ。